5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【松田道雄】一番優れた育児書は?【Mr.スポック】

1 :名無しの心子知らず:03/03/23 08:29 ID:HCoXef5m
1歳児の母親です。このあと長く信頼感を持ってつきあえる、
育児書をほしいのです。トレンディなものではなく、未来永劫
普遍的なのを。
聞いたはなしでは、松田道雄博士の育児百科か、外国のMrスポック
という人のがいいとの事ですが、何せ高そうですのでみなさんの
意見を聞いて、決めたいのですが。。

2 :名無しの心子知らず:03/03/23 08:41 ID:ewgl5kO5
2!!

3 :名無しの心子知らず:03/03/23 09:22 ID:V4SJResK
>>1はビンボー人ですか?
育児書も買えないんですか?



4 :名無しの心子知らず:03/03/23 09:32 ID:uUlrZ9QC
子供は育児書どうりには育たない。

5 :名無しの心子知らず:03/03/23 09:33 ID:V4SJResK
>>4はヴァカですか?

×育児書どうり
○育児書どおり


6 :名無しの心子知らず:03/03/23 09:50 ID:P4U0jlOh
Mr.スポックは、スタートレックの耳とがったヤツじゃねーか?
育児書書いたのもまあMr.スポックじゃああるんだろうけど、
書名が「スポック博士の育児書」なんだから、称号つけるなら
Dr.スポックかと。

7 :名無しの心子知らず:03/03/23 10:08 ID:VTZxwrE5
素直に松田道雄さんのを推薦する。
読んだらわかる。安心するよ。
日本の風土にあった子育てができる。
古いこといっぱい知ってる物知りの年寄りの頭の中
好きなときに、知りたいとこだけ勝手に覗ける。
姑や実母は、いらんこと言ったりウソ覚えこんでたりするけど
この本は間違いはない。古い本だけど改訂を幾度も重ねてる。
「育て方」じゃなくて、「育ち方」を書いてくれてるよ。



8 :名無しの心子知らず:03/03/23 10:14 ID:KVMVxOJD
私は、松田道雄先生の「育児の百科」(岩波書店)が大好きです。
はじめての子育てのあたって、これほど励まされた育児書は他に
ない!
2、3年前、松田先生がとうとう亡くなったというニュースを聞
いたときは、ぽろぽろ泣きました。
筋を通す昔気質のじいちゃん先生、だけど、だれよりに子どもの
すこやかな成長と、母親が心安らかでいられる育児(ここがポイ
ント)を願っている先生だった。
内容的に、少し古さを感じさせるところもあるけれど、未来永劫、
育児書の名著として残ると思う。

9 :名無しの心子知らず:03/03/23 10:25 ID:C26SP+a0
実家にあったスポック博士の育児書、今読んでるよ。
娯楽として読むなら、楽しいです。
が、育児書としてはオススメしません。
私が読んでるのは、25年くらい前のモノだからかな?
「めくら、つんぼの子供は…」なんて書いてあって、なかなか笑えます。

10 :1:03/03/23 11:37 ID:mzCe+vpv
>6
腸捻転になるほど大爆笑させて頂きました。
 確かにMr.スポックではバルタン星人ですよね。

>8
 いい話ですね。私もすぐにこの本購入します。
 松田博士の私は二歳という著作は映画化されている
 らしいので、ビデオ探していますがなかなか見つかりません。

11 :名無しの心子知らず:03/03/23 11:40 ID:CNWBM0Xr
>>10
更にワロタ

バルタン星人だとウルトリャマンだよ。
バルカンだよ。

12 :名無しの心子知らず:03/03/23 12:15 ID:zHl6MJMh
松田道雄さんの「育児の百科」は名作だと思います。
この本には子供と付かず離れず、でもポイントはしっかり押さえてという哲学が
あります。
この本読んでから育児雑誌系の育児本読むと、現代の育児の過保護さを痛感します。
不要なものを不要とハッキリ言い切る数少ない育児本だと思います。
松田道雄さんが亡くなられたのは、たぶん98年の春だはないでしょうか。
次男の授乳時にそのニュースで訃報が流れたのを覚えています。
絶版のようですが、「母と子への手紙―乳幼児から思春期までの健康相談」も
良かったです。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4000018779/qid=1044512206/sr=1-7/ref=sr_1_2_7/249-7117498-8902759

13 :名無しの心子知らず:03/03/23 13:26 ID:Xs/loPVw
松田道雄の育児の百科、いいですよ。
「○ヶ月頃に××する子もいる、しない子もいる」的な書き方で。
親への注意も簡潔でいいです。
「火傷に気をつける」「ベランダからの転落が起こりやすい時期」
とかね。

14 :名無しの心子知らず:03/03/23 14:51 ID:FULVhl+L
松田道雄さんの育児の百科を買いました。
93年のを買ったんですが、あとで99年のがあると知りました(>△<)
93年と99年の違いってなんでしょうか?
変わらないのなら93年のを使い続けていきたいのですがやっぱり99年の方が新しいし安心するかなって…
誰か教えてくださいm(__)m

15 :名無しの心子知らず:03/03/23 14:55 ID:QcCIoRWg
毛利子来さんの『ひとりひとりのお産と育児の本』がわりと好き。
あんまり沢山育児書読んでないから他のと比較はできないけど。


16 :名無しの心子知らず:03/03/23 15:14 ID:NXWQCHxL
>>14
松田道雄先生は98年に亡くなりました。
医学の進歩でかわりやすい部分(新薬の名、病気の死亡率)だけを
外して、99年に『定本』としたそうです。

色々な育児本を買って読んだけど、これ一冊で十分という気がします。
あとは、育児本というか、佐々木正美先生の「子どもへのまなざし」が
オススメかな。。。
私自身、子どもをコントロールしようとする育児本は好きではありません。


17 :名無しの心子知らず:03/03/23 15:21 ID:hfbkurjg
>>16
返事ありがとうございますm(__)m
新薬とかそういうの抜かしたらあとは全部一緒なんですか?
はじめての育児なもので心配だらけです…

18 :名無しの心子知らず:03/03/23 15:59 ID:u91TNJhE
育児の百科、乳児体操のイラストがカワイイ(・∀・)!
そうそう、こういう表情するよなあ、って感じ。
授乳中に見て癒されてます。

19 :名無しの心子知らず:03/03/23 17:04 ID:lXFfeZ1h
わたしも育児の百科買いました。
「他は忘れてもこれだけは覚えておけ」という書き方がしてあって心強いかんじ。

>18
マサージされてるアカタンが、「おっおっ・・」とか言っててカワイイ!よねー。


20 :名無しの心子知らず:03/03/23 17:11 ID:O0qvqNsV
>>18
乳児体操してたよ〜ベビタン大喜びだった。

>>1
でも、大切な事はどんなに良い本でも、あえて他の情報も検証し
参考にするってことだと思うな。0歳児にカルピス薄めてあげても
よいとか( ゚д゚)ハァ?甘いだろ?なんて記載もあるし・・・。
細かい事はともかく、子供との関係、理念等とても良い本です。

義父と姉から、良い育児書だから、とほぼ同時にもらってしまって
ちょとワロタよ。>松田道雄先生の「育児の百科」

21 :名無しの心子知らず:03/03/23 17:16 ID:wihj7SJ4
松田道雄さんに一票!!
「わたしは赤ちゃん」も名著だよ。
たぶん絶版だと思うから、読みたい人は図書館で。
なにぶん古い本(S39年頃)だから、今となっては間違いとされている
ようなことも書いてあるけど、その辺は割引いて読んでね。

22 :名無しの心子知らず:03/03/23 17:28 ID:AH4hC8Fb
こういうスレは叩かれないんだね。
親切スレでいい気がするけど。

23 :名無しの心子知らず:03/03/23 17:31 ID:kWkpuJNi
産院で 松田道雄さんの育児の百科をもらいますた。
いろいろ買ったけど結局よく読んでるのはこれ。どこに何が書いてあるか、今何を読まなきゃいけないのか とてもわかりやすいです。

24 :名無しの心子知らず:03/03/23 17:45 ID:ht+LB1hk
>>21は古典文学の紹介でもしようというつもりかよ。

昭和39年っていったら、私が産まれる10年以上昔の話じゃないか。
何が役に立つんだかまったく理解できない。


25 :名無しの心子知らず:03/03/23 17:50 ID:LWIIqN/7
>24
普遍的によいものはよい、時代でかわるもんじゃないのよ。
 そんかに荒らしたいのかよ!

