5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

女しか産めない夫婦は生きてる価値なし

1 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:06
昔なら打ち首。
肉便器娘ばっか製造するなよ(_・)ぷっ

2 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:09
はげーーどう

3 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:10
学級崩壊の元は、男子が多いですな。
社会のゴミ、役立たずヒッキーも。(藁

4 :壺[6段] ◆Galaxy9UUU :04/02/20 13:10
4げと

5 :ガブリエル ◆5SlyEtS7j2 :04/02/20 13:11
┐( -=・=-д-=・=-) ┌ < んじゃ5げと

6 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:11
最近って男の子の出生率下がっているの?
もし下がっているなら男の子産みたいな。

7 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:11
せっかく産んだ娘も

男たちの肉便器になるに過ぎないなんて

可愛そう

8 :ガブリエル ◆5SlyEtS7j2 :04/02/20 13:11
┐( -=・=-д-=・=-) ┌ < 1さんだけひっしだね

9 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:12
こんな国で子ども産むなんて子どもが可哀相。
来世良い国に生まれたら沢山産むまでとっておこう。

10 :ガブリエル ◆5SlyEtS7j2 :04/02/20 13:13
┐( -=・=-д-=・=-) ┌ < たくさんうむの? えらいね

11 :ガブリエル ◆5SlyEtS7j2 :04/02/20 13:14
┐( -=・=-д-=・=-) ┌ < たくさんうんだらいっぴきちょうだい

12 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:15
そんな事より、聞いてほしい事があるんだ。
お父さんとおかあさんが事故で2年前に死んだんだ。
当時俺は高校受験を目前にしていた。
本当にがんばったよ、寝る暇なんてなかったよ。
なのに、お父さんとお母さんが死んじゃった。
身内は他にいない。
形ばかりの葬式の後にわかったんだけど、かなりの借金もあったんだ。
僕には兄弟もいない、親戚もいない。
もう受験どころじゃなかった。


13 :ガブリエル ◆5SlyEtS7j2 :04/02/20 13:15
┐( -=・=-д-=・=-) ┌ < ほう

14 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:20
親は金がないから近所の公立に俺を入れたがった。
でも俺はどうしても行きたい私立高校があった。
先生も必死に親を説得してくれた。
俺はその私立高校に特待入学をするつもりでいたんだ。
金も、学歴もない親に、あばら家で育てられて俺はもううんざりだった。
俺はこの人間たちみたいにはなりたくなかったんだ。

15 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:21
その後は?

16 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:23
もちろん塾に行く金なんかないから、自分で問題集を解いたりして勉強した。
クラスの親切な子が塾の問題集をコピーしてくれる事もあった。
俺は死ぬ気でがんばった。
俺はいい学校に行って、エリートになりたかった。
親のようなうじ虫人生だけは生きたくなかった。

17 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:24
で?

18 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:26
試験まであと1ヶ月、俺は目の下にメンタムを塗って遅くまで勉強をした。
大きく下品ないびきをかいて寝てる親が襖の向こうにいる。
襖一枚向こうには親がいる。こんなプライバシーもない生活ともあと数年でお別れだ。
俺は自由で贅沢な生活の為のパスポートを入れるためにとひたすら勉強をした。

19 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:27
余談だけど目の下にタイガーバームは痛すぎて目が開けられなかった。
当然勉強にならず寝た。

20 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:29
>>6
確か昔から出生率は男の子の方が多いはず。
ただ、その後死亡する(男の子の方が弱いらしく)
事が多くてそれで均衡を保ってたのに
医療の進歩で男の方が増えてるんだそうです。

そんな私は3人産んで全員女の子だ。
打ち首か?別にどうでもいいけど。

21 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:29
それから?

22 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:30
クラスの親切な塾の問題集をコピーしてくれる子には
「受験が終わったらお付き合いしてほしい。」とも言われた。
大会社の娘だ、俺は断らなかった。
確かに彼女はかわいい、それ以上に彼女と親密になっておけば将来必ず役に立つ。
もしもの時はコネを使わせてもらおう。俺は薄汚れているかもしれない。
しかし、これも親が全部悪いんだ。その時はそう思った。

23 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:30
ノイローゼか?

24 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:31
それから?

25 :壺[6段] ◆Galaxy9UUU :04/02/20 13:31
1って輪廻転生を信じている人なんだね〜

26 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:31
もうぼちぼち親が死んだ時の時代へ戻ってくれないかな・・・

27 :壺[6段] ◆Galaxy9UUU :04/02/20 13:32
>>22
続きは?わくわく♪

28 :壺[6段] ◆Galaxy9UUU :04/02/20 13:32
あ、sage忘れてた。ごめんごめん。

29 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:32
受験まであと1週間、例の彼女に呼び出されてキスをされた。
「受験がんばろうね。」今の俺には彼女の顔が大きな大会社のビルもしくは
大きな高級マンションや諭吉にしか見えなかった。
俺の野望は受験に受かってからがスタートだ。
俺はすぐに家に戻り、勉強を始めた。
その時、けたましく電話のベルが鳴り響いた。

30 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:33
まだーーーー????

31 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:33
どきどき?

32 :壺[6段] ◆Galaxy9UUU :04/02/20 13:34
それでそれで?わくわく♪

33 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:34
ワクガク(w

34 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:35
「○×さんですね?お父さんとお母さんが病院に運ばれましたが昏睡状態で・・」
俺は最後の方は殆ど聞き取れていなかった。
親が死にそうな事がショックなわけじゃない、受験まであと1週間。
どうしてこんな大切な時に、うじ虫が俺の邪魔をするんだ?
俺は怒りを通り越していた。

35 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:35
うちは可愛い娘が3人います。幸せです。
まぁ産まれた子どもは可愛いものよ♪


36 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:35
ちょっと一服してくる。

37 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:36
フムフム・・・

38 :壺[6段] ◆Galaxy9UUU :04/02/20 13:38
私もお茶入れてくる。

39 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:39
すぐに担任から電話が来た。
どうやら学校にまで連絡してくれたらしい。
まったく迷惑だ、この忙しい時に学校だって生徒の進路問題で忙しいんだ。
担任が来るまで俺を迎えに来た。
だから仕方なく親が収容されてる病院に向かった。
病院は2つも向こうの市だった。

40 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:40
コーヒー入れてきました。アップルパイも(合わないって言うなw)


41 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:41
>>40
カロリー高くなるが、温めたアップルパイにバニラアイス添えは秀逸。

42 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:42
せんべい齧って待ってるよん♪

43 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:42
早送りしたい・・・。
アップルパイ手作りだよ。美味しいよ、これだけは。

44 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:42
>>41
(゚д゚)ウマーだね
昔、英会話のおじいちゃん先生に教えてもらったよ

45 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:42
病院には警察も来ていて俺を待っていた。
うじ虫らしい事故だった。
警察は二人いて、一人が止めるのもかまわず、もう一人が事細かに
事故の状況を説明してくれた。
担任はただ黙って下を向いて聞いていた。
俺は一時も警察のから目を話さず怒りに震えながら話を聞いた。

46 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:43
>>41
勿論だよ。至福のひと時。

47 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:44
自分で卵サンドイッチつくって食べたら
おいしかった。 サンドイッチする重しは辞書にしたの。

48 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:44
くっそーーーーーー!!!!


49 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:45
今日はお天気が良いね〜
ポカポカしてるよ〜

50 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:46
そだね〜。お布団ほかほかだね。干してないけど・・・?

51 :壺[6段] ◆Galaxy9UUU :04/02/20 13:46
これまでのまとめ
>>12>>14>>16>>18>>22
>>29>>34>>39>>45


52 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:46
ポカポカどころか、暑いよ〜

53 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:47
もう春本番近し!ってところかしら〜♪

54 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:47
>>51
お疲れ様!!

55 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:48
「あなたの御両親が事故をおこしたのは○○橋といいまして・・・」
その橋の名前は中学生の俺でも、知っている有名な橋だった。
橋を挟んでラブホテル街と住宅街があった。
事故当時ラブホテル街方面から、うじ虫の車は住宅街に向かっていた。
母親は下半身裸だった。
ハンドルを大きく川に向かって切ったのは助手席にいた母親だった。
警察はまるで通常の事故について説明をするかのごとく、たんたんと
顔色一つ変えず話した。

56 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:49
うじ虫は俺に何か恨みでもあるのだろうか?
どうして有名私立の受験を、一週間後に控えている俺の
足手まといになるような事をしでかしてくれたんだろう?
俺の受験はどうなるんだ?
頭の中はうじ虫の容体より、受験の事でいっぱいだった。


57 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:50
あ〜でもそろそろ花粉の季節
うちゅだわ

58 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:51
テキストに打って推敲して1時間後に全アップというわけにはいかないかなあ。

59 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:52
女の子〜女の子〜♪

60 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/20 13:53
で、じゅけんどうだった?

61 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:53
ここフッションの新しいスレ???

62 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:54
この事件の事は、翌日には学校中、町中で有名になっていた。
そして4日後にはそのまま、うじ虫は息を引き取った。
こうなると受験どころではなくなってしまった。
他に身寄りもない、うじ虫のために俺は一人で葬式の手配やら
なにやらしないとならなかった。
病院に俺を連れて行ってくれた日から、担任は俺に一言も口も聞かない。
きっと俺の事まで軽蔑してるに違いない。
受験当日、俺はずっと部屋で泣き明かした。
みっともないくらい泣いた。
悲しいのは、うじ虫の死じゃなくて、崩された俺の未来についてだった。


63 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:55
それから?

