5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

(⊃д`) せつない想い出 その3 (´・ω・`)

1 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/02 14:06 ID:rwgye7M7
PART3です。
せつない想い出を語ってください。
思い出して泣いちゃってもOKです。

前スレ
(⊃д`) せつない想い出 その2 (´・ω・`)
http://life3.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1079060188/
(⊃д`) せつない想い出 (´・ω・`)
http://life3.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1076485631/


169 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/08 02:30 ID:/3CX04c9
私はよく泣く子供だった。
父は物心つく前に既に亡く、あまり覚えていなかった。
小学校にあがる頃、夜寝る前に色々考えているとき、ふと気づいた。
この先自分がずーっと生きていても、父に出遭う事は決してないのだと気づいた。
何だか悲しくて、でも珍しく涙は出なかった。

しばらくして、ひとつの映画を観た。
クライマックスで、主人公の父親が子供を助け亡くなった。
涙がぼろぼろと零れて、
でも普段散々泣いているのに、その時だけは何処かいつもと違ってた。
いつのまにかシャツの胸元をぎゅっと握り締めていた。
胸の奥が、何かに絞られるようだった。
これが「せつない」という気持ちだったのだと、
それからしばらくして気がついた。

今は2番目に出来た父親と、思い出を作りながら生きている。
私は名字を変えなかった。義父も微笑ってくれた。
1番目の父との思い出は、この先思い出すことは出来ないだろうけど、
あのとき覚えた痛みだけは、今でも時折、私の胸を突ついている。


この板見て久々にせつなくなったので。
突然カキコ&長文失礼。何か文にするとハズカシイもんだな

170 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/08 04:14 ID:GFCQtQcv
わたしが上京してから5年目の、去年の夏、実家のおかあさんから「犬が元気がない」と電話がきた。
犬はもう12歳の老犬だったし、夏バテかなって思ってた。

わたしは、その週末に実家の近所で友達の結婚式の予定があったので、そのときには
犬に会えるし、おいしいものでも食べさせて、遊んでやって元気をつけさせてやろうと思ってた。

でも、わたしが実家に帰る前日の朝、犬は死んでしまった。
「いぬが元気がない」っておかあさんから聞いた時点で、すぐ帰っておけば良かったなって、
思うと悲しくて悔しくてしょうがなかった。

上京してから、お盆やお正月にしか帰れなくても、ずっとわたしのことを忘れないで
いてくれたわんこ、12年間いっしょに遊んでくれてありがとうね。

171 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/08 08:13 ID:0hLKXLmz
>169
そういう感情を大事に取っておくってのいいね。いずれ財産になる気がする。

で、その子供助けた父親って、ケビンコスナーと時任三郎のどっちの方?

172 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/08 08:14 ID:4uPT5TVM
>>161
まだ若いから、自分がやろうと思うことならなんだってできると思うよ。

私の母も父親が亡くなって、中卒で専門学校に行って働いてた。
でも結婚して子どもが生まれて、私が小学6年生の頃から働きながら
通信制の高校に4年間通って無事卒業したよ。
月2回のスクーリングと、各教科のレポート課題で真夜中まで起きて
頑張ってたなぁ。

まずは療養。
元気になったらチャレンジしてみたらいいんじゃないかな。

173 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/08 08:18 ID:99uqvOiB
今って中卒だと専門学校には入れないんじゃないの?

174 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/08 08:50 ID:b4BrIX4g
>>173
いや、そんな事もないよ。
高卒以上と中卒にクラスが分かれる事は多いけど。

175 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/08 09:11 ID:YXX9m7T8
>>170 うぅ(;。;)ワンコのご冥福を祈ります。うちの猫死んだ時思い出したよ。

176 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/08 09:13 ID:ydtSWUj+
父方の祖母がガンだと告知されたのは、今から24年も前の話。
当時の技術では開腹しても完全に摘出できるかは分からない。という医師の問いに
祖母は「どんなに悪くても開腹はしなくていい」と手術を頑なに拒んだという。
老齢のため進行が遅く、あの年に産まれた孫が成人を迎えた今でも
祖母は南の島で古くからの友人知人囲まれ、幸せな生活を送っていた。

長男が遅い結婚をしたのがおよそ4年前。長男夫婦と同居したという話を聞いてから
私達家族(次男)はほとんど島へ帰らなくなった。
それからしばらくして、電話があった。
それもなぜか公衆電話からで。

「みかん、送ったから」

元々口数の多い方ではない祖母の声はいつもの通り優しくて、あたたかくて。
独特のイントネーションもあって、聞いてるだけで涙が出てくる。
だけど荷物が届いても自宅には電話をよこすな。
と言われる。
……事情がある程度想像できる年齢になったが故に、祖母の言葉が切な過ぎ。

最近、連絡がなかった。…正月は母方の実家へ帰省していた事もあり、
年が明けてから一度も祖母の声を聞いていなかった。
そんな折り、長男の嫁から一昨々日に電話があった。
話を聞いたのは母だったが、どうやらお金を送金して欲しいとの依頼らしい。
母は10数万円送金したと言う。
祖母の入院費用だった。

祖母は遂に食べ物を摂取できなくなったらしい。好きだったドーナツも食べれないという。
「島に帰ろう。元気なうちに」
母の言葉を聞いて、入社以来久しく取っていなかった有休を申請しようと思う。
こんな事でもない限り、帰らなくなったという現実がちょっとだけ悲しいかなと思いながら。

長文スマソ

177 :96:04/04/08 12:12 ID:sUNSDfz5
>>96です。超亀レスすんません。

>>97さん
きっと、兄貴だと思う。
>>99さん
ゼッテー忘れません。
>>101さん
多分、兄貴が「寝てる奴はほっとけ」チックなこと言ったんだと俺は思ってます。