26 :名無しの心子知らず:03/03/23 17:58 ID:mDcoOvCb
毛利子来は賛同できない部分がある。決めつけが???な感じというか。
松田道雄はニュートラルだし、
そんなに心配しなくていいんだよ、という姿勢が
初めての育児にはたいへんありがたかった。

27 :名無しの心子知らず:03/03/23 18:04 ID:8g4vIuSm
松田道雄は「育児=母親の役割」と決めつけている時点で時代遅れ。

それをプレゼントするようなトメも、当然時代遅れ。


28 :名無しの心子知らず:03/03/23 18:23 ID:QTUqRq5D
私も、松田道雄さんの「育児の百科」です。
なぜか職場の課長から大推薦を受けたので、買ってみました。
新米ママを不安にさせない育児書なので、とてもイイと思います。
読みやすいし、頑固じいさんチックな文章も面白いので、
旦那と2人で読んで、楽しんでます。

29 :名無しの心子知らず:03/03/23 20:16 ID:YKDJHKpz
佐々木正美「子どもへのまなざし」
これ、お勧めですよ。
昔の地域密着型の育児を薦めることには、
反感をかう人もいるでしょうけど、
育児に迷った時、一度読んでみたら楽になるかも。

あとは、「シアーズ博士のベビーブック」と、
奥さんが書いた「ママになるための24ヵ条」だったかな?
この二つもなかなか面白かったです。
ベビーブックは表現が面白いですね(お母さんは赤ちゃんの専属栄養士など)。



30 :名無しの心子知らず:03/03/23 20:21 ID:qKSdrJyq
>>27
普遍的な部分のほうが大きいと思うよ、決して時代遅れじゃない。
子供の立場に立って、とか...
一生泣き続けるわけではないんだから、とか...
いい言葉が多いよ。


31 :名無しの心子知らず:03/03/23 20:32 ID:VSgwSfSy
すごいねー、マツダミチオ大人気。
私は読んだことも見たこともないが。

>29がやっとシアーズ博士出してるけど
アチラものなのに日本的だよね<ベビーブック
子供へのまなざしはアマゾンで買って、サラっと読んで返品(w
個人個人ピッタリくる育児書って様々だから
これが良くてこれは悪い、なんて決め付けないほうがいいよね。


32 :名無しの心子知らず:03/03/23 20:35 ID:gzDr97XC
最新の音楽情報満載。音楽ファン必見のサイト
アンケートに答えると、もれなく音楽ギフト券!!
http://camellia16.fc2web.com/ongakudb.html

33 :名無しの心子知らず:03/03/23 20:48 ID:YOOKG1P5
悩める乳児時代、育児書もいろいろ読みあさったけど、
松田道雄先生も毛利たぬき先生も悩める新米ママをさらに追い詰めただけだった。

そんな当時の私が一番救われた本は「ダメなママでもいいじゃない」。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4059010502/ref%3Dlm%5Flb%5F12/249-6371854-6130725

リアル母たちが書いた育児書(だと思う)。
(今は文庫になってるんだね、知らなかった。)
乳児子育て当時この本を読んで何度も泣いた。
&今も時々読み返すけど、今は、心に余裕が出来たせいか、読むたびに爆笑できる。

お疲れ気味の乳児ママ&笑ってみたい幼児ママに、ぜひお薦めです。


34 :名無しの心子知らず:03/03/23 21:13 ID:ncgQSAaZ
>>1

育児の百科、近所の古本屋で500円で買ったよ。
スポック博士も800円でずっと放置されてる。
毛利子来の「赤ちゃんがいる暮らし」も、
ブクオフで常に100円で5冊くらいあるし。値段で迷ってるなら、
古本屋で全部買ったら?


35 :名無しの心子知らず:03/03/23 21:32 ID:b8DhTmz/
友達が絶賛してたので、育児の百科は図書館で借りて読みました。
でもやっぱりチョト古臭いなと思ったので、ベビーブックの方を買った。
しかしこれもアメリカと日本の育児事情の違いが気になって…。
結局困った時は、育児書より2ちゃん見てるかも(w

36 :名無しの心子知らず:03/03/23 21:34 ID:P4U0jlOh
古本で充分だけど、スポック博士は版が色々あるよん。
普通に読むのなら最新版(「原著改訂第六版」でいいかなぁ)を。
9のような好事家は昔のを読みなされ。

37 :21:03/03/24 00:02 ID:oIOSOzUu
>>24
あ、ごめんね。説明不足だったかも。
「赤ちゃんの育て方」じゃなくて、「赤ちゃんの育ち方」が
主に書いてある本なのね。
だから、参考になる部分はあると思うよ。

「シアーズ博士のベビーブック」は、新しいだけあって、
目新しい感じの、医学的な情報が載っている点は面白かった。
母乳の中には赤ちゃんに入眠を促すホルモンがはいっている、とか、
赤ちゃんに母乳を与えている時には、母親の体内に、リラックスする
(母親自身が)ホルモンが分泌されるとか。
ただ、保育園ママに不安を与えそうな記述もあるので、
私としては、もろ手を挙げて推薦!って感じではないな。

38 :名無しの心子知らず:03/03/24 15:23 ID:OnvZD3ps
松田道雄『育児の百科』1992年6刷36ページから引用
父親になった人に(長いんで前文略)
子どもによって骨の折れる育児と、骨の折れない育児とがある。
骨の折れない育児をやっているよその奥さんを例にひいて、
骨の折れる育児をやっている母親をとがめてははいけない。
骨の折れる育児には君も力を貸さねばならぬ。
子どもがあらわれなかったころの亭主関白はつづけられない。
骨の折れる子どもを育てるときの禁句は『君の育児は下手。』
タバコを吸う父親は出産を記念に禁煙してほしい。引用終わり

この部分だけでも夫に読ませる価値はあり!趣旨とずれてる様なんでsage。


39 :名無しの心子知らず:03/03/24 16:38 ID:1Fb4/OrQ
>>39さんに続いて
全般に「君がお母さんなんだから、古い知識や自分の経験で
くちばしつっこみたがるありがた迷惑な親戚・年寄り・ご近所は
蹴散らして、旦那と2人でガンバレ!」というスタンスが好き。

シアーズ博士のは、こどもとこどもに専念する母親を神聖視
しすぎているように感じて、私にはついていけなかった。
「子どものためにここまで気を使う私!!」っていうのが
好きな人にはいいんじゃないかなぁ。

40 :名無しの心子知らず:03/03/24 16:51 ID:v58qzTrP
松田道雄先生の「育児の百科」は、ありきたりの育児ハウツー本
じゃないよね。
育児の哲学書という趣きがあると思いまつ。
 
全章すべての最後に「集団保育」についてのコーナーがあるのは、
働く母として、非常に心強いです。松田先生の本は、働く母をすごく
暖かく励ましてくれる。

41 ::03/03/24 17:00 ID:9KrnulIV

手元のスポック博士の育児書から、勝手に抜粋。


>ミルクを作るのは何も特別難しいことではありません。(フムフム
>牛乳と水と砂糖を混ぜるだけのことです。 (ええっ!!Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)
>水と砂糖を混ぜるのは、成分を母乳に近くするためです。 (ナ・・なるほどね
>使う牛乳は無糖練乳、牛乳、粉乳のうちどれでもかまいません。(そうだったのか。
>それぞれに良いところがあります。(ふーん(゚∀゚ )


これ、昭和49年発行だからそんな昔じゃないんだけどね。
とにかくおもしろいです。


42 :名無しの心子知らず:03/03/24 17:12 ID:uwZoVexb
>>41
>これ、昭和49年発行だからそんな昔じゃないんだけどね。

リッパに大昔でつ。すんげーワラタ。読んでみたい。

43 :名無しの心子知らず:03/03/24 17:24 ID:C3ATvXNT
私はシアーズ博士のベビーブックが好き。
これ良いよ!と言うより、これ好き!という感じ。
私が不安に思った事に、何故かジャストフィットする答えが
いつも載っていたから。(母乳に関して、添い寝に関して、抱っこ紐に関して)
なので、参考にするというより「こういう、うちみたいなケースもあって良いのね」と
自分を安心させてくれる本だった。
しかし、スポック博士のが面白そうだなぁ…実家にあったから今度読んでみよう。

44 :名無しの心子知らず:03/03/24 17:30 ID:/tpqECpi
立ち読みの斜め読みだったのだけど、
児童食の本で、粉ミルクや牛乳は悪で、
どうしても母乳が出ない人は、
玄米粉を溶いた重湯を飲ませましょうという本があった。
真に受けたひとがいたら・・・と背筋が寒くなった。

初版がごく最近だったのもこわかった。

45 :名無しの心子知らず:03/03/24 17:35 ID:sXSWhVC2
松田道雄は今、脳梗塞で寝たきりなんでしょ?