64 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:56
翌日からは、ワイドショーや週刊誌が面白おかしく
うじ虫の事件を囃し立てた。
アポ無しのインタビューも来た、俺は家から一歩も出られなくなった。
学校もしばらくは来ないでくれと、校長から電話があった。

65 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:58
そんでもって

66 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:58
ありえねぇ〜〜〜〜〜

67 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:59
3週間した辺りには、また違う事件がおきて世間は面白おかしく大騒ぎして
俺に降りかかった、うじ虫の死なんか誰も気にしなくなっていた。
俺はおそるおそる学校に登校してみた。
しかしそこは、俺が居てはいけない雰囲気で満ちていた。
誰も俺と目も合わそうとしない、だれも話をしようともしない。
まるでお通夜のような教室だった。

68 :名無しさん@HOME:04/02/20 13:59
まっ落ち着いて。

69 :名無しさん@HOME:04/02/20 14:00
>>1
明治は遠くなったな・・・

70 :名無しさん@HOME:04/02/20 14:03
俺に気づいた担任が、「ちょっといいか?」と俺を教室から連れ出した。
連れて行かれたのは校長室だった。
そこには、校長、生徒指導の先生、保健の先生が待ち構えていた。
そこで俺は、メンタルの話に始まり、マスコミの事やうじ虫の事などを聞かれたりした。
そして最後に切り出されたのが、進学の事だった。

71 :名無しさん@HOME:04/02/20 14:07
もう秋田

72 :名無しさん@HOME:04/02/20 14:08
「進学の事だが・・・」と切り出したのは校長だった。
「進学の事はここにいる先生方や多くの他の先生や色々な方と相談したんだが
 どうかね?地元の○○高校を受験してみたら?」
俺は愕然とした。
もう希望の学校を受験するのは無理だとは思っていた。
しかし校長が俺に進めたのは、地元でも問題児の多いレベルの低い工業高校だったんだ。
俺は成績なら誰にも負けないし、更に努力もした。
なのに、世間は俺にうじ虫の不祥事の事で厄介者払いをしようとするのか?
うじ虫の落とし前を俺に付けろと言うのか?
俺は、何も信じられなくなっていた。

73 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/20 14:09
事実は小説より奇なりなのか・・・

74 :名無しさん@HOME:04/02/20 14:10
しかし進学の心配はその後、もうしなくても良くなった。
俺は高校になんか行かなくても良くなった。
正確には、高校になんか行ってる場合じゃなくなっていた。
うじ虫はあちこちの金融会社や、友人に金を借りまくっていた。
口約束とは言え、自分が払えなかったら息子が返すなんて事まで言っていた。


75 :名無しさん@HOME:04/02/20 14:10
暇塵でしょ

76 :名無しさん@HOME:04/02/20 14:11
今思えば、親の借金は子供に返済義務は無いとか
弁護士を立てればとか思いつくだろう、しかしまだまだ幼かった。
大人の言うがままに、俺は中学の卒業を待たずに仕事をさせられた。

77 :名無しさん@HOME:04/02/20 14:15
俺が送り込まれた場所は何十人という男が雑魚寝して、風呂なんて3日に一度しか
入れないような所で集団生活をさせられる、日雇いの現場だった。
俺はびっくりした。教科書で、むかし炭鉱で働く人たちがいて
不潔な生活を大人数でしていたと勉強したが、現代にまだこんな職業があったのかと・・・
俺には選択肢は無かった。うじ虫が残した借金のために5年ここで働けと言われていた。

78 :壺[6段] ◆Galaxy9UUU :04/02/20 14:17
これまでのまとめ
>12>14>16>18>22
>29>34>39>45>55
>56>62>64>67>70
>72>74>76>77

(>の数が多杉ますと投稿の際に表示されたので
やむを得ずレスアンカーがこんなことになってます)



79 :べんじょむし ◆WC.1tHu..6 :04/02/20 14:19
( OдO)へ<くるまんなかでなにやってたんだかよくわかんねーおりってばか?

80 :名無しさん@HOME:04/02/20 14:19
>壺さんお疲れ様!!

81 :名無しさん@HOME:04/02/20 14:22
俺は毎日暗いうちから起こされて、また暗くなるまで
過酷な労働を強いられた。
そんな中でも、毎晩宙を指でなぞり漢字や数式を描いた。
いつかここを出たら出直そう、うじ虫の尻拭いが終わったら
今度こそ黄金人生を築き上げよう。そう思って
覚えてきた事を毎日復習して、忘れないようにした。

82 :名無しさん@HOME:04/02/20 14:26
ある日、現場の責任者に連れられて担任がやってきた。
「お前の卒業証書だ。」
言葉少なく俺に手渡した。
卒業証書の俺の名前が少し滲んでいた。
「ごめんな、先生の涙で滲んだんだ、何もしてあげられなくてごめんな。」
担任はそこで泣き崩れた。
俺は生まれて初めて人間に対して感動の涙を流した。

83 :名無しさん@HOME:04/02/20 14:29
普通なら中学生の子供が居なくなれば事件の一つにもなりそうなものだが
世間には裏の裏があって、俺の事なんて警察も聞き流して相手にしてくれなかったそうだ。
担任は何度も、警察に足を運んだが終いには校長に圧力がかかり、それさえもできなくなった事。
ここを探すまでには、今まで知らなかった世界の人間と話をしたりして聞き出して来た事。
担任はすべて話してくれた。

84 :べんじょむし ◆WC.1tHu..6 :04/02/20 14:29
( OдO)へ<えーと・・・・ま、いいか

85 :名無しさん@HOME:04/02/20 14:32
帰り際、人目を忍んで担任が俺に封筒を渡した。
そして耳元で言った。
「これで逃げろ。誰もしらない場所に逃げろ」
担任は何事もなかったかのように、帰っていた。

86 :名無しさん@HOME:04/02/20 14:34
その夜、俺はこっそり封筒の中身を見た。
封筒には20万円が入っていた。安月給の担任にとってこれがどのくらいの
大金なのかは想像がついた。
俺は、逸る気持ちを抑えてその夜から逃げる為の計画を念入りに考えた。

87 :名無しさん@HOME:04/02/20 14:35
またちょっとだけ、面白くなってきたかも・・・?

88 :名無しさん@HOME:04/02/20 14:36
早送りキボン

89 :名無しさん@HOME:04/02/20 14:38
決行は1ヵ月後、このタコ部屋から逃げ出す為に
どんな道順で、どう逃げるか。
何度もシミレーションして練り上げた。


90 :名無しさん@HOME:04/02/20 14:38
休憩にはいります。

91 :名無しさん@HOME:04/02/20 14:39
同じく。

92 :名無しさん@HOME:04/02/20 14:54
スレタイとなんの関係があるんだよ。

93 :名無しさん@HOME:04/02/20 15:09
⊂二二二二⊃

うなぎパイ食べる?

94 :名無しさん@HOME:04/02/20 15:12
いただきます。あんがと!!

95 :名無しさん@HOME:04/02/20 15:13
このところ喪板のやつらしき人がスレを立てると必ず妨害が入るね。

96 :名無しさん@HOME:04/02/20 15:22
今日のオヤツは焼きメレンゲ。
昨日プリン作ったときの余った卵白で作った。
砂糖入れすぎて歯が溶けそうなほど甘い。
紅茶渋めに入れてなんとか食べようっと。

97 :名無しさん@HOME:04/02/20 15:23
チン☆⌒ 凵\(\・∀・) まだぁ?

98 :名無しさん@HOME:04/02/20 15:24
とりあえず2chができる生活にはなってるんだよな?
そこまで持ってくのに何レス費やすのやら。

99 :名無しさん@HOME:04/02/20 15:37
待ち人来たらず。

100 :3ソ33イ ◆Miso//oxc2 :04/02/20 15:40
−⊂ZZZ⊃

>>94さん
フランクフルトいらない?

101 :名無しさん@HOME:04/02/20 15:42
焼き鳥もあるよ。

―{}@{}@{}-―{}@{}@{}-―{}@{}@{}-
―{}@{}@{}-―{}@{}@{}-―{}@{}@{}-
―{}@{}@{}-―{}@{}@{}-―{}@{}@{}-



102 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/20 15:42
ちゃーでもしばきましょー

103 :名無しさん@HOME:04/02/20 15:44
     ジャー     ____
      ∧_∧   /__ o、 |、
     ( ´・ω・)ノ .ii | ・ \ノ
     ( o     旦| ・  |
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              ____
      ∧_∧   /__ o、 |、   
     (´・ω・ )   .| ・ \ノ
     ( o旦o    | ・  |
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


104 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/20 15:45
つ旦 AAわすれた

105 :名無しさん@HOME:04/02/20 15:47
では、ちょっと運動でも・・・
                   \      _
                 \/  ○|_| 
           |_     ○        ○/ 
           _|               \/\ 
            ○                    ○
     \/\                         | ̄    ○
        /○                        ̄|  /\
                                     \ 
_| ̄|○                                /   _| ̄|○


106 :べんじょむし ◆WC.1tHu..6 :04/02/20 15:56
↑ねんしょーけいねんしょーけい♪ってうたいたくなるな

107 :壺[6段] ◆Galaxy9UUU :04/02/20 16:04
これまでのまとめ
>12>14>16>18>22
>29>34>39>45>55
>56>62>64>67>70
>72>74>76>77>81
>82>83>85>86>89

(>の数が多杉ますと投稿の際に表示されたので
やむを得ずレスアンカーがこんなことになってます)


108 :名無しさん@HOME:04/02/20 16:07
つづきまだですか?
そろそろ夕飯の支度しなくちゃ…。


109 :3ソ33イ ◆Miso//oxc2 :04/02/20 16:16

                           \○/
                             |
                             |
                            / \
                           ○/ \○
                          <│     |>
                           / ̄|  | ̄|
                          │_| ̄|○.|

では組み体操でも

110 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 16:21
・・・これは現代の話?

111 :壺[6段] ◆Galaxy9UUU :04/02/20 16:23
   ∩___∩
   | ノ      ヽ/⌒) 早く続きを書けクマー!!
  /⌒) ●   ● | .|
 / /   ( _●_)  ミ/
.(  ヽ  |∪|  /
 \    ヽノ /
  /      / 
 |       /
 |  /|  /
 | /  | /
 ∪   ∪

112 :名無しさん@HOME:04/02/20 16:25
本当に心配しています。

113 :名無しさん@HOME:04/02/20 16:33
ど、っどうしよう。
とりあえず心配だから…

 私が続き書いておこうか!?>クマ@111

114 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/20 16:35
>>113 きぼんぬ!!