もう一つ、子供の頃の思い出を紹介します。
俺の家の近所に玩具屋があって、毎年クリスマスシーズンになるとセールの広告は入った。
それは、見てるだけで夢が広がるような、楽しいイベントだった。
でも、末っ子の俺はいつも見るのが一番最後で、おまけに兄貴は自分の欲しい玩具のところ
を切り取っておく習性があったため俺が見るときは穴だらけのボロボロ。とても見れたもんじゃ
無かった。一度でいいから綺麗な状態の、あの広告が見たかった。




178 :96:04/04/08 12:46 ID:sUNSDfz5
もう一つ。
兄貴の結婚式に行って、配席表を見たら俺の席が無かった。
うっかり忘れたらしい。あハハハハ〜(-_-)

179 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/08 13:17 ID:sUNSDfz5
>>96
あんた、マジ切ネーな。w

良い哀愁持ってそうなヨカ〜ン

180 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/08 13:43 ID:6J1H4wTQ
子供の頃、テレビはリモコンじゃなかったので
スイッチを入れるのが面倒くせー
そこで、ひょうきんな兄が提案した命令語

テレビ、スイッチョン、スッチョン、スッチョンチョン

181 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/08 14:07 ID:hRHsXkry
大学に落ちてしまったせいで、気分の浮き沈みが激しい私。
3人姉妹なんだけど、ここ一週間は帰省している姉と、今年高校に進学する妹と
ずっと一緒に過ごしていた。
過ごしている間はわからなかったけど、姉は大学院の入学式の前日まで帰省していた。
妹は友達と遊ぶのが大好きで、今まで長い休みの日中はほとんど家にいなかったのに
やけに家にいて、ずっと一緒にゲームや昼寝をしていた。
もう姉も帰り、妹も今日入学式。
一人になって考えてみると、「あ、一緒にいてくれたんだな」って思う。
昔からちょっと精神的に脆い私のことを気遣って、一言も押しつけがましいことも言わず
ひたすら話し相手してくれて、そばにいて、やさしくしてくれた。
姉がいなくても、ちょっと私が暗い顔してると、妹は
「お茶のむ?」「スパゲッティ作って♪」「ゲームやろ」
と私のツボをついて、一生懸命テンションを上げてくれる。
今までもすごく仲良かったけど、また絆が深まった気がする。



182 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/08 16:11 ID:aCunAsT2
>>181
つらい時に誰かがそばにいてくれると、精神的に楽になるよね。
何気ない気遣いが嬉しいんだよね。
お姉さん、妹さんと仲良くね。

183 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/08 17:34 ID:2Qq5Dods
>>176
余計なことかもしれませんが、生きている内に聞きたいことや
言いたい事を全部言っておいた方がいいと思います。
私は、この前祖父を亡くしたのですがいなくなってみると、あれも聞いて置けばよかったとか
話しておきたかったとかいうことが多くて・・・・・。
>>176のお祖母さんが一日でも元気に暮らせる日が多からんことをお祈り申し上げます


184 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/08 17:48 ID:GeZoRgnM
小1の夏にウチのかーちゃんが病気で死んだ時の事。

かーちゃんが逝く間際から葬式が終わるまで、とにかく色々と大変だった。
そしてそんな中、生活が通常の状態に戻りつつあったある日、
不意に親父が兄貴と俺に「なんでも欲しいものを買ってやる」と言い出した。
誕生日とクリスマス以外は、ガンとしてオモチャ等を買い与えてくれなかった
親父から、いきなりあり得ない発言が飛び出した事に兄弟で驚きながらも、
取りあえず俺達は喜んで近所のデパート向かった。

兄貴が何を買ってもらったかは忘れたが、俺は当時人気だった特撮モノの「デンジマン」
に登場する、変形ロボを格納する戦艦(名前失念)を狙った。そして当然、
変形ロボも欲しいと思った。「今日なら同時に買ってもらえる・・・のか?」
と、今まで味わった事のない状況を確認したところで、
ふと「あぁ親父はかーちゃんが死んだ悲しみを和らげようと、急にこんな事を
言い出したんだなぁ。」と思ってしまい、何だか急にテンションが下がって
しまい、うすら寂しい気持ちになってしまい「これでいい・・・」と
戦艦だけ買ってもらうことにした。
「他にいらないのか?」と言われたが「うんいいよ」と子供ながらに妙な気を
使って遠慮してしまったのを覚えている。

その後「ロボの方も、やっぱ買ってもらうべきだった!!」と激しく後悔して
悲しくなったが、戦艦のオモチャ自体は良く出来ており、色々と自分が持って
いるおもちゃと絡めて遊ぶと中々楽しかった。

以上、違う意味でおもちゃを買って悲しくなった。俺の思い出でした。
長々とスマソ。

185 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/08 19:20 ID:mgCdb1G4
184はトテモ(・∀・)イイ!! 子 
かあちゃんも大きくなった184を見てきっと喜んでるだろう。

186 :159:04/04/08 22:02 ID:RxduvwpD
>>160
ちょっとお母さんを擁護しすぎかなと思ったもんで。
気を悪くしたならごめんなさい。