46 :名無しの心子知らず:03/03/24 17:42 ID:3dvWNdgt
だから、亡くなったんだってば。

47 :名無しの心子知らず:03/03/24 17:56 ID:dnIuY68f
松田道雄先生は1998年6月1日に急性心筋梗塞により自宅で亡くなられました。
5月に腰を痛めて以来別途に横たわっている時間が長くなられましたが、
それでも、毎週届く海外の医学雑誌に目を通し、最新の医学情報を収集しておられたそうです。
「最後まで医学書に目を通し、非常に安らかな顔でした」と次女が語っておられます。
遺稿の中で先生はこんな詩を書かれています。
「ソファにころがって
 もう一時間ぼんやりしている。
 だるいけどええ気持ちや。
 八十七年ようきばったしなぁ
 (中略)
 ちょっとは ええことしたしなあ
 いま無為を悔いない
 生きてるだけ ありがたいしなあ」

1998年6月3日朝日新聞より

48 :名無しの心子知らず:03/03/24 20:09 ID:m89XJNgg
>>38
引用してくれてありがとう。
読んだことあったけど忘れてた。今読んで泣けた。

うちのだんなさんはイイ人なんだけどね。
わたしはイイ母親とは言えないから。

49 :名無しの心子知らず:03/03/24 20:23 ID:PlQ8hv4j
佐々木正美の「子どもへのまなざし」福音館
これいいですよ。
でも、子どもより自分が一番大事っていう人にはきつい内容かもね。


50 :小さな器:03/03/24 20:24 ID:885UuLHR
<血液型A型の一般的な特徴>(見せかけのもっともらしさ(偽善)に騙されるな!!)
●とにかく神経質で気が小さい、了見が狭い(臆病、二言目には「世間」(「世間」と言っても、一部のA型を中心とした一部の人間の動向に過ぎない))
●他人に異常に干渉して自分たちの古いシキタリを押し付け、それから少しでも外れる奴に対しては好戦的でファイト満々な態度をとり、かなりキモイ(自己中心、硬直的でデリカシーがない)
●妙に気位が高く、自分が馬鹿にされるとカッと怒るくせに平気で他人を馬鹿にしようとする(ただし、相手を表面的・形式的にしか判断できず(早合点・誤解の名人)、実際にはたいてい、内面的・実質的に負けていることが多い)
●権力・強者には平身低頭だが、弱者に対しては八つ当たり等していじめる(強い者にはへつらい、弱い者に対してはいじめる(特に人が見ていない場合))
●あら探しだけは名人級でウザく、とにかく否定的(例え10の長所があっても褒めることをせず、たった1つの短所を見つけては貶す)
●基本的に悲観主義でマイナス思考に支配されているため性格が鬱陶しい(根暗)
●何でも「右へ習え」で、単独では何もできない(群れでしか行動できないヘタレ)
●少数派の異質・異文化を理解しようとせず、あるいは理解を示さず、排斥する(差別主義者、狭量、視野が狭い、多数派=正しい と信じて疑わない)
●集団によるいじめのリーダーとなり皆を先導する(陰湿かつ陰険で狡猾)
●他人の悪口・陰口を好むと同時に、自分は他人からどう見られているか、人の目を異常に気にする(自分がそうだから容易に他人を信用できない、ポーズだけで中身を伴っていない、世間体命)
●たとえ友達が多くても、いずれも浅い付き合いでしかなく、心の友達はおらず孤独(心の感度が低く、包容力がなく、冷酷だから)
●頭が硬く融通が利かないためストレスを溜め込みやすく、また短気で、地雷持ちが多い(不合理な馬鹿)
●たとえ後で自分の誤りに気づいても、素直に謝れず強引に筋を通し、こじつけの言い訳ばかりする(もう腹を切るしかない!)
●男は、女々しいあるいは女の腐ったみたいな考えのやつが多い(例:「俺のほうが男前やのに、なんでや!(あの野郎の足を引っ張ってやる!!)」)

51 :名無しの心子知らず:03/03/24 21:04 ID:rd2g59UW
>44
 玄米粉を溶いた重湯を飲ませましょうという
  →何がいけないんだ?どうして背筋がさむいんだよ?
   分かるようにモノ云ってよ。

52 :名無しの心子知らず:03/03/24 21:23 ID:m89XJNgg
>>49
同じ人が推してるわけじゃないよね?

続巻も持ってるし、良い本だとは思うけど、わたしもちょっと追いつめられた。
読んだ後、無理して荒れました。脱力。書いてあることはもっともだと思う。
男の人の書いた本だなあって感じ。母親にも向けているけど、
教育者や保育者向けと思う。子供に接する人向けの本です。

続刊の方がそういう意味では読みやすかったかな。

53 :名無しの心子知らず:03/03/24 22:11 ID:zDs+jpVl
>51
44じゃないけどさ、もし産まれて間もない赤ちゃんに母乳が出ないからといって
玄米粉をあげてもいい、とは思いませんなぁー。やっぱり異種蛋白ってイクナイと思います。
腸が未発達なうちは母乳かミルクを飲ませていたほうがいいのでは?
昔じゃともかく、、ねぇーーー。

54 :名無しの心子知らず:03/03/24 22:59 ID:nXwKsPKx
玄米粉って「コッコウ」のことかな?
豆乳の粉ミルクが手に入るまでは使っていたと母がいってました。
ええ、私34才の昔の人です。
いまだに牛乳はごろごろするのでニガテ。
ヤギの乳はOKなんだけど・・・。

55 :名無しの心子知らず:03/03/24 23:05 ID:Xx8kJhrQ
>52  私は29ですが、49と最初の文体が似てますね。でも別人ですよ。確かに男の視点で見ている感じは納得です。ただ、少し力を抜いて子育てしてごらんなさい、という感じが私は楽になりました。色々な見方があるから、一概には言えないんですけどね…

56 :名無しの心子知らず:03/03/24 23:46 ID:3vtvt2Qb
ウチの子の幼稚園に年一回佐々木正美先生が講演に来るの。もちろんタダ。
あたしは下の子の世話におわれてて聞けなかったんだけど、ウチのオットは感動してた。
『努力すればみんなが100メートル10秒で走れるわけじゃない、もって生まれた個性である。
生まれたばかりの子どもは真っ白だという人がいるが、それは嘘である』
みたいな事を言っていたという。(オット談)それ聞いて、『育てたように子は育つ(相田みつを共著)』
ってタイトルの本となんとなく結びつかない感じがしたな。>>52さんが感じたように母親向けじゃない印象だったとオットは言ってた。

57 :名無しの心子知らず:03/03/24 23:50 ID:26TUUVLF
子どもへのまなざしは、その時の気分によって
いい本だな〜と思う時と、重荷になる時がある。

何が何でも、人付き合いが大切で、母親のストレスが井戸端会議で
解消されると読んだ時は、ダメママのレッテルを貼られたみたいになった。

子供の要求をどこまでも答えてあげるって言うのも、いいようで
悪いようで。追い詰められると、子供に構い過ぎて家事も出来なくなる。

あと、こんな時、子供にこんな対応をしたら、後々、こんな風になって
しまうとか、あんな風になってしまうとか、考えてしまって、わけワカメに。

あ゛ー、いい本だと思い込んだばっかりに、追い詰められてるなぁ。

58 :名無しの心子知らず:03/03/24 23:58 ID:26TUUVLF
>>56
>100メートル10秒
それって、「輝ける子」にも同じフレーズっぽいの書いてあった

育てたように子は育つっていうのは、
親が子をコントロールしながら育てれば、自主性、主体性、創造性が育たなくなる。
親が子にありのまま生きなさいと育てれば、その通りに育つだろうと
いう意味みたいですよ。
早く走れるように育てれば、その通りに育つといった意味ではないと思います。

59 :名無しの心子知らず:03/03/25 00:34 ID:7gEhfoJr
>>58
ごめんね、タイトルと結びつかないとは、中身を読んでないからなの。
こういうこと言う人なのに、ナゼこのタイトル???って思ったの。
表紙見ただけでそのまんま受け取ってたからな・・・。私は56です。

60 :名無しの心子知らず:03/03/25 09:39 ID:HqDjIfL/
>>48
イイ母親になろうとしなくていいよ。
みんな自分なりの親になればいいんだから。
できること、できないことをみきわめて、
できることで子どもとつきあっていこうよ。

61 :名無しの心子知らず:03/03/25 17:09 ID:vJ+OVqfv
わたし、子育てに自信がない・・・
そもそも、わたしが思い描いていた子供と自分の子供が違い過ぎるの。
人見知りが激しくて、恥ずかしがり屋で、どうしようもなくて、
周りの人に、わたしの子育てが悪いからと言うような目で見られる。
だから、こういう育児書についつい頼ってしまうよ。

62 :名無しの心子知らず:03/03/25 17:23 ID:0aR9OklA
>61
あら〜、かわいいじゃないの。
人見知りが激しくて恥ずかしがり屋って。
うちは全くひとみしりしない(ように一見思える)ので
親と子の愛着がうまく形成できなかったのか?なんて考えちゃいます。
どこにでも飛んでいっちゃって、大変。
もう少し、まままま言ってほしい今日この頃だわよ。

63 :名無しの心子知らず:03/03/25 19:20 ID:Bh9qQhaJ
>>62
お子さんいくつ?