115 :名無しさん@HOME:04/02/20 16:36
えっと戻ってきました。
今から書きますので、もう少し待っててください。

116 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/20 16:37
>>115おかいり!!

117 :壺[6段] ◆Galaxy9UUU :04/02/20 16:37
   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /ノノノソノ ))》)) フッサフサ
  |    ( _●_)  ミ  心配しすぎて髪の毛が伸びたクマー!!
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/  
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)

118 :壺[6段] ◆Galaxy9UUU :04/02/20 16:38
   ∩___∩
   | ノ      ヽ/⌒)
  /⌒) ●   ● | .|
 / /   ( _●_)  ミ/ >>113>>115
.(  ヽ  |∪|  /    どっちでもいいから
 \    ヽノ /       続きを書けクマー!!
  /      / 
 |       /
 |  /|  /
 | /  | /
 ∪   ∪

119 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 16:38
どこ行ってたんだろ?

120 :マイデータ ◆MYDATAJ0tU :04/02/20 16:39
げっ!!

121 :壺[6段] ◆Galaxy9UUU :04/02/20 16:40
   ∩___∩
   | ノ      ヽ/⌒)
  /⌒) ●   ● | .|
 / /   ( _●_)  ミ/ マイデータまで来たクマー!!
.(  ヽ  |∪|  /
 \    ヽノ /
  /      / 
 |       /
 |  /|  /
 | /  | /
 ∪   ∪

122 :名無しさん@HOME:04/02/20 16:40
俺が居たタコ部屋は、プレハブ平屋でそれが二棟あった。
プレハブの裏は杉の生えている山、空き地の様な野ざらしで雑草が生い茂る中に
プレハブはあった。
そして山道があった。山道はトラックが一台通れるかどうかという感じで
反対側は崖になってた。もし、無事にプレハブを抜け出せても、その後
この山道を通ってどうやって人家のある場所まで行けばいいのか?
そしてそれはどちらの方角なのか?全く何もわからなかった。

123 :名無しさん@HOME:04/02/20 16:41
俺はとにかくここが何処で、近くに人家はあるのか?町はあるのか?
それとなく、同僚達に聞いて回った。

124 :名無しさん@HOME:04/02/20 16:43
レス来るのに2時間・・・疲れた。激しく。

125 :名無しさん@HOME:04/02/20 16:43
待ってましたよ。
            |
〜〜〜〜〜〜〜〜 | 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   >( c´_ゝ`)  |
            |
>( c´_ゝ`)     J
     >( c´_ゝ`)


            |
〜〜〜〜〜〜〜〜|〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
            |     >( c´_ゝ`)
            |
            J   >( c´_ゝ`)
                    >( c´_ゝ`)


126 :マイデータ ◆MYDATAJ0tU :04/02/20 16:45
ところで、女しか産めなくて・・・
打ち首になった例ってあるの???
検索してみるかなー。

でも、面倒だから・・・誰か、教えてちゃん♪

127 :名無しさん@HOME:04/02/20 16:47
そしてわかった事は。
俺が今居る場所はある県境にある林道の中で、2時間ほど車で下ると人家や
小さな商店があるという事だった。
ここから、人家や商店のある村までは徒歩でも行けるだろう。
問題はそこから、村を抜け出る交通手段があるかどうかだ。
しかし、いまどきバスも電車もない村もそうそうないだろう。
俺はとりあえず村まで行き、交通手段を確保して逃げる事にした。

128 :113:04/02/20 16:48
ど、っどうしよう。本物着たから書かなくていいよね。
っつうか本物はトリップつけろよ。
じゃないと
「…末永く幸せに暮らしましたとさ、めでたしめでたし」
とかつまんねーこと書いちまうぞ。

129 :名無しさん@HOME:04/02/20 16:51
ただ、そんなに大きい村じゃないだろう。
余所者は目立つ。なるべく人目に付かないようにしないとならない。
その為には、人が多く動き出さないうちに村まで行きたい。
車で2時間だから、徒歩でどのくらいだろう・・・
その時ある事を思い出した。
俺はこの敷地に自転車が10台ほどあることを忘れていた。
これを拝借しよう。これなら深夜1時に出発すれば始発の交通手段には
余裕で間に合うはずだ。

130 :名無しさん@HOME:04/02/20 16:52
続きはやく

131 :名無しさん@HOME:04/02/20 16:53
その時、脱出を決めてから半月がたっていた。
あと半月後には脱出だ、しかし、人生何があるかわからない。
俺はうじ虫の死でそれを痛感していた。だからその日から
食事に出てくる物で日持ちがしそうな物があると、必ずポッケに忍ばせて集めた。


132 :名無しさん@HOME:04/02/20 16:54
忙しいからつづき早く

133 :名無しさん@HOME:04/02/20 16:55
チーズ、パン、ジュース、おつまみナッツ、チョコレートなど
合わせたら5日は余裕で持ちこたえられるだろう。
後は無事にここを脱出するだけだ。

134 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 16:55
その後、20万盗まれたとか言うんじゃないだろうな。

135 :名無しさん@HOME:04/02/20 16:56
(;゚∀゚)=3 ドキドキ


136 :名無しさん@HOME:04/02/20 16:57
つか、トリップたのむ!

137 :名無しさん@HOME:04/02/20 16:57
>134 ハゲワラw


138 :名無しさん@HOME:04/02/20 16:57
>>133
蛸部屋でチーズやチョコ集められたの?

139 :名無しさん@HOME:04/02/20 16:57
∩ うなぎパイ食べますか?
| |
| |
| |


140 :名無しさん@HOME:04/02/20 16:59
スリル?サスペンス?
でで?

141 :名無しさん@HOME:04/02/20 16:59
決行の日、俺はみんなが寝静まるのを心臓をバクバクさせながら待ち続けた。
次第にあちらこちらからいびきが聞こえてきた。
あとは誰にも気づかれず、もし気づかれてもなんとか誤魔化して逃げるしかない。
俺は生まれて初めて、怖くて震えている。
今まで怖い物なんて無かった気がする、怖いとかそういう事をあえて考えたことが無かっただけかもしれない。


142 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:00
宮崎勤を産むのと正常な女子を産むのなら・・・
どっちがいい!?

143 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:00
わーい!
シフォンケーキ焼けた。

144 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:01
>>141
佳境に入ってきたね、面白いよ兄さん。

145 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:02
>>139
いただきます。さっきはフランクフルトもご馳走様。
美味しかったよ。あんがと。

146 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:03
,,;⊂⊃;,、
          (・∀・...)
          旦⊂ )】
           し'し'


147 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:03
俺は今だ!と卒業証書と現金の入った封筒と食料を忍ばせると
プレハブを出た。
足元がぬかっていて自転車を一度倒しちゃったけど、長時間の肉体労働をしている
やつらにはそんな音は気づかなかったらしい。
林道まで自転車を押してそこから乗って、もうダッシュでペダルをこいだ。
車で2時間なら自転車でも下りだし3時間もあればいけるか?
遅くても4時間で村に到着できるだろう。

148 :壺[6段] ◆Galaxy9UUU :04/02/20 17:04
>>146


149 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:06
>><,,,,,,,,,(゚>

サンマ食べます?

150 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:06
なんかキャンプ場に死体埋められていた事件を思い出した。

151 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:08
              ∧_∧   
             ( ・∀・)
            ⊂    つ
△旦~  旦~田 旦~●  旦~ 旦~ 旦~□ c■~ c□~  旦~ё旦~凵~旦~   ロ~旦~ @旦~旦~  
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

みなさん、お茶がはいりましたよ。

152 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:08
>>149
後でごはん食べるから、その時いただきます。

153 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:09
⊂',二',二',二',二',⊃

キュウリ食べます?

154 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:09
途中車と一度もすれ違わずに村に到着した。
まだあたりは暗い、正確な時間を知りたい。
時計を持ってない俺には、今が何時なのか見当が付かない。
自転車で真っ暗な村を走っていると2車線の、道路に平行にはしる線路を見つけた。
「あった!」しかし駅はどっちに向かって走ればあるのかわからない。
俺は辺りを見回した。標識を探さなくちゃ、きっとあるはず。
少し走ってみるか。俺は当てずっぽうの方向に自転車を走らせた。

155 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:09
チーズケーキが焼けますた つ△△△△

156 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:10
>>151
わ〜い!!お茶だお茶だ!


157 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:10
>>151
     ( (   (. )
     . -‐ ) ‐- .
    .´,.::::;;:... . . _  `.  
    i ヾ:;_´・ω・`_,.ン|
    l    ̄ ̄...:;:彡|
    }  . . ...::::;:;;;;;彡{   
    i   . . ...:::;;;;;彡|   いただきます…
    }   . .....:::;::;:;;;;彡{
    !,    . .:.::;:;;;彡j:::::::::::::::.......
     ト ,  . ....,:;:;:=:彳:::::::::::::::::::::::::::..
     ヽ、.. .......::::;;;ジ.::::::::::::::::::::::

158 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:11
もうお腹いっぱいです。みんなありがと。

159 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:11
さんま、さんま、
さんま苦いか塩つぱいか。
そが上に熱き涙をしたたらせて
さんまを食ふはいづこの里のならひぞや。
あはれ
げにそは問はまほしくをかし。


160 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:12
子供がお昼寝から起きちゃった。
もう読めないよ〜。
夜寝かしつけたら戻ってくるから、それまでに完結お願いしまつ。

161 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:13
                    ∬
           /二\ ∧∧ 旦
               ヽ(・∀・)ノ しずおか茶ドゾー〜
                 (  ) 
              /WWW\
             /   ・∀・   \ しずおかしずおか〜
           /           \
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■■  し ず お か 音 頭  ■■ 五番
http://aa3.2ch.net/test/read.cgi/mona/1067170496/

162 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:14
しばらく走ると駅があった。
小さな単線の駅だった。
小さな小屋があって改札があって、改札を抜けるとすぐにホームになっている。
本当に小さな駅だった。
俺は駅の名前より何より、始発の時間が気になった。
始発は!見ると5時20分に始発があった。
駅の時計があっていればあと20分ほどで来る。

163 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:15
それからそれから?