187 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/08 22:10 ID:CER/m5aY
86 :大人になった名無しさん :04/02/06 00:48
同じ幼稚園に通っていたさっちゃん(本名さつき)。
妙にハスキーな声で笑うポンコツだけど優しい子だった。
いつも一緒におやつを食べた。一緒に風呂に入ったりもした。
俺がストーブに触わってヤケドした時、「大丈夫だよ、もう痛くないよ」と、
指を舐めてくれた。俺が自転車で自販機に突っ込んでヒザがパックリと割れて
中の丸っこい骨が見えちゃう程のケガをした時でも「男の子は泣かないんだよ」
と、傷(というか、むしろ骨)を舐めてくれていた。
いま冷静に考えると幼女にあるまじき高等プレイの連発だったような気がする。
だけどある日、さっちゃんは俺の顔を見るなり泣き出した。
理由を訊ねたところ、急な引っ越しが決まったとのこと。
さっちゃんママに「引っ越ししないで」とお願いしたがダメだった。
次の日、二人で逃げ出した。すぐにバレた。家で父ちゃんにブン殴られた。
次の日、二人でさっちゃん家の物置に隠れた。やっぱりすぐにバレた。
こんどは母ちゃんに殴られた。
次の日、さっちゃんと俺は結婚した。結婚式のセオリーがわからなかったから
近所の公園の滑り台で式を挙げた。「けっこ〜ん!」と叫びながらさっちゃんが
滑り降りてきた。俺も「「けっこ〜ん!」と叫んで受け止めた。そんな式だった。
結婚すれば一緒にいられると思ったが駄目だった。悲しかった。

そして引っ越しの前日、さっちゃんはどこかに連れて行かれてしまった。
次の日、さっちゃんママが泣きながら俺に24色の色鉛筆をくれた。
「まこちゃん。これ、さつきからのプレゼントだよ……」って。
さっちゃんを連れていった犯人は神様だった。

長文駄文スマソ

188 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/08 22:36 ID:EEoqdggr
>>187
え?え?(´;ω;`)
引越しの前に、さっちゃんは天に召されてしまったってことですか?(´;ω;`)


189 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/08 22:45 ID:/IA1nxC3
>>98
遅レスだけど、せつないというか、空しいね、そんなの…

190 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/08 22:51 ID:/3CX04c9
>171
ケビンコスナーっす。
それから数年後にもロベルト・ベニーニって人の映画で泣きましたな。
イタリア映画なんですが、あれは切なかった‥。

191 :171:04/04/08 22:55 ID:yMoc+dIf
>190
あれは俺も泣いた。ベニーニの方は一時あの歩き方が流行った。

192 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/08 23:20 ID:DbT+fEtw
ベニーニというとピノッキオしか思い付かない。
色んな意味で切ない映画。

193 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/09 00:29 ID:QvfDqlom
>>187
ポンコツってどういうこと?
コピペに質問してもしゃあないな


194 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/09 00:32 ID:dcjsZmQh
今日大変なミスをしてしまって、
多分300人位の人に迷惑かかる過ちで
ショックで涙が止まらなくて
つい、息子に
お母さんみたいな間抜けはいない
大変な事をしてしまった。もうショックで
生きていてもつらくてつらくて死ぬかも・・
死んだらお父さんと妹と3人助け合って暮らしてね。
って言ったら(冗談なんだけど)
さっき布団の中で声を殺して号泣きしてた。
今日は楽しい入学式だったのに泣かせてごめんね。


195 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/09 00:51 ID:ES5bqBQS
一週間前、ずっと一緒だった猫が死んだ。
俺が小学生の頃、下校中に道に捨てられていたのを見つけた。
手のひらに乗るほど小さくて、今にも死にそうな声で鳴いていた。

家に連れ帰ってミルクを飲ませた。一生懸命ミルクを飲む姿が愛らしかった。
親と相談して家で飼う事になって、すごくうれしかった。
名前を付けるのに一週間くらい掛かった。付けた名前は「さんご」。三月五日に会ったから。

さんごはオッドアイだった。左目が金、右目が青だった。きれいな目だった。
さんごは人懐こかった。いつも俺の部屋か、居間にいた。
さんごは賢かった。自分でドアを開け、部屋に入ることが出来た。
さんごは甘い物が好きだった。買っておいたケーキを食べられた事もあった。
さんごは暖かかった。寝る時は俺の上か、腕まくらで寝ていた。

俺の青春はさんごと一緒だった。
俺の傍にはいつもさんごがいた。
つらい時も、楽しい時も、悲しい時も、うれしい時も、
いつも近くに寄ってきて、そのきれいな目を見せてくれたんだ。

196 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/09 00:52 ID:ES5bqBQS
さんごが居ない生活なんて考えられないほど、さんごの存在は大きかった。
だから、電話でさんごが動かなくなったって聞いた時、たちの悪い冗談だと思った。

あわてて会社を早退して動物病院に走った。
俺が到着した時、さんごは既に逝っていた。
自然死、老衰だと獣医は言った。
さんごは眠っているようだった。
あの目はもう見れないのか、と思った時、俺は泣いた。

さんごは幸せだったろうか。
さんごを埋葬し、使っていた食器をぴかぴかに磨いて墓標に添えた。
どうしようもなく悲しくなり、また泣いた。
しばらくして、初めてお別れを言った。

どこかで猫の鳴く声が聞こえた気がした。

197 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/09 01:32 ID:XxVs8v+P
それは気のせいだ

198 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/09 01:48 ID:ExIYoduj
>>197

あわわ。なんてこというんだよ!



199 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/09 02:16 ID:Wy2/xL3g
>>195今頃子供はガクブルしてると思うから無理してでも明るく振舞って。
まあでも辛そうだな・・・がんがれ!