64 :名無しの心子知らず:03/03/25 19:56 ID:GrM7lp19
>>56 もしかして横浜のやぎのいる幼稚園ですか。
うちも引越し前に行ってました。佐々木先生の講演会も行きました。

>>57 そのとおり。読んでいる本人の体調によって
佐々木正美さんの本は、救いにもなるし、重荷にもなる。

育児書といえるかどうかはわかりませんが
崎尾英子さんの「こころを開く」も悩んだときによく読みます。
NHKのラジオの子育て相談で長らく回答していた児童精神科医です。

65 :名無しの心子知らず:03/03/25 20:16 ID:d4QjaySm
>>64
56です、そうです、よくわかりましたね。
時々やぎの乳が飲めるというオプション付きの幼稚園です。

66 :名無しの心子知らず:03/03/25 21:05 ID:iwUfDBxV
>>65 
63です。やっぱりそうでしたか。良い母、良い子育てについて佐々木先生のおっしゃることは分かっていても、3日と続かない。

結局、育児書を手に取る母親は、「いい子育て」「良い母」を追い求めて煮詰まっちゃうタイプが
多いと思う。
「大丈夫、それでいいんだよ。」って母親に言ってくれる本、一言が欲しいんだと思う。

67 :名無しの心子知らず:03/03/25 21:08 ID:IrGdTpE8
このスレ見てると、自分が一冊も育児書を持ってない理由が
よくわかる気がする。

68 :名無しの心子知らず:03/03/25 22:49 ID:oO9RoY+1
育児関係の本読みまくったけど、一番楽になった本は、
「子育ての大誤解」ジュディス・リッチ・ハリス、早川書房
だす。他スレでも書いたことあるけど。読む人によって、受け取り方が
全く変わってくる本だとは思う。育児書じゃないし、ちょっと高い。
図書館で借りて読みました。わたしはラクになった。

子育てを楽しもうって思っても、一人で背負いすぎると、楽しめないよね。
新聞の投書で、子供がまだ小さくて自分のまとわり寝ている夢を見て
涙が出たって話があって、こっちまで泣けた。うちの子も少し大きく
なっちゃったし。まだ側にいてくれるのに、楽しんでるとは言えない毎日で、
そのうち自立して出て行っちゃうのか。一生懸命育てて、立派になったら
出てっちゃうってほんと矛盾した作業だよね。幸せを噛みしめて暮らそう。

子供の幸せを邪魔する親にだけはなるまい、と昔わたしの親も言っていたのに。

69 :名無しの心子知らず:03/03/26 19:19 ID:YZNYupZL
このスレ読んで,佐々木正美氏の本がどんなのか、試しに一冊読んで
みたくなった。けど、今はちょっと疲れ気味だからタイミング外した方が
よさそうだ、とも思った。

「子供へのまなざし」って本は出版社が福音館なんだね。
福音館って、出版社自体が一貫した信条をもってると思うんで、
>>64さんの

>佐々木正美さんの本は、救いにもなるし、重荷にもなる。

ってのは、読む前から少しわかるような気がする。

福音館発の「絵本読み聞かせ指南」に限って言っても、
ちょっと堅苦しくて「勘弁してくれ、好きにさせてよ」って
思わなくもなかったり…。
どの出版社よりもバツグンにいい本ばかり出してるし、
それも一貫した方針に基づいて製作してこそだと思うし、
決して否定する訳じゃないんだけど。

ただ、心に余裕があるときは良いけど、疲れてるときに福音館の人たちの
話を読んだり聞いたりすると、なぜかさらに疲れてしまうのも
確かなんだよね。

70 :名無しの心子知らず:03/03/26 20:31 ID:O8MqMMAi
>>69
救いになる部分もたくさんあるのよ。
あと、最近流行ってない新しい視点もたくさんある。
古くからあって、見失われてしまったものという感じだけど。

わたしが一番落ち込んだのは、疲れやすい人は保育者には向かない。
疲れやすい人はどんな仕事にも向かないが。って所かな。ぐわー。禿胴。
子供に接する仕事って、世の中で一番高尚な仕事なのかもな。
人を育てるって、会社でも大事なことだよね。見返りじゃあないのよね。

疲れたときによいのは、
「子育てで一番大切なことは子供を生かしておくこと」だっけ?
映画の「良いおっぱい悪いおっぱい」より。好きな映画というわけじゃないけど。

71 :名無しの心子知らず:03/03/31 20:29 ID:oXo0VoOV
age

72 :名無しの心子知らず:03/04/01 12:24 ID:uabXP3pb
田中 周子さんの「型紙のない子育て」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4829202025/250-6280020-1232245

ちょっと趣旨が違うかもしれないけど、この本、良かったです。 セーター人形の考案者の
田中周子さんの本で、手作りのおもちゃやお菓子を一緒に作りながら、子どもと成長して
いくといった趣旨の本です。 生活を通して母親の実体験を基に書かれているので、とても
身近に感じられました。 私も子どもに色々作ってあげたいなと思いました。


73 :名無しの心子知らず:03/04/01 12:28 ID:vkBpiLCN
長寿と繁栄を。らいふろんぐあんどぷろすぱー。

74 :名無しの心子知らず:03/04/02 21:41 ID:IVyCFzMH
>>72

おもしろそうかも。人んちのポリシー持った子育て法を読むのって、
すごくおもしろい。
同じ様な主旨で、私はおもしろかったのは、

坂本廣子の「台所育児」。
「1歳から包丁を持たせて、子供にガンガン家事をさせて育てよう」っていう
主旨の、レシピ付き育児書。作者はNHKの「ひとりでできるもん」がスタート
した時に、ブレーンだった人らしい。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4540900838/ref%3Dpd%5Fsim%5Fdp%5F5/249-6371854-6130725
この手の本って、極端すぎて、まるごと参考にするのはなかなかむずかしいけど、
チョコチョコおいしいとことらせてもらうにはネタ満載だし、それに基本的に、
なんつーか、「人の意見にたよらず、自分の持ち味を生かして、
自分なりの子育てをしよう」っていう気持ちにさせてくれるから
好きなんだなぁ。

75 :名無しの心子知らず:03/04/02 22:13 ID:o/ciMncn
肩の力抜いてまったり育児やりましょう・・・、
って意味では、私は伊藤比呂美さんの
「よいおっぱい わるいおっぱい」が好きだったなあ〜。
育児はただでさえ神経質になるんだから、
がさつ・ぐうたら・ずぼらで行こう! っていうスタンスです。
続編に「おなかほっぺおしり」などあり。


76 :名無しの心子知らず:03/04/02 22:20 ID:luCQYPg+
うん、私も伊藤比呂美好きだったな。

あの人、わざと偽悪的に書いてるけど、実の所はけっこう真面目な
育児してたと思う。
出産もこだわってラマーズを選んでたし、仕事と母乳育児を両立させ
てたし、いろんな育児書読んでたし…。
それでも、自分と赤ちゃんをボロクソに書いて、
「がさつ、ぐうたら、ずぼら」を提唱するあたりが、共感を誘うん
だよね〜。

77 :名無しの心子知らず:03/04/02 23:06 ID:wIY7wEq/
>70 疲れやすい人は保育者にむかない、どんな仕事も・・・
今読んで激しく落ち込みました。
家事もせずに赤子と昼寝してしまう私は駄目人間、
仕事も体力が続かず、結婚を機に辞めました。

78 :名無しの心子知らず:03/04/03 12:06 ID:C8oBfWX+
>>77
いやいや、そんな風に思うことは無い。
確かにタフな人は羨ましいとは思う。
でも、そういう人はかなり努力しないと、他者の疲労を慮れないと言いますよ。
疲れやすい私たちは、子供をひっぱるのではなく、子供に寄り添う育児をいたしましょうよ。

79 :名無しの心子知らず:03/04/03 12:53 ID:vUSlb7Pb
>>53
>44じゃないけどさ、もし産まれて間もない赤ちゃんに母乳が出ないからといって
>玄米粉をあげてもいい、とは思いませんなぁー。やっぱり異種蛋白ってイクナイと思います。
>腸が未発達なうちは母乳かミルクを飲ませていたほうがいいのでは?

ミルクはりっぱな異種タンパクだよー。息子はアトピーだったのでミルク足したら悪化して
ひどい目にあった。大豆もだめだったので、豆乳も却下。
米はOKだったので玄米ミルクのお世話になりました。
それと母乳の主成分はタンパク質じゃなくて、でんぷん質。カン違いしてる人多いんだよね。



80 :名無しの心子知らず:03/04/03 15:31 ID:5Gt35aGU
>>79
53じゃないんだけど、そうなんだ・・・知り合いに食事制限してる家族がいるけど、
そこもすごかったな・・・上の子と下の子で食べるものが違って、
鍋まで別にするんだって。下の子はおっぱいだからお母さんも食事制限してた。
父親・自分&下の子・上の子と三種類の食事を作らなきゃいけないと。
TVでちらっと見たことあるけどTVは一面しか見えないね。
外で余計なもの食べないようにと根気よくしつけていてがんばってた。

知ってると思ってても実は知らない&思い違いって多いよね。勉強になりました。

81 :名無しの心子知らず:03/04/03 20:09 ID:k71zhMxY
佐々木正美さんの本は、子どもの視点に立っているところが好きです。
講演会でお話していましたけど、ご自分の子どもが夜泣きしたときは
何時間も抱っこしていたっておっしゃっていましたよ。


82 :70:03/04/05 17:17 ID:xw4SPh3D
>>77
すまない、こんなところで落ち込ませてしまって。その気持ちわかるし。

よそのお子さんも連れてお出かけした話とか、ええわーと思っても、
赤子抱えて、夫もサービス業で、よそのこまで面倒みれん!とか思う。
がんばってせめて家に来てもらっても、帰った後、ばったりとかね。
悪い友だちとほど目の届くところでとか、そんな奴、こっの神経がすり減るし。

で、イイお父さんだったのね、奥様も素敵なかたなのね、と。
ただ尊敬することにしたの。

一番すごいと思ったのは、保育者に向けて、悪い親について、
言いたいことがあっても、親の子育ての仕方についてあれこれ
指導してはいけない、言ってもできないからそういう親なのだから。
ただ、お天気の話とかして、そこにある親をみとめてやるしかない、
それが子供にとっても一番良いって。すごい要約になっちゃってるかも
しれないけど。だから、読んで落ち込むこともないんだと思う。