164 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:16
ドキドキ。

165 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:16
ちょっと怖くなってきた。
死なないよね、死んだら書き込み出来ないもんね。

166 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:16
廃線になってるに100スレタイ。

167 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:17
どうやらここは無人駅のようだ。
改札は入れるようになっているし、あと20分で電車が来るのに
駅員が一人も居ない。
俺はホームに入ると、追っ手が来るような気がして後ろばかりを気にしていた。
プァーンという音と共に電車がライトを付けてやって来た。

168 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:17
電車キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
続きが非常に気になりますなハァハァ

169 :166:04/02/20 17:18
ちっ、ハズレか。

170 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:18
追っ手が・・・

171 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:18
o-o、
('A`) メガネメガネ
ノ ノ)_


172 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:18
でで?

173 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 17:19
貨物列車の後ろにしがみつく。

174 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:19
>171
頭の上、頭の上!

で?

175 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:20
あれだ!

電車で、手錠を切るってやつだな、そうだな?

176 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:20
はやくはやく

177 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:20
俺は完全に電車が止まるのが待ち遠しくて仕方なかった。
車内は、ボックス席ばかりで、よく知ってるの横長シートタイプの
物とは違っていた。たとえれば新幹線みたいな感じのシートの配列だった。
ただシートは、そこまで高級じゃなかった。

178 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:21
トロッコ?

179 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:21
>>174
おぉまりがとう。

180 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/20 17:21
 ノノノノ
(*゜▽゜)

181 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 17:21
田舎はボックス席なんだよ!

182 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:21
ここまでカキコ期待されてる香具師もそうはいないね。

183 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:21
それからそれから?

184 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:23
電車の乗客は殆どいなかった。
殆どというか、同じ車両に一人しかいなかった。
一瞬あの人は追って?と思ったが全然しらないおばあちゃんだった。
俺はほっと一息つくと、シートに深く座った。

185 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:23
正直シートのレベルなんかどうでもいい(つか簡単に想像できるよ
田舎の単線の電車なんかよ。ボックス席で硬いシート)
話を進めろ

186 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:25
>>185
同意。田舎の列車はそういうのあるよ。珍しくもないよ。

187 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:26
それで?

188 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 17:26
彼にとっては外界に行く大事なシートだったのかも。

189 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:26
ほっ!

190 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:27
このスレにはりついてるやつ何人いるんだ


191 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/20 17:27
やっぱおばあちゃん追っ手だったの?

192 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/20 17:28
最低7,8人はいますな

193 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:29
ここで困った事が発生した。
俺は無人駅のシステムを知らなかったんだ。
知ってれば、駅でちゃんと近くの大きな駅をチェックしといたのに。
車掌が、俺の方に向かって歩いてきた。
「どちらまで?」
ここで駅名が言えないとかなり怪しい。
俺はうわずってどもりながら「終点まで」と言うのが精一杯だった。
駅員はチラっと俺の顔を見たが、すぐになにやらハンディータイプの
機械のような物に何かを打ち込んだ。するとそこから切符が出てきた。
俺は封筒から1万円を出して車掌に渡した。
車掌はポッケからつりを出すと俺に渡して、また車掌室に戻っていった。

194 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:30
で、で?
機械ってことはそう昔のことではないんだ・・・。

195 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:30
うんうん。

196 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/20 17:31
うんうん

197 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:31
うんうん

198 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:31
>>190
ごめん、つい他スレで宣伝してきちゃったから
けっこう多いと思うよ。

199 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:31
二年前のことだよね。


200 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 17:32
終点は港のある駅?

201 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/20 17:32
>>194 最初のほうのカキコ見ると2年前・・・で始まってるからねぇ
てことはいままだ20にもなってないってこときゃ。

202 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:32
みてるやつはみんなあいづちうて

203 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:32
>>185
まあまあ、リアリティーを出すためには
修飾は不可欠でっせ。

204 :壺[6段] ◆Galaxy9UUU :04/02/20 17:32
これまでのまとめ
<前半>
>12>14>16>18>22
>29>34>39>45>55
>56>62>64>67>70
>72>74>76>77>81
>82>83>85>86>89

<後半>
>122>123>127>129
>131>133>141>147
>154>162>167>177
>185>193

(>の数が多杉ますと投稿の際に表示されたので
やむを得ずレスアンカーがこんなことになってます)

205 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/20 17:33
>>202 はい 続きを想像しても言わないようにします。

206 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:33
>壺さん
おつかれ!!あんがと!!

207 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:34
私も他板から来た。
夕飯作りが手につかん。
あと1時間で夫が帰ってくるのに・・・。

208 :壺[6段] ◆Galaxy9UUU :04/02/20 17:34
※訂正※ これまでのまとめ
<前半>
>12>14>16>18>22
>29>34>39>45>55
>56>62>64>67>70
>72>74>76>77>81
>82>83>85>86>89

<後半>
>122>123>127>129
>131>133>141>147
>154>162>167>177
>193

(>の数が多杉ますと投稿の際に表示されたので
やむを得ずレスアンカーがこんなことになってます)

209 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:34
何処に着くんだろう。
切符には○○駅より2340円区間と書いてある。
だんだん明るくなる空に照らされて、電車はどこまでも走って行きそうな気がした。
終点が網走とか、那覇とかとんでもないところだったらどうしよう。
俺は不安で、仮眠もとれないし、せっかく用意した食料も口にできなかった。


210 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:35
うんうん。

211 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:35
うんうんうん。

212 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:35
>>199
それそれ!気になってたんだが>12=>14以降なのか?
12では「お父さんとお母さんが死んじゃった」って可愛らしい(?)んだが
14以降では「うじ虫」扱いだろ?語尾も汚い。
別人?とも思うんだが…

213 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 17:35
ふむふむ。

214 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:35
うんうんうんうん

215 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:36
もう、会社から帰んなきゃいけないのに、気になる〜。
帰って読んだら、完結してるかな〜(・∀・)

216 :壺[6段] ◆Galaxy9UUU :04/02/20 17:36
うがっ!!
※更に訂正※
これまでのまとめ
<前半>
>12>14>16>18>22
>29>34>39>45>55
>56>62>64>67>70
>72>74>76>77>81
>82>83>85>86>89

<後半>
>122>123>127>129
>131>133>141>147
>154>162>167>177
>184>193

(>の数が多杉ますと投稿の際に表示されたので
やむを得ずレスアンカーがこんなことになってます
IEの方、ごめんなさい・・・)

217 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:36
空は朝色になった。
凄く気持ちいい日差しだった、こんなにも日差しを気持ちいいなんて思ったのは
どのくらいぶりだろう、そのうち学生なんかも乗ってきた。
俺も、うじ虫があんな事をやらかしてくれなければこいつらみたいに
笑いながら通学してたのに・・・

218 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:36

|  |
|  | ∧_∧   
|_|(´・ω・`)  作者さんも一息いれてね。
|地|o   ヾ
| ̄|―u'   旦 <コトッ
""""""""""""""""


219 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:37
うんうん。

220 :壺[6段] ◆Galaxy9UUU :04/02/20 17:38
>>212
私も呼称の一貫性がないのが気になったんだけど
もうここまできたら、ま、いっか・・・と思うように努力してるw

221 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:38
ほうほう

222 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:38
おもしろければ(・∀・)イイ!!

223 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/20 17:38
うんうん

224 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:38
>>212
気にすんな。人間にゃ色んな顔がある。

225 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 17:38
せつないね。

226 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:38
スレの伸びが異常だなw
ガンガレ作者たん

227 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:39
>>226
異常だよね。
実況かっていうくらいだ

228 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:40
作者タン今年の直木賞を逸したことはわすれろ!


で?

229 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:40
また見に来るからがんがれ作者!

230 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:40
そのうち、学生もいなくなって、サラリーマンらしき人やOLらしき人ばかりになった。
時計がないから時間はわからないけど、かなり長い時間乗ってる事は間違いない。
辺りは、乗った時の駅が嘘のようににぎやかな町並みになってきた。
「次は終点○○」とアナウンスが流れた。
俺はとりあえず改札を出た。

231 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:41
うんうん。

232 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/20 17:41
うんうん

233 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:41
まだ17歳?だよね?

234 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:42
はやくぅ〜(;´Д`)ハァハァ

235 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:46
    (  ))  プヒン!
  ((  ⌒  ))__∧__∧___   モロン
 ((   (≡三(_( ´・ω・ )__() ミヽ
  (( ⌒ ))    (  ニつノ     ヾ
  (( )      ,‐(_  ̄l        旦 <コトッ
          し―(__)

236 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 17:46
ふー。

237 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:46
 ( 八  )
 にしこり 10秒くらい眺めると松井に見えてきます。
  ヽ二/


238 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:50
改札を出て考えた。
何処に行こうか、ここからなら地方ながら、新幹線も出ている。
先生は「誰も知らない所に逃げろ」って言った。
なんでだろ、絶対に守らないとならないような気がしてた。
どうせ帰っても、何が待ってるわけでもない。
帰る家も、待ってる人間もいない。
ふと、脱獄した犯人が海と山の見える小さな港町に逃げるドラマを思い出した。
俺は、海と山がある所を目指す事にした。



239 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:50
なおかつ2chができる所ね

240 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:51
熱海?

241 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:51
イイヨイイヨー(・∀・)

242 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:52
うんうん。

243 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/20 17:52
うんうん 
だけど逃げるならその新幹線の沿線上じゃだめだぎゃ
すぐみつかるぎゃ

244 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 17:52
ふむふむ。

245 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:52
俺は新幹線の切符を買った。
同じ今日なのに、逃げ出した時と今の気持ちは全然ちがう。
あの時が遠い過去に思える。
俺は、トイレを済ませるとホームに向かった。

246 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:53
うんうん。

247 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 17:53
新たな人生の旅が始まった!

248 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:53
それからそれから?(゚Д゚)


249 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/20 17:57
↑あーそれなんのあにめだっけ?