200 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/09 02:17 ID:QvfDqlom
>>181
切ないけどなんかいい気分。
きっといい人の話だからだな。
勉強頑張ってください。

201 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/09 02:43 ID:yZoLyDax
>>154
遅レスだけど・・・・気にしない方がいいですよ。漫画は貸せなかった
かもしれないけどその前に、あなとその後輩がつくった思い出に多分
その後輩さんも天国で感謝してると思います。

202 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/09 04:08 ID:NWpR3Pb1
どっかのスレに書いたことあるんだけど、知人に聞いた話。

40代の両親と小学生の娘の三人家族。
お父さんはいつも仕事が忙しく帰るのは連日終電真際。
お母さんと娘はお父さんの帰りを待つことなく先に寝ている。
暗い家に帰り茶の間の電気を灯す。テーブルに用意してある冷めた夕食。
毎日がその調子なので特に寂しいと思うこともなく
背広の上着を脱ぎネクタイを外してテレビをつけ、一人テーブルにつくお父さん。
その茶の間には三ヵ月程前に娘に買い与えてやったハムスターが飼われていた。
いつの日からか、お父さんはそのハムスターに話し掛けながら
晩酌をし、食事を摂るようになっていた。
その日にあった会社の話、うまくいったこと、失敗したこと。
テレビから流れてくるニュースについて。娘の将来について。
酒の肴のピーナッツなど分け与えながら問わず語りに話し掛けるお父さんと
時たま黒い瞳でジッと見つめ返すハムスター。

そんな二人の夜が何日か過ぎ、ある日曜の朝。
お母さんはお父さんの叫び声で目を覚ました。
茶の間に行ってみるとハムスターの籠を前にしてお父さんが泣き叫んでいる。
何ごとかと思い籠の中を見てみると横たわったまま身動きをしないハムスターが。
後からやって来てそれに気付きお父さんと一緒に泣き出す娘。
お母さんは何故お父さんがそんなに取り乱しているのかが分からない。
お父さんのたった一人の友だちがいなくなってしまった事など知る由も無い。

長文ゴメン。

203 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/09 06:34 ID:E465BgsH
>>202
寂しい中年男性と小動物の組み合わせは反則だよ…。
全然関係ないのに「最強伝説黒沢」って漫画の
太郎と黒沢の話を思い出した。

204 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/09 08:07 ID:UhoHN+tZ
>>195-196
分かるよ。
うちの猫も4日前に死んだ ・゜・つд`)・゜・
享年11才。
突然の病気で苦しんで死んでしまったのが心残り・・・。
性格もさんごちゃんとそっくりだった。


205 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/09 08:26 ID:IljlcUYx
ここの動物話見るとうちのも結構な年だしと思ってガクブルになる。

206 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/09 09:20 ID:PiVghY03
私が大学生の頃に、「シャム猫のつがいからありえない模様の子が生まれた」
と言う理由で捨てられる直前だった子猫をもらった。
まだ歩く事もできない未熟さで、私は小さな首から下げる袋に猫を入れて
講義の合間にミルクをやったり、トイレの始末をした。
大学を卒業し、会社に勤めるようになってからも一人暮しをしていた自分にとって
猫は友人であり家族だった。
5年付き合っていた彼に振られた時は、一晩中私の膝で涙を舐めていてくれた。
眼の下は舐められすぎて擦り傷みたいになったけど、その傷が私を支えてくれた。
その後、新しく出来た彼(今の夫)とは昔から知っていたみたいになじんでくれた。

結婚する時に、どうしても連れて行けなくて、実家の家族が引き取った。
みんなに可愛がられていたけど、私が実家へ帰ると真っ先に胸に飛びこんできた。
妹が結婚・妊娠し、里帰り出産をする事になったとき、母が猫との兼ね合いを心配した。
妹は気にしない、と言っていたのだけど、猫は妹の出産一ヶ月前に病気で死んでしまった。
11歳だった。

妹が出産を終えて、退院した日。私が自宅で昼寝をしていたら、夢を見た。
自宅に猫がいて、どこかに隠れている。私は見つけられなくて探しているんだけど
義母がテーブルの下に「あんた、そこにいたの」と声をかける。
のぞいてみると、そこには死んだはずの猫がのんびりと座っていた。
猫と別れてから、初めて見た夢だった。

なんとなく「実家は赤ちゃんが来るから遠慮してこっちに来たのかね」と、夫に話した。
その日の夜、自宅の中で一番日当たりの良い場所に煮干と水が置いてあった。

207 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/09 09:45 ID:cfiDIQ9S
いろいろ世話になったおばあちゃん、失業して就職のことでうだうだ言われて、足が遠のいた。
いきなり死亡。
祖母の遺品のかたづけとか手伝っていて遺書の下書を発見。もうぼけてたのか支離滅裂な文章。
ただそのなかに
xx(俺の名前)が就職して結婚するまでは絶対に生きていたい
とあった。おばあちゃん、申し訳ない。

208 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/09 10:07 ID:ccsCKOEM
270がプー毒を貫けば、おばーちゃん超長生きできたろうに。

209 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/09 10:09 ID:78Un1fmw
61レス先の270頑張れ!

210 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/09 10:54 ID:6YCxnNFj
>>193
ポンコツ=オンボロ、ボロイじゃない?すぐ壊れるような。オンボロ車とか。
しかしそれだとさっちゃんは・・・

211 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/09 11:06 ID:E465BgsH
亀アンドコピペに(ryでスマソが、>>187って

>そして引っ越しの前日、さっちゃんはどこかに連れて行かれてしまった。
>次の日、さっちゃんママが泣きながら俺に24色の色鉛筆をくれた。
>「まこちゃん。これ、さつきからのプレゼントだよ……」って。
>さっちゃんを連れていった犯人は神様だった。

色鉛筆>さっちゃんてことかとオモタ。
さっちゃん引っ越しちゃって寂しいけどお別れのプレゼントで一転、
連れてった人が神様に見えるほど色鉛筆が嬉しいって意味かと。
ゲンキンなまこちゃんてのがこの文章のオチじゃないの?


212 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/09 11:09 ID:6YCxnNFj
>>211
おーそういう事か!