83 :名無しの心子知らず:03/04/05 17:26 ID:StYv5/9I
スマップの「世界でたった一つだけの花」の歌詞って、
佐々木先生のいう子育て論だよね。
相田みつをの『そのままでええがな』のような。

84 :83:03/04/05 17:31 ID:StYv5/9I
間違えた。
×「世界でたった一つだけの花」
○「世界に一つだけの花」

あと、
「かみさまからのおくりもの」ひぐち みちこ
の絵本もそんな感じ。

個性を大事にするって、簡単なようで難しいよね。
松田道雄先生も、そんな感じの子育て論だね。


85 :83:03/04/05 17:41 ID:StYv5/9I
811 :読者の声 :03/01/31 21:34 ID:GRL4XYbb
「世界に一つだけの花」...槙原敬之
花屋の店先に並んだ いろんな花を見ていた
ひとそれぞれ好みはあるけど どれもみんなきれいだね
この中で誰が一番だなんて 争う事もしないで
バケツの中誇らしげに しゃんと胸を張っている
それなのに僕ら人間は どうしてこうも比べたがる?
一人一人違うのにその中で 一番になりたがる?
そうさ 僕らは 世界に一つだけの花
一人一人違う種を持つ
その花を咲かせることだけに
一生懸命になればいい
困ったように笑いながら ずっと迷ってる人がいる
がんばって咲いた花はどれも きれいだから仕方ないね
やっと店から出てきた その人が抱えていた
色とりどりの花束と うれしそうな横顔
名前も知らなかったけれど あの日僕に笑顔をくれた
誰も気づかないような場所で 咲いてた花のように
そうさ 僕らも 世界に一つだけの花
一人一人違う種を持つ
その花を咲かせることだけに
一生懸命になればいい
小さい花や大きな花
一つとして同じものはないから
NO.1にならなくてもいい
もともと特別なOnly one

86 :名無しの心子知らず:03/04/06 08:16 ID:H38jy6Uv
でもこの歌を聴いたDQは
「おぅ俺ってもう完成されてんのね。」と勘違いする罠

松田道雄「私は赤ちゃん」は笑えてほのぼのしました。
スポック博士は、妊婦への章はすばらしいです。
でもその他はアメリカン過ぎてチョト・・

87 :名無しの心子知らず:03/04/08 13:03 ID:OKoJIyyv
子どもへのまなざしを読んで、子供を怒らないようにした。
だけど、私のやり方が間違っていたみたい。
幼稚園でも異様な我が子。わがまま。根気がない。
本も解釈を間違えるととんでもない事になったりするのかなーと思ったり。

88 :名無しの心子知らず:03/04/08 13:06 ID:2ROFUGQh
躾は必要ですな。

89 :名無しの心子知らず:03/04/08 13:07 ID:YpTLyBrs
子どもへのまなざし、正美っていうからてっきり女だと思ったら
男かよ!ケッ!と飛ばし読みして返品しますた。
まぁ言ってることは至極当たり前なんだけど
オッサンが偉そうに語るなよ、とツッパってみたりして…

90 :名無しの心子知らず:03/04/08 13:07 ID:8cdBVWvE
>>87
怒るんじゃなくて、叱るようにすればいいのでは?

91 :87:03/04/08 13:10 ID:OKoJIyyv

そうですね。
もうちょっと、しつけについて自分なりに考えます。
今度は本を頼らないで。

92 :名無しの心子知らず:03/04/08 15:39 ID:OKoJIyyv
なんだか自信喪失です。
どうやって子供を育てたらいいのか分からない。
何が良くて何が悪いのか、自分で判断できないです。
何冊も育児に関する本を読み、それに従っていかないと何も出来ない。
いつも、これでいいのか?と疑問だらけ。
私の子供が気難しいのかもしれない。私は高度な事は子供に要求しない。
ただ、当たり前の事がどうして出来ないのだろうか。
私に育てられた子供は気の毒なのだろうか。
実家が遠く、旦那の帰宅は深夜、誰に頼ればいいのか。
頼らないのが、大人として母親としての正しい姿なのだろうか。
こんなのは、悩みのうちにはいらないのだろうか。

93 :名無しの心子知らず:03/04/08 16:06 ID:VnsB71Or
>>92
とりあえず、あなたの頭の中にある「正しい母親像」とやらを取り払ってみては?
そうなれない自分にイラ立つばかりですから。

子供がよい子に育つ=母親合格
子供がよい子に育たない=母親失格
みたいな図式は危険ですよ。
子供はあなたの育児の良し悪しを計る道具ではないのだから。

子供の出来不出来=自分の子育てが評価される
というわけではないのですよ。

高い理想の母親像を追う→子供に成果を求める→思うように成果が出ない
  →子供を責める→自分も責める→もっと努力しなくては・・・と反省→さらに努力する(させる)
     →子供に成果を求める→思うように成果が出ない→エンドレス・・・
悪循環の繰り返しです。

母親と子供は別の人間であること、
母親の育て方と子供の育ち方を切り離して考えること、
(どうしても理想像を追いたいのであれば)0からいきなりレベル10を目指さないで、
とりあえずレベル1を目指してみること、
そのあたりではないでしょうか。

94 :名無しの心子知らず:03/04/08 16:19 ID:wuT9rpFS
おお、冷静なレスだ。
ううん、とにかく、頭をからっぽにして、お子さんを眺めてみて。
寝てればかわいいし、起きてりゃおかしくない? 92さんも、お子さんも、
生きてあるだけですばらしいのよん。
92さんとお子さんの個性の前に、「当たり前の事」なんて、他とくらべる
余地なんて存在しない...

95 :87=91=92:03/04/08 19:29 ID:OKoJIyyv
レスを頂き有り難うございます!
何て優しい人達なんでしょう。とても嬉しいです。
お風呂に入り、気分がだんだん落ちついてきました。

>>子供の出来不出来=自分の子育てが評価される

これは、図星です。「子供は親の鏡」と言われると、
脳内変換されて、こうなってしまうのです。

子どもへのまなざしのことを書いてしまいましたが、
私が勝手に自分の都合のいいように解釈しただけです。
私以外の人が読めば、それなりに解釈の仕方が違うだろうし、
自分には合わないと思った人は、それはそれで良い事ですね。
(そういう方達が羨ましい)

育児書よりもホッと出来るレスで、2ちゃんねるもいいなぁと
思いました。私自身、反省する事がたくさんありますし、
みなさんのレスをまた、勝手に脳内変換することなく、
しっかりと心に留めておきます。本当にありがとうございました!


96 :名無しの心子知らず:03/04/08 22:00 ID:jHpFuLf8
>>95
本の解釈が人それぞれであるのは当然のことだけど、
それ以前の問題で、本の中に答えを探そうとすること自体が間違っているのかもしれないね。
いつだったか新聞に一面まるまる使ったデカイ広告が載ってて、
「子供の数だけ正解がある」って書いてあったよ。

今の日本にどれだけの子供がいるのか?正確な数は知らないけど、
何百万という単位の子供がいれば、何百万通りの答えがあることになるね。
同じ家庭の中でも、子供が2人いれば2通り、3人いれば3通りの答えがあるはず。
しかも、本当の答えが出るのはその子が成人する頃あたりじゃないのかな。
何年も先の話だね。

97 :名無しの心子知らず:03/04/08 22:22 ID:207Kh+Ds
>>95

疲れてる時は、育児書って体に毒だよ〜。
心配事がある→育児書を読んでみる→「そのとおりだ、私ってダメ母」と鬱になる
→今まで心配じゃなかった事まで心配になってくる→「他の育児書にはどんな事
書いているだろう」と書店へ→なんと、前の本とは、全く違う事を書いている。
しかも、こっちもかなり的を得ていて、「私ってやっぱりダメ母」と鬱になる
→「私はどうすればいいのだろう」と悩む→「他の育児書には…」(ry
…育児書って、何も悩みがなくて、多少の説教は笑い飛ばせる余裕があるときに、
「読み物」として読むものだとおもうな。悩んでる時にマニュアルとして頼れば、
十中八九ドツボにハマる。

疲れてる時には、育児書よりも、ちょっとだけ先輩のママ達の『わかるわぁ、
その頃は、私もそうだったのよ』って言葉の方が一番役に立つよね。
>>66さんも書いてるけど、「大丈夫だよ」の一言が一番の薬になるよね。
だから私にも言わせて。

大丈夫。何を悩んでるのかは知らないけど、何が正しくて
何が間違ってるのかなんて、誰にもわかんないよ。だから私たちは、自分なりの
やり方で一生懸命やるしかないんだよね。がんがれ>>95、でも、
がんがりすぎるな>>95、ぼちぼちがんがれ>>95


98 :名無しの心子知らず:03/04/09 10:34 ID:gj5Q9COA
>95

「わがまま」というのが、どういうところを指しているのか分からないけれど、
幼稚園児くらいで聞き分けがよく、根気があり、わがままではない、という子が
どれくらいいるんだろう?むしろ、その反対の方が多いと思うんだけど。
子どもってそんなもんじゃないのかな?
そういう子=しつけがなってない、親子共々DQNと言われてしまうの?