250 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:57
ご飯作らないといけないのに〜〜〜〜
続きが読みたい〜〜〜〜

251 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:58
>>249
忘れた。このフレーズだけ印象に残ってる。

252 :名無しさん@HOME:04/02/20 17:59
ハクション大魔王

253 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/20 18:00
>>251 たぶんタイムボカンシリーズだよね?
    その声がボヤッキーだったような気が・・・(w

254 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:01
新幹線はおそろしく空いていた。
俺は、ポッケからチョコレートを取り出してかじった。
斜め前の座席の子供、身を乗り出して俺を見て笑ってた。
俺が手を振ると嬉しそうに手を叩いてた。
すぐに母親に抱きかかえられて見えなくなった。
幸せそうな親子、おれの知ってるうじ虫もあのくらいの母性があれば
俺も少しは違った人生を送っていたかもしれない。

255 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:01
ハクション大魔王だった気がする・・・

256 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 18:01
ポッケっていうのいいよね!

257 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:02
うんうん。

258 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:02
はやく!はやく!

259 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:02
新幹線は目指す駅に着いた。
俺は駅を出て、大きく息をすってギョッとした。
俺の想像していた海は見えなかった。

260 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:03
うんうん。

261 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:03
 〇_〇
  ( ・(ェ)・)   ガシャ
  ( つ O. __
  と_)_) (__()、;.o:。
          ゚*・:.。

262 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:03
まあ、海の見える田舎町に行ったところで仕事や生活できる場所がみつかるともかぎらない。
俺のような人間は、地方都市にでもまぎれて暮らすのがいいのかもしれない。

263 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 18:04
ふーむ。

264 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/20 18:04
ハクション大魔王か!! ハックショ〜〜〜〜〜ン!!

「海」のつく知名だったのか?

265 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:04
うんうん。

266 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:05
でっ?でっ?

267 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:06
ポッケって30代後半のイメージだが

それからどしたの?

268 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:06
駅前には不動産屋がいくつもあった。
俺はガラスに張られた物件を見て愕然とした。
担任にもらった金じゃ、足りないんじゃないか?そもそも足りたとしても
ぎりぎりだ。それに保証人もいない、保険証も何も持ってない。
借りれるのか?

269 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 18:07
うーん。

270 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:08
あ〜〜〜。

271 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:09
あきてきた

272 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:09
それは難しいな

273 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:09
試しに一番地味そうな、路地を一本入った場所にあった
受付に若い女の人が座ってなさそうな、不動産屋に入ってみた。
オヤジがいて、俺を不審そうに見た。
「部屋を借りるのには、何がいりますか?」
オヤジは面倒くさそうに言った。
「保証人はいるの?親は?」
俺はヤバイと思ってすぐに店を出て走った。

274 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 18:09
またしても。

275 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:10
俺は部屋を借りるのは無理らしい。
するとさっきのオヤジが走って来て俺を呼び止めた。

276 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:10
うんうん。

277 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 18:11
ほう!

278 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:11
「お前さん学校は?家出か?」
息を切らせてオヤジが言った。
「家出じゃないです。高校は行ってません。親は死にました。」
オヤジはさっきより、ますます不審そうな顔で俺を見た。

279 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 18:12
ああ。

280 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:12
うんうん。

281 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:13
ちょっと込入った電話だ。後で読むよ。必ず。

282 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:14
保険証はないのか?住民票は取れないのか?
これが田舎者のありがた迷惑なのか、それともまた俺は、あのたこ部屋のような場所に
つれて行かれるのか?最悪は警察か?
頭の中はパニック寸前だった。

283 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:14
ヽ(   )ノ ウ                     ァ   + * 。  ァ
へ(  (´ヽ )´ ワ           ァ     ヽ゚( ゚`Д)ノ  _( `Д)_ +  ァ
   ヘ (Д´ )ノ ァ   ァ   ァ (ノ`Д)ノ   ノ  ノ_  _/ /_, ヽ( `Д)ノ    ァ
    < (ヘヽ(`Дヽ( `Д´ヽ( `Д)ノ  )へ  ノ      ´          (  )  ヘ( `Д)   ン!!
     <  (  ) (  ) ( ヘ )  ノ                     ヽ ヽ  (  )  (:: ( `Д)
        ノ  > メ   ノ                            (:: (::、、> > (::、、( >> =3

284 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 18:14
おちけつ!

285 :壺[6段] ◆Galaxy9UUU :04/02/20 18:15
これまでのまとめ
<前半>
>12>14>16>18>22
>29>34>39>45>55
>56>62>64>67>70
>72>74>76>77>81
>82>83>85>86>89

<後半>
>122>123>127>129
>131>133>141>147
>154>162>167>177
>184>193>209>217
>230>238>245>254
>259>262>268>273
>278>282


(>の数が多杉ますと投稿の際に表示されたので
やむを得ずレスアンカーがこんなことになってます
IEの方、ごめんなさい・・・)

286 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:16
「昔は集団就職て言ってな、お前くらいの年になると都市に働きに出たもんだ。
 茶でも入れるから、話を聞こう。安心しろ、警察に電話したりしないから。」
オヤジは屈託のない笑顔で俺の肩に手をかけると、元の店に俺を引っ張っていった。

287 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 18:16
おお〜!

288 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/20 18:17
うんうん

壺乙

289 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:18
俺はこのオヤジを全然信用してなかった。
だいたい、こんな薄汚い不動産屋はどんなドラマでもたいがいあくどいのが相場だ。
どうせ、俺の事を家出少年とでも思ってるんだろうし、警察に突き出されるか
元居たような所に飛ばされるのが落ちだ。

290 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 18:18
うーん。

291 :◆0/p8PH.wuo :04/02/20 18:19
ここまで読んだ

292 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:20
ちょっと飯食ってくる。

293 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:22
、にじみ出てくる笑顔オヤジをお茶を俺に出すと、顔を俺に近づけて来て言った。
「お前、本当は家出か?」
やっぱりそうだ、このオヤジは最初からそのつもりで俺を引き止めたんだ。
でも、俺はこのオヤジのお前本当は家出か?と聞いた時の
何ていうか、何処か懐かしいような、胸が締め付けられるような、
なんて表現したらいいのか解らない笑顔の魔法にかかってしまったようだ。

294 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 18:23


295 :293訂正:04/02/20 18:23
オヤジはお茶を俺に出すと、顔を俺に近づけて来て言った。
「お前、本当は家出か?」
やっぱりそうだ、このオヤジは最初からそのつもりで俺を引き止めたんだ。
でも、俺はこのオヤジのお前本当は家出か?と聞いた時の
何ていうか、何処か懐かしいような、胸が締め付けられるような、
なんて表現したらいいのか解らない笑顔の魔法にかかってしまったようだ。

296 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 18:23


297 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:26
俺はしぶしぶ、うじ虫が事故で死んだ事と身内がいなくて一人で葬式を出したことを話した。
たこ部屋の事は言わなかった。
もし、そっちに通報でもされたらたまったもんじゃない。
オヤジはその事件を知らなかった。
俺は日本中の人間が、うじ虫の事件を知ってると思ってた。
他人が死んだニュースなんて、案外気にしてないもんなんだなって安心した。

298 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 18:26
うん。

299 :◆0/p8PH.wuo :04/02/20 18:28
おすしの予定をキャンセルした・・

300 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:28
握りずし買ってきた

301 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:29
オヤジは、半分信用してくれたようだった。
そして自分が思ってるほど、大人になってなかった。
世間も知らなかった俺に教えてくれた。
「お前さんは、残念ながらどこに行っても部屋は借りられない、うちも貸せない。
 仕事もまともな仕事は無理だろう。」
俺はものすごいショックで下を向いたまま、頭が上げられなかった。

302 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 18:30
ああ・・・。

303 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:31
そりゃそーだ。 それで?

304 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:32
俺はみんなに期待されていた。
有名私立高校に特待で入れると、誰もが確信する天才だと思ってた。
有名企業のかわいい娘にも、好かれてた。キスまでされた。
こんな俺が、なんでこんな思いをしてるんだ?
あと1週間で受験だったんだぞ。
なのに、うじ虫が俺に残してくれたのは借金と恥だけ。
そしてこの、惨めな状況。

305 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:33
もぐもぐ・・・

306 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:34
がんがれ

307 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:34
オヤジは銭湯に俺をさそってくれた。
これも何かの縁だ、一期一会。
オヤジは馬鹿みたいにはしゃいで、俺を銭湯に連れて行ってくれた。
俺はお世辞でも馬鹿みたいにはしゃげる状態じゃなかった。
ただ、うつむいてオヤジの後ろを歩いた。

308 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 18:34
がんがって!

309 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/20 18:35
あ、おりも実はパリパリ(w

310 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:36
o(・∀・)oマダー

311 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:36
オヤジの背中には刺青が彫ってあった。
テレビで見るような、きれいな色使いの刺青じゃなくて
藍色一色で書いてある、観音様だか仏様のような刺青だった。
俺は、それ以上見ないようにして、風呂に入った。

312 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 18:36
・・・怖いな。

313 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:38
オヤジはじつに下品だった。
銭湯の浴槽で、ブルブルっと顔を洗ってみたりしてる。
これから俺をどこかに売り飛ばそうとでも考えてるのか?
俺は不審でいっぱいだった。

314 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 18:38
あうあう。

315 :◆0/p8PH.wuo :04/02/20 18:39
貞操の危機???

316 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:39
>286>289>295>297>301
>304>307>311
(あとでまとめに入れといてちょ)


317 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:39
何か切なくなって来た。

318 :壺[6段] ◆Galaxy9UUU :04/02/20 18:40
気分を盛り上げるために・・・
ttp://gaty.hp.infoseek.co.jp/kusomiso.html

>>316
サンクス!!

319 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:41
前にサウナ入ってて出ようとした時に刺青のおっさんが2人入ってきて
入れ違いに出たら絡まれそうで、後10分位粘った事を思い出したな。

320 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:42
銭湯からでると、オヤジは俺を引っ張って商店街を悠々と歩き出した。
俺は小さくなって、うつむいて歩くしかなかった。


321 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 18:42
せつないな。

322 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:42
うん。

323 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:43
このままだと、俺は間違いなくヤバイ。
俺はオヤジを振り切って逃げようとしたその時
「お、ここだ。入れ」
オヤジが俺に入れと言ったのは、新聞屋だった。

324 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 18:44
やったー!