213 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/09 11:15 ID:dEMAuci4
>>187がコピペなので、さっちゃんのその後がワカランのが切ない。

214 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/09 12:01 ID:9PLRttPi
私の祖父が2年前に他界しました。
祖父は、若い頃はパチンコしてるか家で暴力振るうかのいわゆるDQNだったそうですが、
(仕事は真面目にしてたけど)私には本当に優しかった。
飼い猫に、「太るから煮干あげちゃだめでしょ!」って何度言っても
「俺ァあげてねぇよ」ってバレバレな嘘ついてた。
心筋梗塞で入院した時には、下剤を飲みたくなくて隠して父が困り果てて
「頼む。孫のお前が言ったら聞くから」って言われたこともあったなー。
ティッシュの箱の中とかに隠すの。で、見つかると
「腹が痛くなるんだよなぁ〜」ってごまかす。

祖父が亡くなって、でも時間が経ってそんなに悲しく思い出したりしなくなりました。
たまに突然悲しくなって涙が出ますが・・・。
(続く)

215 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/09 12:08 ID:0cwF1Cex
(続きです)
こないだ、両親と祖母と私でご飯食べに行くことになった。
家族は他に弟がいるのですが、試験の前日だかで行かないと。
私は4人乗りの車を持っていて、その時車で実家に遊びに行ってました。
私の隣の車には実家のワンボックスが停めてありまして、
私と祖母が、まだ家の中にいる両親を待ってた時
祖母「今日はどっちの車で行くの?」
私「んー?私のは4人乗りだから、お父さんの車だよー!」
祖母「え??だって○○ちゃん(弟のことです)は行かないんでしょ?」
私「うん。だから5人でしょ?」

未だに祖父母・両親・私・弟という計算をしてしまう私です。
花嫁姿見せてあげたかったな。

長いのに自分だけセツナーで失礼です。
でもちょっと泣けてきちゃったよ。

216 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/09 13:12 ID:hKkUqQRB
>>206
泣ける・・。
そして水を置いたのはだんなさんか?
その優しさにもなける。

217 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/09 14:15 ID:xJ1qkjJG
>>211
それだったら、さっちゃんママが泣く必要がないんじゃないかと。

218 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/09 14:40 ID:bavvhEoZ
>>202
そりゃ、酒のつまみのピーナッツなんぞ与えていれば死ぬわなぁ。
無知でハムスターを殺したのは父親だ。

219 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/09 14:42 ID:QvfDqlom
さっちゃんは本当はずっと病気で
もう長く生きられないけど本当のことを言うと
まこちゃんが悲しむから引っ越すって嘘をついたんじゃねえのか?

220 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/09 14:49 ID:55nI6uoM
ハゲドウ

221 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/09 14:55 ID:X2RxZ5Mo
死ぬ日まで判るんものなのかな?

222 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/09 15:04 ID:MZYI5n3z
>>214
切ない気持ちわかるよ。
私も、愛犬が死んで2年位になりますが
夕方になると散歩行かなきゃ!って一瞬思うもん。

223 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/09 15:55 ID:SK5C1v3t
>>222
俺は20年たったいまでも
散歩に連れて行かなきゃ、ってあせる夢を見る

散歩をめんどくさがってたけど、あいつが若死にした時すごく後悔したのをまだひきずってる。

庭に戻りたくないよぅってすごくふんばってたのに
いつも無理矢理ひきずりこんでつないでた。

もっと外で遊びたかったんだよな、ごめんな
天国ではくさりになんかつながれてないよな、自由に遊び回っててほしいい


224 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/09 20:09 ID:a3nA/a7H
犬猫ネタ禁止ー!ヽ(TДT)ノ ウワァァン!!
うちの猫チャソは長生きするからいいや。あと30年ぐらい生きるもん・・・!


225 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/09 20:21 ID:bf8XCz0f
>>211
そのコピペにそこまで意味はないんじゃないかと……。

226 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/09 21:21 ID:tPawyBNF
>>219
心臓とかがポンコツだったんかな…
池沼なのかと思ってた

227 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/09 23:30 ID:fvNAW37P
レスを読んでるといちばん共感するのが
親の老いを感じるエピソードだな。

まだ学生で、しかも資格をとりたいがために
留年してしまい、まだ将来はハゲシク不安定なオレ。

早く職に就いて初めての給料で両親に何か贈りたい。

228 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/10 00:24 ID:deNlq6pN
>>201
この手の話を聞くと、返せないでいるレコードのことを思い出してしまいます。
中学時代に借りたビートルズのレコード。
高校、大学と離ればなれだったので返す機会を逸していたんですが、ある朝、
新聞を見ると飛行機事故の犠牲者に彼の名前が載っていました。

お悔やみもかねて彼の実家の近くまで行ったのですが、かなり大きな事故だった
ため、報道関係やら何やらでごった返していて、持参したレコードは返せないまま
になってしまいました。

レコード・プレーヤーもなくて、彼から借りたレコード自体はもう聞けないけど、
テレビやラジオで「ヘイ・ジュード」を耳にするたび、樺太上空に散った彼のことを
思い出します。

229 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/10 01:20 ID:qE0gt3Qc
>>207
就職したら、墓参りに行って報告してあげたらいいと思う。
多分>>207のばあちゃんも喜ぶぞ

230 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/10 05:11 ID:r0wATGIe
私が上京してから、いつも「おとうさんも東京に遊びに行こうかなー」と言いながらも、
大酒のみで酔っ払っては家族を困らせる父親にわたしは冷たかったので、父親は
東京に一度も遊びにきたことがなかった。

でも妹が上京する引越しの日、父親は引越しの手伝いと称してついに東京に遊びにきた。
わたしと父親はいっしょに妹の部屋へむかった。妹の部屋は駅から徒歩15分。
雨がふってきていたので、早足で歩くわたしに対して、父親はちょっと歩くと、
「みてみな、きれいなあじさいが咲いてるよ」
「猫がいるよ」
と、なにかと理由をつけて立ち止まる。
わたしは「娘と会話がしたいのかな」と思っていたんだけど、父親は途中にあった階段を一段一段、
ゆっくりしか降りれず、ついに立ち止まってしまった。
そこでわたしは、「脚が痛いんだ」と気付いた。
「歩くと脚がいたくなる」と聞いてはいたけど、まさかそんなにひどいとは思わなかった。
まだ52歳だったし…。
「さきにいってていいよ、あとからゆっくりいくから」
と、明るく振舞うを見て、きゅうに父親が小さくなったように見えた。