こう書くと「そういうあんたがDQN」と言われてしまうんだろうか・・・・(;´Д`)


99 :名無しの心子知らず:03/04/11 18:36 ID:YcEE2Y0U
>>95
育児に答えなんて無いんだよね。
だからいろんな子供がいるし、いろんな母親がいる。

お見受けする限り、無意識のうちに自分を完璧な母親に作り上げようとしている
ように見えるんです。
だから、育児にもそれが出ているんじゃないかな?
そして、そのレールから外れると悩んじゃう。
たまには、”まぁいいか”って思うと楽ですよ。

ここにはあなたのように悩んでいる方もいればアドバイスして下さる方もいる
何も心配することはないです。みんな仲間です。一緒に頑張ろう。





100 :名無しの心子知らず:03/04/11 18:43 ID:YcEE2Y0U
肝心なこと書くの忘れた。

今日たまたま本屋に行ったら面白そうな育児書?があったので
買ってきました。
NEWSWEEK日本版の新0歳からの教育っていうもの。
うちは3歳の娘と10月に二人目が産まれる予定なので
知識程度に購入です。
振り回されないようにがんばりまぁす。

101 :名無しの心子知らず:03/04/12 14:22 ID:tGfHLCjI
>>100
それ持ってる。情報はいろいろ、最新のが載ってるけど、こうしろとは
言ってないのがいい人にはいいかも。

102 :名無しの心子知らず:03/04/14 22:42 ID:ve7S4DJ4
>>101
私も持ってます。
去年購入。確かに育児書とは言えないかもしれないけど
初めて育児する人にとっては科学的根拠に基づいた内容が主なので
白黒はっきりする。
故に私は肩の力を抜いた状態で育児に取り組むことが出来た。
私にはこの本、合っていたということですね

103 :名無しの心子知らず:03/04/14 23:08 ID:EeenA7Lu
あっぷりかで出してる、鈴木寿七郎先生(だったかな?)の、
「育児の原理」が好き。
サブタイトルが、「あったかい心を育てる育児書」。
お母さんの心まであったかくなるような育児書です。
いきづまった時なんかに読み返して、よく救われてます。
あぁ、そうだよね。お母さんの心があったかくなかったら、
あったかい育児なんてできやしないし、それでいて子供に
あったかい心を求めるなんてそりゃむりだよね。って、今気がついた。
みんなであったかいおかあさんでいたいねー。

104 :山崎渉:03/04/17 10:15 ID:LGrm1CDL
(^^)

105 :名無しの心子知らず:03/04/17 12:57 ID:YMEnYFWP
母乳育児書のおすすめはありますか?
とりあえずアトピー子にしない母乳育児BOOKというのを買ってみましたが、
こういうのっていろんな著者のを何冊か読んだほうがいいのかしら。

106 :名無しの心子知らず:03/04/17 13:02 ID:H8qzbpDe
>>105
母乳育児に向いてる(わりかし新しめの情報がある)のは
シアーズベビーブック。
シアーズママはラ・レーチェ・リーグ指導者です。
だから、LLL(ラ・レーチェ・リーグ)の本もいいと思います。


107 :名無しの心子知らず:03/04/17 13:16 ID:9EzJApmw
育児書じゃないけど、「赤いくつのハンナ」って本は
考えさせられた。久しぶりに本見て泣いた。
健康なのは当たり前なことじゃないって思って
育児にイライラしてたのがひいてきました。
元気で側にいてくれるだけでいいって思って子供が愛しくなった。
小児ガンのお話。


108 :名無しの心子知らず:03/04/17 20:08 ID:IoiCjime
>>105
山西みな子さんの「もっと自由に母乳育児」は色々読んだ中でお気に入り。
母乳育児に対する情熱が伝わりつつ、あくまでマターリ。
結構目から鱗だった。

109 :名無しの心子知らず:03/04/17 20:24 ID:U/keKaDL
>>105
竹中恭子さんの「おっぱいとだっこ」がお勧め
竹中さんは「よこはま母乳110番」の相談員をしてる人。
数多くの相談を受けてきただけに、「うんうん、そうなんだよね」と納得できる本です。
さらに監修には母乳育児の専門家のお医者様や山西みな子さんも加わっている。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4393335031/ref=sr_aps_b_1/250-3152605-1694610

110 :山崎渉:03/04/20 05:02 ID:WBkhWevL
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

111 :名無しの心子知らず:03/04/22 14:06 ID:PKlf6+Uz
シアーズベビーブックに加筆版(シアーズ息子が書き足し)が
でたそうだけど、日本語版はまだなんだよなー。

112 :山崎渉:03/05/22 01:14 ID:8H9dPOzV
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

113 :名無しの心子知らず:03/05/28 03:09 ID:iUEnxwpF
松田道雄・・・ってなんか知ってるなあ・・・と思ったらうちにもあった。
「育児の百科」ってのが。
父が妊娠したときにくれたんだ。でもあまり読んでない。
もともと育児するのに育児書とか読むと返って私には
悪影響でそうだと思ってたから。
それでも印象に残ってるフレーズがあって、
これはとても私の気持ちを楽にしてくれてる。
「今できないからと言ってずっと出来ないまま大人になるわけではないので・・・」
みたいな言い回し。
結構過干渉気味になってしまいがちなんですが、
このフレーズがいいブレーキになってくれます。



114 :山崎渉:03/05/28 15:35 ID:HRGqUv8E
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

115 :名無しの心子知らず:03/06/04 08:10 ID:EaEsteja
中谷彰宏の『育児の達人』が趙オススメ!

116 :名無しの心子知らず:03/06/06 08:44 ID:nfVDemc2
とりあえず発注してみました。>松田先生の本
読むの楽しみ♪

117 :名無しの心子知らず:03/06/09 15:03 ID:Bz1aMu6a
お誕生日ばんざい

誕生日おめでとう。1年間の育児で母親として多くのことを学ばれたと思う。
赤ちゃんも成長したけれども、両親も人間として成長されたことを信じる。
1年を振り返って、母親の心にもっとも深く刻み込まれたことは、この子には
この子の個性があるということに違いない。その個性を世界中で一番よく知っ
ているのは、自分において他にないという自信も生まれたと思う。その自信を
一番大切にして欲しい。
人間は自分の生命を生きるのだ。いきいきと楽しく生きるのだ。
生命を組み立てる個々の特徴、例えば小食、例えば痰がたまりやすい、が
どうあろうと、生命を生き生きと楽しく生かすことに支障がなければ、意に介
することはない。小食をなおすために生きるな。痰を取るために生きるな。


118 :続き:03/06/09 15:04 ID:Bz1aMu6a
小食であることが、赤ちゃんの日々の楽しさをどれだけ妨げているか。
少しくらい咳が出ても、赤ちゃんは元気で遊んでいるではないか。
無理に嫌いなご飯をやろうとして、赤ちゃんの遊びたいという意志を押さえ
つけないがいい。咳止めの注射に通って、満員の待合室に赤ちゃんの活動力を
閉じこめないがいい。
赤ちゃんの意志と活動力とは、もっと大きな、全生命のために、ついやされるべきだ。
 
赤ちゃんの楽しみは、常に全生命の活動の中にある。
赤ちゃんの意志は、もっと大きい目標に向かって、鼓舞されねばならぬ。



119 :続き:03/06/09 15:05 ID:Bz1aMu6a
赤ちゃんと共に生きる母親が、その全生命をつねに新鮮に、つねに楽しく生き
ることが、赤ちゃんのまわりを常に明るくする。
近所の奥さんは遺伝子の違う子を育てているのだ。長い間かけて自分流に成功
しているのを初対面の医者に何がわかる。

「なんじはなんじの道をすすめ。人びとをしていうにまかせよ。」(ダンテ)


120 :名無しの心子知らず:03/06/09 15:06 ID:Bz1aMu6a
↑松田道雄「育児の百科」より

121 :名無しの心子知らず:03/06/09 15:55 ID:kc8e0+dh
メンタルなジャンルの本だと思うけど、
やはり佐々木さんのご本はいいですよね。
同じ感性?って感じたのは、津守房江さんのご本。
どちらも、ありのままを受け止める、受容の広さが好きです。

言葉を交わし始めたら、「親業」の本が役立ちました。
トマス・ゴードン著「親業」は、初めて読んだ時にはよく意味が判らなかったけど
検索して他書(PTA推薦図書)を読んでみて衝撃を受けたの。
カウンセリングを学んだ人には当たり前の事かもしれないけど
そうでない人にとって、判り易く書かれていたので。

志田紀子「遊びとしつけ」も良かったです。
子供とじっくり向き合えない親が増えている、子供との遊び方を知らない、
「遊び込む」という言葉が心にひっかかっています。
公園行っても、こどもほったらかしの親にはなりたくないわ。