325 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:44
オヤジナイスガァイ! つД`)bΣ

326 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:45
・・・・・。

327 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:45
オヤジは俺を夕刊が山済みになってる机の前の椅子に座らせると、奥にいる
ちがうオヤジと何やら話し込んでる様子だった。
うじ虫の事件が本当にあったかどうか、確かめるつもりなんだろうか?


328 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 18:46
違うと思う。

329 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:47


330 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:47
どきどき

331 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:48
10分くらい放置されて、置くからオヤジと新聞屋が出てきた。
「おう、まだ若いな、本当に大丈夫かよ。」
新聞屋は俺を見てオヤジに言った。
オヤジは俺に言った。
「お前は今日からここで住み込みで働け、それ以外真っ当な道はないぞ。」
俺は今の今まで、いのオヤジを疑ってた事を心から恥じた。

332 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 18:48
ああ・・・。

333 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:49
>>331
それは仕方ないよ。今までが今までだったんだもの

334 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:51
オヤジは、事件の事を知らないのに、俺を信じて職場と寝床を見つけてくれた。
世界一の不動産屋だと思った。
俺は涙が止まらなかった。この涙は、担任が俺を訪ねて来てくれた時と同じ涙だった。
うじ虫を責めて流す涙とは全然違う涙。


335 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:52
ノ〜`)・゚・。 モグモグ

336 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 18:52
なんつーかアレだ。

337 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:53
そーだな、新聞屋かパチンコ屋の住み込みしかないな

338 :壺[6段] ◆Galaxy9UUU :04/02/20 18:53
>>335
泣きながら食ってますか?

339 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:54
新聞屋の存在にほっとしたのはこれが初めてだな

340 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:56
俺は新聞屋や同僚から「プラ」って呼ばれてる。
プライドが高いからだと言われた。
俺も最初は、低俗なお前らからみたら俺はプライドが高いだけの人間に思えるんだろうな。と
失礼な事を思っていた。
でも日々、仕事をしてると俺っていう人間がいかに小さい人間かがみえてきた。
どんなにプライドだけで生きてきた人間かが、わかってきた。
あんな死に方をした親でも、あの人たちは俺の親であってうじ虫じゃないって事も理解できてきた。


341 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/20 18:57
うんうん
(実はちょっとだけつぼがはってくれたやしをみてたwなつかすい)

342 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 18:57
プラ君って捨てハン付けて。

343 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:57
すみません、母親が死んだときなぜ下半身裸だったのですか?

344 :名無しさん@HOME:04/02/20 18:59
毎日、暖かい飯が腹いっぱい食べられて、自分にもできる仕事がある。
これが一番幸せなんじゃないかって、思うんです。
俺は有名私立高校が、エリートが、幸せへのパスポートだと思ってた。
でも、本当の幸せって、最高の幸せって実はもう自分の中にあって
その幸せが、早く気づいてよって、絶えず自分に呼びかけてるんじゃないかと思うんだ。

345 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 18:59
うん。

346 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:00
新聞屋って沢山食わせてくれるのかー
よかったね

347 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 19:00
ごめん、泣けてきた。

348 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/20 19:00
うんうん

349 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:00
なんて偉いやつだ
10も上のおれより余程大人だ こいつ

350 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:01
クソなスレタイの中に
こんなダイヤモンドのようなレスがあるなんてすごいですね

351 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/20 19:01
でそれがいまのプラ君の生活で幸せなのかい?

352 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:02
今、大検の勉強をしています。
不動産屋のオヤジとは、今でも一緒に銭湯に行ってます。
こうして俺が今いるって事を、証明したくて長々とレスしました。
最後まで読んでくれたみなさん。ありがとうございました。
俺はまだ、海を見てません。
そのうち見れたらいいなって思ってます。

                       おわり。


353 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 19:02
>>351
プラ君の心の中に幸せが待ってるんだよ!

354 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:03
おわりかよ

355 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:03
なんか泣けた

356 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:03
乙!ちょっと感動したよー。

357 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 19:03
>>352
家の実家の近くの海に来い!

358 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:04
>>352
ガンガレ!

359 :べんじょむし ◆WC.1tHu..6 :04/02/20 19:05
( OдO)//“<ぱちぱちぱち

360 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:05
創作でもなんでもいい。
ガンガレ

361 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 19:06
晩御飯に間に合わせてくれてありがとう。
プラ君、受験がんがれ!
さよなら。

362 :壺[6段] ◆Galaxy9UUU :04/02/20 19:06
これまでのまとめ
<第一章>
>12>14>16>18>22
>29>34>39>45>55
>56>62>64>67>70
>72>74>76>77>81
>82>83>85>86>89

<第二章>
>122>123>127>129
>131>133>141>147
>154>162>167>177
>184>193>209>217
>230>238>245>254

<第三章>
>259>262>268>273
>278>282>286>289
>295>297>301>304
>307>311>319>320
>323>327>331>334
>340>344>352―完

363 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:06
プラくん、ガンガレ!

364 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:07
ヘンなオチなんかいらない。
これでよかったんだと思えたよ。

ただひとつだけ、ほんのちょっとのリアリティが欲しい。
これをどこから書き込んでるのかだけ教えてくれ。


365 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:08
プラ君、ガンガレ!
さてと、スーパー銭湯いってサウナで汗かいてこよっと。

366 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:08
うーん、ちょっとシリすぼみでしたねぇ・・・
もうちょっと何か・・・ まぁ、贅沢言ってもしょうがない
いや、面白かったよ。ありがとう

367 :◆0/p8PH.wuo :04/02/20 19:08
おつかれー

368 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:08
プラ、いい香具師だな、おまい。

369 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:08
プラ君、おつかれさまー

370 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:08
>>352 感動しますた。

371 :壺[6段] ◆Galaxy9UUU :04/02/20 19:09
>プラ君
乙〜!!
何か面白かったんだな、これが。

>>362に記載漏れなどありましたら
どんぞ変更してたもれ〜。

372 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:10
∬           ∬
        。。 ・・∧_∧  ・。。。 ∬     /
     o0o゚゚ 煤i´∀`;)   ゚゚oo    < プラ君と入る温泉は極楽だよ
    。oO  ( (( ー----‐ )) )   O0o   \
   (~~)ヽ∧_∧          (´^ヽO,
  (⌒ヽ (*゚ー゚)アラアラ     (⌒)(゙゙゙)~
   /~゙゙ヾ⌒`ゝ-(~´`(⌒(⌒~ヽ~ ~~  、、


373 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:10
大検うけて、大学行って、今自分の夢だった職業ついてる友達いる。
頑張れ!まだまだこれからだよ。

374 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:10
プラクンおつかれさま〜
面白かったよ〜
がんがれよ〜

375 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:11
本当に泣いてしまいました。頑張れ!!
もっともっと幸せになってね。

376 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:13
もぐもぐ ブラボー! もぐもぐ

377 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:14
プラくんがんがれ〜〜
思わず読んでしまったわ(^◇^;)忙しい時間だったのに。
でもリアルで参加できて楽しかったわ!

378 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:15
プラ君、ガンガレ!。・゚・(つД`)・゚・。。 もぐもぐ

379 :壺[6段] ◆Galaxy9UUU :04/02/20 19:17
>>376
>>378
www

380 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:19
ブラボー!


正直、新潮ケータイ文庫の今のサドンデス小説より
何万倍も良かった…

381 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:20
なんでこんな流れになっちゃったのかわかんないけど、
リアルタイムで読むことができてよかった。

プラさんどうかこれからも頑張ってもっと幸せになってください!!!

382 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 19:22
落ちてから気づいてしまったことがある。

383 :◆0/p8PH.wuo :04/02/20 19:24
なに?

384 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:24
>02
???

385 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 19:26
彼の書き込み時間は夕方だった。
しなくていいパターンもあるの?

386 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:26
プラ君って、書き込みまくったけど、だれのレスにも答えてなかったよなあ。

387 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:27
>>385
配達?

388 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 19:27
>>387
そう。

389 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:28
いやー良かった。
さ、ごはんつくるど

390 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:28
115 名前:名無しさん@HOME[sage] 投稿日:04/02/20 16:36
えっと戻ってきました。
今から書きますので、もう少し待っててください。

微妙なじかんだね

391 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:28
うちの旦那・・・男4人兄弟だぞ。女の子が欲しかったとお母さんが愚痴っていました。

392 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:29
新聞屋さんは休みがあまりないから、毎週一回休めるらしいよ。

393 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:29
>>385
夕刊って三〜四時だよ・・。

394 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 19:29
>>390
微妙ってことは夕刊って早く配るとこもあるんだ!
家とってないからさ〜(汗
ごめんよ!

395 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:30
夕刊は3時くらいから配り始めるよ。
早めに終わらしたのでは?(当方元奨学生)

中座した時間もなんかそんな感じ。

396 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 19:30
うわ〜、ごめんなさい!

397 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:30
で、なぜにこのスレに!

398 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 19:31
ああ、でも謎が解けてよかった。
教えてくれてありがとう。

399 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:31
>>394
工エエェェ(´д`)ェェエエ工???
夕刊とってないのか?

藻前の歴史も書き込むか?

400 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 19:32
>>399
カンベンして・・・。

401 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:32
391です。
確かめました。基本的に月に2回が休刊日そのほかに週一回休みが取れるとの事です。
ただし例外も有りとの事。

402 :02 ◆countLQaVc :04/02/20 19:33
おお! 安心して落ちれる。
お騒がせしますた(汗

403 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:33
>>401
はやっ!!

404 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/20 19:33
プラ君もつかれ〜〜〜
苦労して謙虚さを身につけたいま、持ち前のがんばりと、
中学校のときに培った学力できっと大学いけると思うよ!!
これからもますますがんがってほしいぎゃ
応援してるぎゃ

405 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:35
どうでもいいが、厨房を押し込むタコ部屋が存在するってことには誰もつっこまないの?