あれ以来、おとうさんは東京に遊びにきてない。

231 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/10 05:35 ID:MsiBkOcU
両親が老いたのに気づくのって切ないよね…
できれば前よりちょっとだけ優しい言葉をかけてあげてください…

232 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/10 07:12 ID:faQ4jNTL
盆と正月しか田舎には帰らないんだけど、両親の背が小さくなったなぁと
思う瞬間があって、そのたびに憂鬱というか、不安になるなぁ。
中学の頃チャリ通してて、仕事帰りの親父がよく軽トラの荷台にチャリを積み上げてくれてた。
でももう今はチャリを抱えあげて、荷台にのせられないんじゃないかなぁ、と思う・・・。

丁度今就活中で、田舎に帰るべきかどうか悩み中。
家族は「お前がやりたいことをやればいい。家のことは気にしないで」って言ってくれてるけれど、
たぶん本心は「地元にでもいいから帰ってきてくれたら」なんだと思う。
どうしたものか・・・・

切ない話じゃなくて申し訳ない。

233 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/10 08:12 ID:srsm1k9k
>232
ご両親のどちらかが亡くなったら地元に帰ると良いと思う。


234 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/10 10:15 ID:P6vWLwok
>>232さん、親御さんの本当の願いはやっぱり、
「元気にしてる」
これだと思うのです。なので、やりたいことを優先するのがいいかと。
生き生きしてるのが最高の親孝行だと思います。
盆暮れ正月に顔見せて、たまに電話すればきっとそんなに寂しくないよ。
「ご飯食べたよ」「楽しいよ」「ありがとう」
って。
自分の夢とご両親のことで悩んでしまうようなあなたの優しさ、きっと伝わるよ。

235 :わからないものだ:04/04/10 13:27 ID:YXaGMsep
俺は、小さい頃から古武道を習い、喧嘩は強かった。高校卒業間近に、高校の不良グルー
プの男と女に、彼女をレイプされた。俺は切れてしまい、古武道をしている仲間と仕返し
をした。古武道は武器を使うので、ナイフなど敵ではなくボコボコにし、不良グループの
女のリーダーは俺がレイプし、しっかり中出しした。卒業後レイプした不良女から妊娠し
たと連絡があり仕方なく結婚した。ケバい化粧を落せばかなりの美人で、俺に従順でしっ
かり物の妻になり、元不良とはとても思えない。まさかレイプした不良女が妻になるとは
、人生わからないものだ。

236 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/10 13:34 ID:h6og7XFG
つまんねーコピペ貼るなよ( -д-) 、ペッ

237 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/10 13:55 ID:NtjnRs4G
3年前、父が倒れたときのこと。

朝早い仕事で、いつものように出勤したそうなんだけど
すぐに戻ってきちゃったんだって。
フラフラして足元がおぼつかない、回らない呂律、嘔吐。

病院に行ったら、さらに大きな病院に搬送されて、緊急手術。
一人暮らしをしていた私は、有給をとってすぐに帰省しました。
いろんなチューブがついていた父は、知らない人みたいだった。

意識はとりあえずあるけれど、言葉はまともに喋れない。
どうしたら良いか分からず、母に促されて、手を握る。・・・暖かい。
握り返すと、応えてくれる。思いのほか強い力で。
父と手を繋いだのなんて何年振りなんだろうと思うと、
悲しくて切なくて、涙がボロボロと零れた。

回復の兆しがみられたりもしたけど、1ヶ月後位に亡くなってしまいました。
苦手な人でもあったけど、もっといっぱい話をすればよかったな。

あまり纏まってない文章でごめんなさい。

238 :きみなみきくなみく:04/04/10 17:49 ID:GYUKwdnZ
らもになんよになまんにま

239 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/11 02:29 ID:8osnMQtE
>>235
(´д`) ホゲェ〜

240 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/11 03:33 ID:WMpGkoG0
小学校2年生の時の話。
私の家は母子家庭でその当時生活保護をうけていて超貧乏でした。
済んでいるのも文化アパートでした。多分身なりもソレ相当の感じだったと思う。

毎日公園で会う遊んでいる友達に
「今日誕生日パーティやるんだ!○○ちゃんも来る?来て欲しい!」と言われ
「今日誕生日なんだ!そっかーおめでとう!私なんかが行っても良いの?」というと
来て欲しい!ぜひ来て欲しい!というので嬉しくて行った。

行った先は綺麗な1コだての家だった。
すると家の前でお母さんに「あれ、君は誰かなー?」と言われて
「招待状持ってきたー?」といわれた。無いと答えた。「じゃあプレゼントはもってきてるかなー?」と言われて
無かったので無いって答えた。
友達は「ねぇ○○ちゃん(私のこと)も一緒にパーティーしたいよう、いつも公園であそんでるからー」
と頼んでいた。

するとそのお母さんはその子を奥にやって私に
「いい?誕生日会に参加するには招待状が必要なの。わかる?あなたは無いから入れないの。
それにね、プレゼントも持たないで誕生日会に来ちゃだめよ?わかる?わかったら早くおうちに帰ってね
誰でも来れるってわけじゃないんだから」
と言われた。
素直に帰ると後ろで「ほんとにもう,あんな汚い格好でよこす親の顔が見てみたいわ」とぼそっと聞こえた。

その日帰って私は寝どこでその事をお母さんに話してしまった。
するとお母さんは泣いてしまった。泣いてしまった時に、こんな事話すんじゃなかったって思った。
貧乏な事で我が子がそんな風にみられたんだって悲しんだのだと思う。
その事を思うと切ない。

でもまぁ、私はまだ子供を持つおやじゃないからわからないけど、
娘の誕生日会に公園で知り合っただけの泥だらけの子供がやってきたらそらおいかえされるよな・・・。
でも、娘が「この子を呼びたい」って来たら、私は入れて揚げようと思った。(ていうか誕生日会って今だに行われているのか!?)