122 :名無しの心子知らず:03/06/09 15:59 ID:abi3S7JA
>121
本にわざわざ「ご」なんてつけないでほしい

123 :名無しの心子知らず:03/06/11 12:53 ID:PMWr6xTB
佐々木先生はやさしい口調で書かれていて、
叱られながら育った年代の人達にはピンとこないかも。
長谷川博一先生の「しつけ」という本は佐々木先生の本と、
書かれている内容は同じっぽいけど、ズバズバ書かれていて
分かりやすいです。子供を親の思うままにするな!と強く言ってくれる本です。
子供を叱ってばかりで、これでいいのか悩んでいる人にお勧めです。

124 :名無しの心子知らず:03/06/15 20:11 ID:USSXSZvR
おすすめです。

育児大全科―Baby‐mo 主婦の友生活シリーズ
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4072305049/8443-22
はじめての育児 主婦の友新実用BOOKS
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4072335207/8443-22


125 :名無しの心子知らず:03/06/30 13:32 ID:Ub/Vscae
松田道雄「育児の百科」は母が送ってくれたので
先日 ひととおり目を通してみました。

大筋に於いては好い印象なのだけど
『薬は信用できないから 
 妊婦は命にかかわる状況じゃなければ医者にかかるな』
と云う姿勢とか
里帰り出産の場合『里』=『農家』と決めてかかっている所とか
ちょっと今の感覚からはズレてる箇所が目立ちました。

私的には『ひよこくらぶ』の方がよっぽどタメになったかな(^^;
今現在 自分と同じ立場にある人達の為の本、って気がします。

126 :名無しの心子知らず:03/06/30 19:03 ID:CvhUOEK4
>117-119
いやーちょっと涙が出てしまったw 疲れてるなワタス。


127 :名無しの心子知らず:03/07/03 20:42 ID:5rBP8JMA
松田先生の著作は、育児本以外でも女性を励ますものがあるよ。
岩波新書から出てるはず。

育児による閉塞感を感じてる方は、よかったらご一読ドゾー

128 :山崎 渉:03/07/15 12:41 ID:dcRR7sWG

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

129 :なまえをいれてください:03/07/17 17:44 ID:6XU4Ly4k
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

130 :名無しの心子知らず:03/07/23 00:38 ID:/55WVZfe
松田道雄の「育児の百科」が古本で300円だったので
速攻ゲット。
さぁて、読んでみようっと。

131 :名無しの心子知らず:03/07/23 04:46 ID:GrI9yCaZ
色んな育児書を買って読んだけど、今、手元に残っているのは、
松田道雄の「育児の百科」だけ。

色んなのを読むとかえって、混乱して分からなくなる。

松田道雄と自分の考え方が似ているから、受け入れられるのかな。
極端過ぎずに程々で丁度いい。

育児に自信をなくした時は、これを読むとよし!頑張ろうって
気持ちになるんだよね。

132 :名無しの心子知らず:03/07/26 03:56 ID:ZhuBszJt
baby owner's manualがオモシロイ!


133 :名無しの心子知らず:03/07/26 14:13 ID:CmuKonDG
パイパンおま○こを見れるサイトを発見!!
パイパンおま○こは本当に綺麗…(*´∀`*)ハァハァ
http://plaza16.mbn.or.jp/~satchel/omanko_marumie/


134 :名無しの心子知らず:03/07/26 15:02 ID:MwmuPFXo
松田道雄って私の母も育児書持ってたんだよね。
私もこれ一冊だけ。結構冷静でクールな語り口だし、何より働く母親に
優しいんで精神安定剤になります。あの口調もステキ(w
最新の育児書は確かに情報はいろいろあるんだけどかえって惑わされそう
になるような気がして。情報が欲しい時はネットで探せばいいし。

135 :名無しの心子知らず:03/07/28 10:57 ID:0Iv/YFVe
スレタイちょっとびっくりした。
松田道雄】一・・

136 :名無しの心子知らず:03/07/28 18:10 ID:mWiOe5/W
>>135
私も!
でのぞいてみた、佐々木正美さんの本よんだよ。
子どもへのまなざしと続編
自閉症の子どもを研究してるんだよね、この人。
「平井信義」はでてこないね。
この人も、私が読んだ感想では佐々木正美に似ているなぁ。とおもた。


137 :著者:03/08/01 23:49 ID:3bPXCcHk
>>123に出ていた『しつけ』の著者です。
子育てに悩む親たちがどうすれば自分を愛せるようになるか…。これに挑むカウンセリングを日々している経験から、「読むと自然に気持ちが楽になる」ような本を目指して書いたものです。
いくら知識を伝授しても、体当たりの子育てには通用しません。それより、「子育てはへたでいいんだ」と気楽になれたほうが、どれだけ子どもの自然な成長を認められるようになるでしょうか。
鍵は、親の「子ども時代のわだかまり」にあると考えます。少子時代の中、熱心な親は簡単に子どもを支配できてしまう点も重大です。
読んでくださった方、感想聞かせてくださいね。
おじゃましました。

138 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/08/02 04:24 ID:TiMTzZWH
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

139 :名無しの心子知らず:03/08/02 15:02 ID:/6FN7gGv
>>137
本当の長谷川先生でしょうか。
2chにいらっしゃるなんて(つД`)123を書いたのは私です。

2ちゃんの育児板には、子育てしているお母さん方が
たくさんいると思いますが、そうでない方も多くいると思います。
時々、何かと「躾のなってない子供」「子供を叱れない親」と
話題になることがあり、世間の目は厳しいなぁと思います。

私は、自分が悪く言われない為に、子供を躾ける為に、
「しつけ」とネット検索して、先生の本をみつけました。
この本の題名、いいですね〜w
しつけ?どれ読んでみようと思ったお母さんは吃驚するでしょうねw

私の弱点は、他人の目を気にし過ぎる事かな。
2ちゃんですと、厳しい意見も出るかと思いますが、この辺で。

140 :名無しの心子知らず:03/10/26 22:51 ID:+edThuBi
松田先生のも、スポック博士のもみんな呼んだけど、
私は、ガイシュツの「がさつ・ぐうたら・すぼら」<伊藤ひろみ
が脳内・座右の銘・・・でしたねえ。
自分がそれとは正反対なタイプだと思ってたから。
何せ、妊娠がわかったとたん「子宮内の胎児の写真集」みたいなのを
買って、生まれたらぜったいに「愛情いっぱい注いでいい子に育てる
んだいっっっ!」って思ったから、そういう自分を見てちょっと「ヤバイ
かも」と思ったのね。
人目を気にしてしまう自分にブレーキをかける意味で、「がさつ・ぐうたら・
ずぼら」は私を何度も救ってくれました。
それと、神戸にあるパルモアっていう産院の三宅院長の書かれた本
(三宅廉と・・・の子供たち、みたいなタイトルでした。失念)、
読んでもう泣けて泣けて。ゼロ歳児を持つお母さんが読むと心に染む
かも。
あと、清水クニアキの本もなかなか面白かった。世代的に流行ってた
んだよねー。年わかるかあ・・・
公文にはまりすぎて「私は虐待母かも?」って思ったときには親業の
本も読んだけど、あれは私にはフィットしませんでした。
そのかわり早期教育の危険性についての本も読んで、自分の中で
バランスとろうと必死だったです。
今となってはすべていい思い出。
ただ、子供が思春期になった今、それなりに良い関係ができているのは
いつも自分が子供に対して「前向きに情報収集して勉強しよう」という
姿勢があってそれが子供にも伝わっていたかも、ということ。
若いお母さん方、がんがれ!

141 :名無しの心子知らず:03/10/26 22:58 ID:+edThuBi
140だす。
誤字変換多くてスマソ<呼んだ→読んだ 等々
書き忘れましたが、平井氏のは、読むには読みましたがちょっと
私には重かったですね。
育児において、母親に過剰なストレスがかかるのが良くないと
ずっと思っている私には、平井氏や親業のスタンスは熱心な親の
ストレスをさらに増してしまう要因になりかねないな、と思いました。


142 :名無しの心子知らず:03/10/30 12:50 ID:+otD6FaA
町田貞子さんの
    娘に伝えたいこと
    本当の幸せを知ってもらうために

が、良かったよ。育児書ではないけれど、
夫婦、家族、子育ての大切さを改めて実感。
育児だけでなく、心地よく生活していくのが、一番の
子育て法だと思いました。

143 :名無しの心子知らず:03/11/22 01:18 ID:ibMYeq7n
>子どもによって骨の折れる育児と、骨の折れない育児とがある。
>骨の折れない育児をやっているよその奥さんを例にひいて、
>骨の折れる育児をやっている母親をとがめてははいけない。

以前どこかのスレで、この引用を見てからすごく気になっていました。
先日2人目の子が産まれて、友達から「何かお祝いのリクエストは?」と
聞かれて、迷わず「育児の百科」をリクエストしました。
海外で出産したため、親や子育ての経験が豊富な人の助言をなかなか
得ることが出来ないので、為になる1冊だといいな。期待しています。


144 :名無しの心子知らず:03/11/22 16:55 ID:i/9SYMEB
私も愛用しているのは「育児の百科」。
あんまり話に出るとマンセーだ!とか煽られそうだけど
「私には」合ってました。
ベビーフードに対する理解もあるし、「こうしなきゃダメ」的な事が無いので
母乳でもミルクでも、働いてても専業でも読めそうかな。