406 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/20 19:40
>>405 実際あるんだなこれが・・・
    そのほかの人間は外国人だったりする・・・

407 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/20 19:40
まぐろ漁船じゃなかったからよかったよな・・・

408 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:41
>>406
レポートキボンヌ

409 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:42
今度はSWAN ◆KokeTXak1k の物語だ

410 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:43
>>406
キボンヌ。

411 :◆0/p8PH.wuo :04/02/20 19:44
おそレスだけど
うちの夕刊2時に入るよ

412 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/20 19:46
うーんプラ君ほどの文才があればかけそうだぎゃ(w
たぶんプラ君が突っ込まれたのは炭鉱や(いまどきねーきゃ?)
採木場、大開発の工事現場あたりでないかな?
プレハブは暖房効かなくて寒いんだぎゃ

413 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:47
ブラ君、頑張るんだよ。大事なことを気づいてしまったブラ君なら
この先頑張っていけるだろうけど、体に気をつけて幸せになるんだよ。

頑張って勉強して働いたら(ここが日本の良いところで)ちゃんと小さく
ても家も建てられるし人並みな生活はできる。

明るい未来が待っているからね。

414 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:48
>>411
それは昼刊かと。

415 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:48
>>413
ブラではなくプラでつ。

416 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:48
>>412
文才なくてもいいから、入ったいきさつと、その場の様子だけでも
おねげーすますだ

417 :◆0/p8PH.wuo :04/02/20 19:49
>>414
なんでかしらんけど・・そんな時間

418 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:49
>>415
ワロタ

419 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:50
>>417
新聞やさんの中の人が、早く有ご飯食べたいんじゃないの?
朝早いし。

420 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/20 19:50
じゃく 夕刊の第一版は1時だもんね。

きぼんぬのかたがた
おり自身はぬくぬく育ってきたけど、バイトが建築現場だったから
そーいところに行ったこともあるし、借金のカタに働かれてる人とも
いろいろ話をしたよ。
今、うちのお客さんに新聞屋さんもいるし。

421 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:51
その販売所の配達地域が広かったりすると
2時のところも5時のところもあるのかも。

422 :◆0/p8PH.wuo :04/02/20 19:52
色々あんだろね
つか最近は夕刊読んでねー
パソ壊れてた時はあまさず読んだけどさー

423 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:53
うるせーババァ!

424 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:54
>>420
そういうところは、厨房でもOKなのか?
さすがに消防だとむりだろ?

425 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:59
>>418
あ、そっか。プライドのプラ君だもんね。

426 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/20 19:59
新聞て実は一日に6回から8回発行されてるんだよ。
朝と夕それぞれ3〜4回づつ。
大きな事件とかがあると何回も5回くらいになることも。
最新の情報を乗せるためでつ。

うまくかけないけど、編集と印刷の締め切りの時間と各営業所
に配るタイミングと距離とかではいる時間変わると思います。
しょうじき、早いところは情報が古いといえますです。大して内容変わんないけど(w 

427 :名無しさん@HOME:04/02/20 19:59
プラ君大検やめて新聞屋で一生暮らしなよ


428 :◆0/p8PH.wuo :04/02/20 20:02
ほうほう

429 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/20 20:02
>>424 プラ君は時期的にもう卒業だったでしょ? 
    もちろんほんとはいけないけど、そのくらいの子ならごろごろいるよ
    雇用主はただでさえ不法就労の外国人雇ってるから
    働き手として使えそうならぜんぜんいるぎゃ
    おりも人一倍働きたい願望が強かったので
    中3の春休みからバイトしてた。近所のコンビにだけど。 

430 :名無しさん@HOME:04/02/20 20:04
義弟が新聞奨学生やってたけど、
夕刊は2時すぎからチラシ折り込み(少ない)して
5時前には配達終わってたよ。
配る件数にもよるんだろうけど。

ちなみに朝刊も3時には起きてチラシ折り込み、
準備して配達。6時前には終わってないと
遅い!って文句がくることもあるらしい・・・。

431 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/20 20:04
じゃく 新聞の各ページに日付とページ数が書いてあるでしょ?
    その近くとかに第何版って書いてない?

432 :◆0/p8PH.wuo :04/02/20 20:07
>>431
かいてる 昨日のは3版 
今日のはまだポストの中

433 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/20 20:07
>>430 うちのお客さんもそんな感じだぎゃ
    >遅い!って文句がくることもあるらしい・・・。
    わははは それも聞いたぎゃ(w まぁ大体お年寄りなんだろうけど(w
  
    プラ君とこはそんなに密集してないところだろうから
    チラシも少なければ配る件数も少ないんじゃないきゃな?
    そしたら1時間で終わることも考えられるぎゃ 
    

434 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/20 20:10
じゃく >>432 ポストの中(w
        んじゃそんなに田舎じゃないね(w

435 :◆0/p8PH.wuo :04/02/20 20:11
ふん

436 :名無しさん@HOME:04/02/20 20:31
>>430
私もやってた!奨学生

朝早いおじいちゃんは、門で待ってたよ。
ポストいらず。手渡ししてた。

437 :名無しさん@HOME:04/02/20 21:14
ねえ、次のおはなし誰か始めてよ〜ジタバタ
やみつきになったじゃんかー。

438 :名無しさん@HOME:04/02/20 22:02
プラ君のお話、「海辺のカフカ」の主人公の
ヌルイ家出アドベンチャー話よりよほど面白かったよ。

439 :名無しさん@HOME:04/02/20 22:05
海辺の可不可は海辺の可不可で面白いんだけどね。
銭払って読む小説として。

でもここでこんな話に出会えるとは思わなかったよ。
だらだら何日も掛けたりしないスッパリ具合も気に入った!

440 :名無しさん@HOME:04/02/20 23:25
リアルで読めて良かった〜。
伝説になるかな?
HTMLキボソ

441 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/20 23:42
プラ君は18才にしてあそこまで書ける文才はすごいぎゃ
小説家を目指すぎゃ

442 :名無しさん@HOME:04/02/20 23:43
色んな18歳がいるもんだ。(w

443 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/20 23:45
ゴマきんみたいのもいるというのに・・・(w

444 :名無しさん@HOME:04/02/20 23:46
結婚したいなんてヤツとか
バツイチ子持ち再婚とか・・・(w

445 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/20 23:54
わはははは
おりが18んときなんか音楽とかファッションとかで
おもいっくそゆめみてたけどなー
親元でぬくぬくと暮らしながら(w

446 :名無しさん@HOME:04/02/20 23:56
俺は童貞捨てたくて必死だったよ<18歳

447 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/21 00:01
んですてれた?ワクワク

448 :名無しさん@HOME:04/02/21 00:05
19になって、女子高生に童貞を貰って頂いた。

449 :名無しさん@HOME:04/02/21 00:06
>>446
童貞を捨てるまでの物語をうpきぼん!!
激しくきぼん!!

450 :名無しさん@HOME:04/02/21 00:16
俺はプラタンみたいな文章力はないぞ、年は倍近く食ってるが。

地元の駅弁に進学したんだ、で学際の実行委員に選ばれたわけ。
そして俺の仕事はコンサートのチケットを販売することだったんだ。
そして繁華街に出て、女子高生にナンパまがいの販売活動。
まあ、あんまり上手くいかなくてもやもやしていたら連れが、
バカ高の女子高生を連れてきた。

デブスとやせぎみで色白の女の子のペア

451 :名無しさん@HOME:04/02/21 00:22
連れとは同じ学校の同級生えだったのだが、女子高生ペアから
「どこの高校出身なの」と聞かれ、高校名を教えたら、「あ〜、私たち
その高校落ちちゃたんだよぉ〜」と言われてなぜか盛り上がった。

勿論、連れも色白の子を狙ってたんだがデブスが連れのことを気に入って
猛アタック。電話番号を押し付ける(当時は携帯はない)
それを見てちゃっかり色白の子に電話番号を教えて貰ったのさ。

そしてその日の夜に電話。
取り留めのない話をして、コンサートに招待するからと約束した。


452 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/21 00:24
おお!!おりもきぼんだったのだぎゃ!!
そんでそんで!?

453 :名無しさん@HOME:04/02/21 00:29
そして学際になって、そのペアはコンサートに来てくれた。
まあ一応の盛り上がりを見せ、コンサートは終了。
こちらは片付けがあるからと待って貰い、2対2でファミレスで
腹ごしらえして、ディスコに行きますた。

そしてこっそり2人でディスコを抜け出して、夜の繁華街を
歩いて○○ちゃんに一目ぼれしちゃった。今日、遅くなってもいい?
と聞くとうなづいたので、ホテルを指差して、休憩しようか というと
またうなづいたので、気が変わらないうちにとホテルに入りました。

お互い、初めてでコンドームをつけるのを何回も失敗して
ゴムがなくなったので、生入れしました。あっと言う間に
逝ってしまいました、中田氏でした。コーラで洗いました。
バカですね、両方とも。妊娠しなかったのは今思えばラッキーとしか
いいようがありません。ちなみに当時彼女は15歳でした。
10代の女性とエッチしたのは、彼女が最初で最後でした。
終わります。

454 :名無しさん@HOME:04/02/21 00:34
さて、俺は18歳(本当は19歳)の思い出を書いたわけだが、
次の香具師、18歳のおもひでを書きたまへ。

455 :名無しさん@HOME:04/02/21 00:36
18歳のおもひで募集中!

456 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/21 00:39
だははははは
19歳の思い出タソ乙だぎゃ あー男の一目ぼれは信用ならんて再確認したぎゃ(w


457 :名無しさん@HOME:04/02/21 00:49
>>456
その日のために、ちゃんとホットドッグプレスを読んで予習しておいたのだ。

458 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/21 01:09
なる。HDPはそんな攻略法が書いてあるのきゃ!!
おりも参考にしる!(w 

459 :名無しさん@HOME:04/02/21 01:55
良いスレになったねえ・・・

460 :名無しさん@HOME:04/02/21 04:36
プラのお陰だな。

461 :名無しさん@HOME:04/02/21 06:30
酒井順子「負け犬の遠吠え」
どんなに美人で仕事ができても、30代以上・未婚・子ナシは「女の負け犬」なのです。――著者
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062121182/qid=1071492697/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/250-4344772-5213030

462 :名無しさん@HOME:04/02/21 06:46
みんなでリレー小説スレってのも面白いかもしれないなあ。
すでに

463 :462:04/02/21 06:46
おお、途中で確定しちまった。
すでにあるのかな?