241 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/11 03:42 ID:gz1ZAGVQ
素朴なギモン。「文化アパート」って何ですか?>>240
そういう建物名で、その地区では有名なところなんだろうか?
あと、改行と誤字をもう少し考慮していただけると、
素直に感動できるかもしれないんだけど。

242 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/11 03:46 ID:/LMUWaPz
>>240がそんな大人に育たなくて良かったね。
自分がしたことはどんな形ででも自分に返ってくると思う。幸せになってね。


私も少しだけ似たようなことがあったんだけど、町の名士の娘として生まれた母が
かっこよくて肉体労働で生計を立てる父を好きになって結婚した。
私が中学生になった時、学校でできた友人に
「お母さんに"あの子と友達になってだいじょうぶ?お父さんの職業考えたらあの子の家○○じゃないの?"と言われた」
と言われ、それをそのまま母に言ったら泣いてしまった。
私自身は○○でも何でもいいので気にしなかったけど、母には言うんじゃなかったと激しく後悔した。
私も子供を父親の職業で判断する大人にはなりたくないと思っている。

243 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/11 03:52 ID:VM70/lgz
>>241
文化住宅
で検索するとイイかも。

写真集も出てるyo!


244 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/11 05:08 ID:WMpGkoG0
>>241
すいません、夜中お酒飲んでいた物で誤字が多かったですね。

文化住宅というのは何件も軒をつらねたアパートのようなものです。
今じゃあまり見なくなりましたね。
当時は結構あったんですが。
きちゃないアパートみたいなもんです。


245 :240:04/04/11 05:21 ID:WMpGkoG0
それから当時生活保護をうけている超貧乏だったのですが、
別れた父親がバブルの追い風もあり、設立した会社が大きくなったので
私と母に家とバブル期の高い家具一式と揃えてくれました。

私が成人するまで毎月50万の仕送りと
私と弟の大学までの養育費等をだしてくれたので
その後金銭的に苦労する事はありませんでした。

お風呂がないお家に住んでいたことや、テレビが無かった事、
生活保護をうけていたので病院、バスなどはただだったこと
そんなのを経験してる上に
いきなり社長の父からいらないというのに小遣い桁違いの額で貰ったりしていたものだから、
落差があって変でした。

今でも上層階級のわけのわからない見た目だけのプライドの固まりみたいなものにすごく嫌悪感があります。
(綺麗な豪勢な家に住んでいるのに食事が貧しい,とか、
高いブランド物の服を着ていたりだとか)

246 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/11 05:57 ID:gz1ZAGVQ
>>243
ありがとう、検索をかけてみたらなんとなく解った。西日本特有の呼称なのだろうか。
同じようなものは東京にもありそうだけど、その名前では聞いたことがないので。

>>245
事情はよく判りました。昔のことに関しては大変だったね、というしかないんですが…
最後の2行はちょっと???だったりします。
それは各人の価値観の問題で、お金を食事にかけるか家や衣服にかけるかは自由なのでは。

247 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/11 06:01 ID:9MlXetYd
>>246
それは245の価値観の問題で、どんな価値観をもとうが自由なのでは。

248 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/11 09:19 ID:CjAuEzYk
なんか重箱の隅をつつくような、流れを読めない痛いヤツがまぎれこんでるな

249 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/11 09:28 ID:X9CZdPNZ
母方の祖母の13回忌で祖父の家に行った、なんだか祖父がちいさくなってた
小学生の時に釣りに一緒にいったときなんかすっごく大きかったと感じてた
帰る時にふっと「もうじいちゃんとはあえないかも?」と思った
去年の盆、俺は仕事で帰省できなかったが母はむりやり帰省させた
(俺が行かないので嫌がったのだが)
その秋・・・じいちゃん永眠・・・・・
母を帰省させておいて良かったと思っている

250 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/11 10:23 ID:ymuGglFn
うちの叔父はわけあって絶縁状態になっている。
風の噂では、家を購入したものの、個人でやってた仕事が不景気でうまくいかず、
妻と子供に捨てられ、家もとられ、アパート暮らしをしているらしいとのこと。
叔父は、母や叔母たちにものすごい陰湿で最低な嫌がらせを延々し続けてきた。
それは私たち姪にも及んだ。昔はとても優しかったのに、結婚相手のせいで
かわってしまい、こんなにも人間は最低な生き物になれるのかって言うぐらい
とにかくひどい人になった。
だからのたれ死んでようが、何されてようが、私は助けてやる気もないし、
自業自得だと思っているのだが、親戚が集まった時、叔父のことを心配そうに
話す母や叔母たち見てると「あんなことされてるのに、やっぱり心配なんだな」と
せつない気持ちになる。

251 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/11 10:44 ID:d+3UUv+c
血を分けた兄弟だと、ね

252 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/11 19:42 ID:Q8Xrf6J4
今日図書館に行ったら、小学生高学年か中学生くらいの女の子がいた。
あとから、図書館のIDカードの名前変更するために来たらしいと分かったけど。
司書さんとのやり取りの中で聞こえたのが、