シアーズ博士のベビーブックも気になってるんだけど、
以前、ちらっと読んだら余りにも細かくて眩暈が・・・w

産後は疲れてるし忙しいし、月齢ごとの部分だけ読めば済むのが
育児の百科が私に合ってた理由なのかも。

145 :名無しの心子知らず:04/02/02 12:22 ID:d2uV7B0u
育児の百科、私が生まれた年に初版本がでて、母が買った。
それは今私の手元にあります。
上の子を産んだ2日後に松田さんが亡くなったことをあとから知りました。

最新の病気情報などはほかをみればいい。ネットでも情報はあるし。
しかし育児に対する思想は普遍的なものです。
古びた本ですが大事な宝物です。。。


146 :名無しの心子知らず:04/02/02 23:55 ID:YSuejs4h
育児書じゃないけどH・F・ハーロウの「愛のなりたち」
サルを実験にどうやって愛情が培っていくのかが書かれてる。
(人間の実験は少ないのだが)
世間が軽々しく叫ぶ「愛」っちゅーモノを
冷静な目で見直すことができるよ。


147 :名無しの心子知らず:04/02/04 18:17 ID:2Wc1+klX
2ちゃんねるが一番ためになっているような気がする・・・

148 :名無しの心子知らず:04/02/16 01:07 ID:XagFYNvm
育児の百科、書いてある内容もいいけど、
写真がすっごくかわいい。

149 :名無しの心子知らず:04/02/16 15:11 ID:ILY8mMAc
松田道雄もいいけど、毛利子来や山田真も好きだー。

150 :名無しの心子知らず:04/03/07 15:51 ID:oYJbq15K
トレイシー・ホッグはどうですか?

151 :名無しの心子知らず:04/03/07 16:11 ID:6oU4aDYh
育児の百科、いまもいわさきちひろさんのイラスト
載ってるのかしら・・・
いいよね〜

152 :名無しの心子知らず:04/03/26 16:30 ID:5nPolRKE
シアーズ博士のベビーブックと
松田道雄の育児の百科買うならどっちがいいかな?

153 :名無しの心子知らず:04/03/26 21:11 ID:gbTLi4En
>152
本をゆっくり読む時間が無さそうなら、松田道雄の方がいいかも。
月齢別になってるので、子供の月齢の所だけ読めば
いいようになってるから。
体力がある様ならシアーズ博士もいいと思うけど、かなり読み応えあり。

154 :司書:04/04/20 16:01 ID:g2VTY1C2
ちょっとスレ違いですが,おじゃまします。
図書館にあったらいいなぁと思う「育児に関する月刊誌」は何ですか??
また,いつも行かれる図書館にある「おすすめの育児雑誌」は何ですか??
あやしい者ではありません。
購入資料の参考にしたいので,よかったら教えてください。

155 :名無しの心子知らず:04/04/20 16:09 ID:3ApALOMs
>>154
月刊じゃないけど「ちいさいおおきいつよいよわい」「おそいはやいひくいたかい」。
ほんとは図書館で借りて読みたいけど、リクエストしないと読めないし、
おいてある本屋で買って読んだりしている。広告がないので高いのが辛い。
全部置いてくれたら(バックナンバー)通います。


156 :名無しの心子知らず:04/04/20 16:31 ID:do69p+c6
>>154
NHKの「すくすく子育て」と、クレヨンハウスの「クーヨン」があるといいです。
田舎に住んでるせいか、そのへんの本屋で売ってないので。
注文で買うにしても、中身パラパラ見てからにしたいものです。

157 :名無しの心子知らず:04/04/20 17:23 ID:RBilm7jk
子どもが幼児以降は佐々木正美先生いいと思います。
私、男の人が書く育児書って理想論であまり好きではないのですが、
「子どもへのまなざし」は共感できる部分が多かったよ。
 
でも、平井信義せんせは、極端すぎて読んでると「うちのウトが
書いてるの???」って思うくらい孫にあまいジジくさい所が・・・。

158 :名無しの心子知らず:04/04/20 17:31 ID:4v1cwMFp
最近の育児書を読んで最新の医学知識やら、なんやらを詰め込んだ頭で、
松田道夫さんの育児の百科を読むと感慨深いものがあった。

新しい本とはけっこう食い違っている点が多いから、
どんな育て方をしても子は育つんだなと思って、気が楽になった。
なんたって、私が読んだ版では、
赤ちゃんの大好きな離乳食が「ウニ」だし。
(今もそうなのかな)
これは「味噌汁の上澄みも塩分取りすぎで良くない」とすら
信じていた私には革命的だったよ(笑)。

それに、ジジババはこういう考えで、
こういう根拠でアレコレいってたのかぁ・・とわかった。
なんか、育児書で頭でっかちになって煮詰まった心が
ほぐれるような本だったなぁ。
これ一冊をバイブルにするのはお勧めしないけど、
最近の育児書や育児雑誌で頭でっかちになった時に読むのにはいいよね。
親戚のじーさんに頭がつんとやられたみたいだったよ。

159 :司書:04/04/20 18:09 ID:hJ1tn5d4
>155さん,156さん
さっそくにありがとうございました。
>155さんが欲しいと思われている本ははじめて知りました。
どんな本なのか調べて見ます。勉強になりました。ありがとう。
>156さん,
すくすく子育て!! まさに今,購入しようかやめようか悩んでる雑誌です。
「たまひよ」なんかの派手な方がいいのかしらと・・・どうしましょ。
でも,本屋で売ってないというのがポイント高いなぁ。
うーん・・・少ない予算なので,いろいろと悩んでおります。

160 :名無しの心子知らず:04/04/20 21:30 ID:+TDVfkPV
>159
私も「すくすく子育て」に1票。

たまひよ…ってハデに宣伝打ってるから、「育児雑誌ならこれかな」
って思いそうだけど、私も過去、何度か買ってなんかな〜って思った事あり。
以前、この板で育児雑誌スレがあったんだけど(今もあるかな?)
そういう人多かった気がする。
(ミルクの宣伝が派手だったし、名付けコーナーとか見るとハゲしくモニョる私)

すくすくはベーシック。至ってベーシック。
それゆえ、初産・経産婦・年代・男女問わずに読める淡々とした内容だから
図書館に置いてあると嬉しいかな。

161 :名無しの心子知らず:04/04/21 00:29 ID:wOvaLMKI
松田先生の育児の百科読んだけど、あれに書かれてる発達って結構早くないですか??
それとも単にうちが遅いだけっていうのもあるけど...。
なんか読んでて焦っちゃいました。

162 :名無しの心子知らず:04/04/21 00:37 ID:yHgrNS94
松田先生の「私は2歳」(タイトル合ってる?)って、映画になっているのね。

1960年代頃かな。若い新米ママ役が山本富士子さん、ご近所のママ
(ナレーションも担当してたかも)に岸田今日子さんが出ていました。

おばあちゃん役は浦辺粂子さんでした。風景など(未舗装の道)が
とっても懐かしい映画なので、お勧めです。
根気良くレンタル屋を探せばあると思います。

163 :名無しの心子知らず:04/04/21 10:38 ID:5PiApRZr
育児書なんて参考にならないよね・・・
一冊だけ読んで、その通りにしても偏るだけ。
バランスがとれてるという意味では松田道雄の育児の百科は
いいと思う。

子供の気持ちになるとか、こうすればこうなるとか、
あーすれば、こうなるとか、
もう、どうでもいいって感じ。

164 :名無しの心子知らず:04/04/21 18:46 ID:zAbgoZ/4
私も色々読んだけど、散文形式でかかれているのですが、
小児科の先生が書いた、
’赤ちゃんが書かせてくれた’という本がとてもよかったです。
育児百科じゃないんですけどね、
小児科の先生からのとても暖かくて優しい言葉がちりばめられています。
こう野(こうの字が変換できなくてすみません。)吾郎先生著です。
講演も聞いたのですが、素晴らしかったです。


165 :名無しの心子知らず:04/04/21 20:07 ID:5PiApRZr
精神科の先生の本っていくつかあるけど、
こっちが精神病になりそうになったよ。
ま、こんな風になるのは私ぐらいだろうけどさ。

166 :司書:04/04/22 17:11 ID:heZGaMJP
>160さん
とっても説得力のあるご推薦
どうもありがとうございました。
参考になります。

167 :名無しの心子知らず:04/04/27 12:46 ID:qkTYxCYj
>157
後半2行、ハゲドウ
読んでいてだんだんイライラしてしまった。
それに自分の父親が嫌いっていのが何度も出てきてうんざり。
ジャケ買いじゃないけど、それに近い感覚で気軽に買ってみたが
私には失敗でした。

松田道雄さんの本は「私は赤ちゃん」「私は二歳」両方読みました。
まだ小梨、毒時代でしたがおもしろかった。
「育児の百科」はまだ読んだことがない。就学までが書かれているんですね。
古本屋めぐりをして探してみようかな。読みたくなっちゃった。

「赤ちゃんの気持ちがわかる本」PHP文庫 も「私は赤ちゃん」の
ように赤ちゃんの目線で語りかける本ですね。
これは、気軽に流して読めました。後半はあまり好きではないが。

168 :名無しの心子知らず:04/05/11 10:42 ID:lnvKvsY0
保守age

66 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)