「両親、事情があって離婚したからで苗字が変わったので
(だからIDカードの名義を変えてください)」

もっとあなたが幼かったら、親と一緒に来ただろうに。
もっとあなたが年を経ていれば、言いたくないことは言わないで済ませるものを。

なぜか切なくなってしまった。

253 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/11 20:18 ID:kAJNH35V
母の妹=叔母の結婚相手がどうしようもないDV亭主で、
叔母も従姉妹もいつも痣だらけだった。
母娘3人揃って前歯がなかったこともあった。
どうしたの?と聞いたら(当時私はまだ小学生で事情を知らなかった)
「叔母さん歯が弱いからね、梨を食べたら前歯が折れちゃったのよ」
「でも、美紀ちゃんと由佳ちゃん(従姉妹、いずれも仮名)もないのね」
「2人とも虫歯でやられちゃって昨日抜いて、今度挿歯にするの」

淋しそうにそう答えた叔母の気持ち、そのときはわからなかったけど、
思い出すとせつなくなる。
子供とはいえ、なんて酷い事を言っちゃったんだろうと思う。

254 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/11 20:57 ID:iuxj84G4
>253
その後叔母さんたちがどうなったか気になりますが。
まさかいまだにひどい目に・・・(-_-)

255 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/11 22:08 ID:y9ZRGm7u
>>250
>>253
先祖供養してますか
もししていなかったらお水一杯でよいですのであげてください

256 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/11 22:15 ID:AfWsjmV8
この前、バイトで区役所に行ったら職員がやたら慌ただしい。
赤ちゃんの出生届なんだけど、その赤ちゃんが「捨て子」だそうで
「名字どうしようか〜」とかバタバタしながら話してた。
色んな人生があるもんだ・・・



257 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/11 23:10 ID:NPwlgRCQ
ドレッドいいキャラ

258 :257:04/04/11 23:10 ID:NPwlgRCQ
スマン、誤爆った・・・・_| ̄|○

259 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/11 23:11 ID:bbleH8Pu
>257-258
うーん、切ない思い出だne!

260 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/12 05:12 ID:IRzbkdZw
「ドレッドいいキャラ」が気になる・・・

261 :257:04/04/12 07:45 ID:SuGWXZmz
>>260
昨晩やってた洋画のSPEED2で最後のほうに出てくるドレッドヘアの兄ちゃんがいいキャラだったので・・・・_| ̄|○

262 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/12 12:38 ID:g4zxmdQ/
>>255
250です。してますよ、先祖供養。頻繁に墓参りしてますし。


263 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/12 13:33 ID:IRzbkdZw
>261
わざわざサンクス!

264 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/12 14:35 ID:6krx1RGi
俺が小学生の低学年の頃、仲が良かった女の子が突如転校することになった。
お別れ会もして、涙ながらに別れてから4〜5ヶ月後、
なぜかその子がまた転校してクラスに帰ってきた。
それはそれで俺たちは嬉しかったんだけど、
帰ってきたその子はバツが悪そうな微妙な表情だった。
その表情を思い出すたびに切なくなる。

265 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/12 16:11 ID:PP4CEkPt
幼稚園の時、弁当を持っていく日のこと。
隣のK君を覗いてみると弁当箱一面にアンコが敷き詰めてある。
その下にはご飯が詰まっているらしい。弁当箱を前に嬉しそうなK君。
「K君すごいねオハギだねっ!ちょっと見せてっ!」
とK君の方に身を乗り出した時、ランチョンマットの端に手を引っ掛けてしまい
それに引きずられて弁当箱が床へ・・・。
茫然と足元に散らばったアンコとご飯を見つめるK君。見る見るうちに目に涙が。
自分も一緒になって大泣きした。
その後、K君のお昼ご飯がどうなったのかは全く憶えていない。


266 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/12 16:26 ID:aA1ZrkJ6
じゃあ、おれも弁当がらみで。

中学の修学旅行の時、新幹線の中でうなぎ弁当が出た。
「うなぎ嫌いだから食べて」と隣の席のやつが言い、
ひとつ残らずうなぎを私の弁当の上に載せた。
うなぎのなくなった、うなぎ弁当は見るのも辛い。
「一口でいいから食べてごらんよ」と説得してみた。
すると、「美味い! ごめん、返して」と言いながら、
やつは自分のうなぎを取り戻しにかかった。
余計なことをしてしまった。


267 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/12 16:35 ID:VxBBRvEP
>>266
アニメ燃えるおにいさんのすき焼きの回を思い出した
牛さんは友達だから食べられない→親父が無理矢理食わす→うまいと感激
→肉を思いっきり食い出す→親父、肉を食うのを阻止し始めるw

人間ってそんなもんだよなぁ(・∀・)

268 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/12 20:00 ID:ABiDwifX
>>262
そうでしたか
失礼いたしました

269 :おさかなくわえた名無しさん:04/04/12 21:31 ID:l/HBp8fE
小学校低学年のころ、友達がぜんぜんいなかった。
遠足のお弁当を一緒に食べる人がいなくて、一人でシートを広げて食べてたら
走り回るクラスメイトが跳ね上げた砂利が、食べかけのサンドイッチに
かかってしまい、半分しか食べられなかった。
クラスメイトはそのまま走り去ってしまった。
誰に怒って良いのか分からずにそのままふたを閉じた。
和風好みの我が家では、サンドイッチは誕生日なんかに作ってもらうものだったし、
お母さんにねだって作ってもらったのに・・・と思っても言う相手がいなくて
その時点で初めて悲しくなった。


当時は特に何も考えなかったけど、なんか寂しい子供だったなあと思う。
そのあと、友達付き合いとはどうやるのか、をクラスメイトを観察しながら
一つ一つ心の中のマイルールブックに書いていった。
(謝り方、誘い方、お喋りの仕方・・など)
書き溜めるうちに友達も出来ていって、今は普通に友達がいるけど、
マイルールブックが無さそうでも友達がいっぱいいる人が
不思議でたまらなかった。


332 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)