464 :名無しさん@HOME:04/02/21 12:31
>>462
途中で>>1が飽きられてウザがられて
打ち捨てられたスレだったらあるけどw

家庭連載小説「Happy?」
ttp://life3.2ch.net/test/read.cgi/live/1069578365/l50


465 :名無しさん@HOME:04/02/21 12:40
プラ君、この話が真実ならプラ君が人を信じて温かさを知った様に、
プラ君自信も信じられる温かい人になって、幸せになって下さいね。
もし、小説として書かれたなら、またいつか心を揺さぶる物を読ませてくださいね。

466 :名無しさん@HOME:04/02/21 15:11
プラさん乙です。
凄い良い話でした。これからもガンガッテ!!

ただ読んでる途中>>96を続きと勘違いして読んであぜんとしてますた(*´∀`)
文体似てるんだもの・・・

467 :名無しさん@HOME:04/02/21 16:58
がんがれプラくん!(*´∀`)ノシ

昨日風邪引いてて見に来れなかったんだけど
あ〜これですっきりしたわ〜ん(w

468 :名無しさん@HOME:04/02/21 20:25
そしてこのスレはさびれていくのね…。
誰か文章上手でドラマな人生送ってる人カモーン!

469 :名無しさん@HOME:04/02/21 23:11
プラの話のFLASH化マダー?(AA略)

470 :名無しさん@HOME:04/02/22 01:12
いい話だ。

471 :名無しさん@HOME:04/02/22 18:23
agetokuka


472 :名無しさん@HOME:04/02/22 18:29
tsumannne

473 :名無しさん@HOME:04/02/23 08:44
■□■ご融資・担当は女性staff■□■

貸付・お支払い担当は女性スタッフですので
親切、丁寧を心がけています。

・10万円までのご融資は、7日間無利息。
・30万円までのご融資は、10日間無利息。
・50万円までのご融資は、14日間無利息。

金利は法定金利内融資・支払い方法は月一回。
失業中・アルバイトの方も30万円までご融資。
http://2314.fem.jp/


474 :名無しさん@HOME:04/02/23 23:21
age

475 :名無しさん@HOME:04/02/23 23:31
道理で赤坂御所の中の人は生きてる価値がない感じがするわけだ。

476 :プラ:04/02/24 23:06
人間生きていれば、何か良いことがあるモノだと思います。
今日も勉強がんばった。満足した一日だった。
俺は後ろを振り向かない。

477 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/24 23:12
おおおプラくんがんがれよ〜〜〜おばちゃんたちおうえんしてるよ〜〜〜(w

478 :名無しさん@HOME:04/02/25 06:57
プラくんだ!頑張れよー!お天道様と一緒に応援してるぞー。
今このスレ初めて見た人へ
>>12から読んでください。そしてあげ

479 :名無しさん@HOME:04/02/25 07:05
本当だ、プラくんだ!ガンバってね〜すっと応援しているよ〜〜〜!!

480 :名無しさん@HOME:04/02/25 08:50
このスレを my永久保存スレ に追加しますた。

481 :名無しさん@HOME:04/02/25 10:30
18歳の頃?高校中退して歌舞伎町で体売ってた。
随分酷い目にあった事もあったけど、居場所が無かったから耐えた。
私を買った慶応大学に在籍中の若い男が興味津々で何度も私を買った。
こいつにとっては私の生き様は見世物小屋の世界なんだろうと思った。
でもそいつは私に本気になった。

482 :名無しさん@HOME:04/02/25 11:28
グレて中退したんじゃなくて、物心ついた頃から外ヅラも成績も良い
4歳違いの兄に殴られ続けていたし、母は自慢の息子を溺愛で見て見ぬふり。
学校辞める前に兄から階段から突き落とされて腕を折った。
「ここに居たら殺される」って本気で思って家出をした。木材置き場で
凍えそうになりながらどこに行けば良いのかわからなかった。
お金も無かった。でも死にたくなかった。

483 :名無しさん@HOME:04/02/25 11:30
???新しいのきたかな・・・ワクワク!

484 :名無しさん@HOME:04/02/25 11:33
生まれる前から両親は熱心にある党の活動をしていた。毎晩、自宅には
大勢の大人が入り浸り話し合い、部屋数の少ない我が家だったので私は
大人たちで一杯の部屋の片隅でいつも絵を描いて静かに過ごさないと怒られた。
「忙しい」が口癖の母に甘えたい盛りだった頃、混雑した駅のホームで置いて
けぼりになりそうになって怖くなって母の手を握った。母は「グズ!!」
と言って手を払いどんどん人波の中に消えていった。


485 :名無しさん@HOME:04/02/25 11:35
うんうん

486 :名無しさん@HOME:04/02/25 11:37
ある党???

487 :名無しさん@HOME:04/02/25 11:41
唯一、父は私を可愛がったけどそれがあだになった。
私が鼻血を流していない日は無かった。父は帰宅が遅かったけれど
休みの日に兄が私を殴ると激しく兄を叱った。翌日、父が仕事に
行くと決まって地獄がまってた。「お前のせいで俺が怒られたんだ」
と言って気が済むまで殴り続けた。小学校高学年の時に兄の暴力で
右目の視力を失った。母は私を眼科に連れて行ったけど必ずまた来る
ように言われていたのにそれきり眼科に通うことは無く、結局失明した。


488 :名無しさん@HOME:04/02/25 11:42
・・・・・。

489 :名無しさん@HOME:04/02/25 11:48
幸い、左目は無事だったけれどこれを機に方向感覚や空間が上手くつかめなくなった。
片目だけの生活に文句を言えるような身分ではなかったし、ましてや
父親に言うような事をすればどんな仕返しをされるかと考えると怖くて何も
言えなかった。6年生のある夜、死のうと思った。「遺書」らしきものを
書いた。首を吊って死のうと思った。でも「遺書」を書いているうちに怖くなってきて
涙が出てきた。結局、遺書はほとんど書くことも出来ないまま泣きつかれて
眠りに落ちてしまい、また同じ日々に身をゆだねた。

490 :名無しさん@HOME:04/02/25 11:50
それでも私はいつかは兄も母も私を認めてくれると信じていた。
だから二人を恨んだり出来なかった。

491 :名無しさん@HOME:04/02/25 11:50


492 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/25 12:28
おお 新しい物語キターーーーーー!!
仕事行かなきゃなんないので後で読むからよろしくだぎゃ!!

493 :名無しさん@HOME:04/02/25 12:32
早く早く!お昼かな?

494 :名無しさん@HOME:04/02/25 13:36
え?なんか不幸っぽい話ししてもつまらないかなぁ、と思ってやめてました。

中学校に入学すると他の家庭と違う自分の境遇に恥かしさを覚え、無口になって
いきました。新しい中学が家の近くに建ったので新設校へと二年先の時に転校。
途端に同級生だけではなく学年全員からのイジメが始まりました。新設校は1年生と
2年生だけで最高学年の3年生が居なかった為に2年生はやりたい放題。
痩せていて無口で片目が不自由ともなると格好の餌食です。

何もかも盗まれて捨てられて宿題を提出しても教壇に置いた途端に焼却炉に投げ入れ
られ先生には本当の事を言っても信じてもらえず、とうとう通学用の学生かばんまで
切り刻まれ捨てられる事態が起こり。両親はその頃、学校より提出物は出さない、宿題
はしない、教科書すら持っていない、非行少女だ、と何度も警告を入れていました。

私は両親に苛められている事をどうしてもいう事が出来なかったので家では当然、叱られました。
決定的だったのはやはり学生カバンを「無くした」と帰った時です。母からの強烈なビンタが飛び
「いい加減にしなさい!この出来損ない」次は兄は「やっぱりお前は出来損ないのかたわなんだよ」
と当たり前のように殴られ。学校での苛めはエスカレートしていく一方。
無理やり屋上に連れて行かれ「お前は生きている価値が無いからここから飛び降りて死ね」
と10数人に無理強いされたけど、そうだ、死のうと思って屋上のフェンスを
よじ登った所を偶然教師が発見し、飛び降りを強制していた同級生は「止めても死ぬ
って言って」と言いながら怯えたふりをして涙まで流す演技っぷり。その後、職員室へ
連れて行かれ体育の教師に全教員の前で竹刀でイヤと言うほど叩かれましたが
その頃にはもう「叩かれる」「蹴られる」事に慣れてしまい涙も出なくなっていた。

495 :名無しさん@HOME:04/02/25 13:39
辛い・・・。

496 :名無しさん@HOME:04/02/25 14:08
やっぱりやめましょうか?実話なんでもっと酷くなるんで・・・。

497 :名無しさん@HOME:04/02/25 14:10
いや、私は聞きたい。是非お願いします。

498 :名無しさん@HOME:04/02/25 14:25
来たい上げ

499 :名無しさん@HOME:04/02/25 14:27
まだかな・・・本当の話だとしたら生きているよね、当然。
つらいなぁ〜。

500 :名無しさん@HOME:04/02/25 14:35
今までのお話
>>481>>482>>484
>>487>>489>>490>>494

481お願い続き聞かせて。

501 :481:04/02/25 14:43
それじゃトリップはつけないって事でお願いします。その代わりに名前に
481と入れます。

唯一可愛がってくれた父もこの頃にはすっかり母の愚痴を信じ込み、見方は居なくなり。
もはや私に残された道は教科書が無くても勉強して立派な大人になる事だと子供心に思い
教科書が無いので全てノートに書き写し図書館で調べ成績は面白い程伸びていきました。
今ほど内申が厳しくなかったのか数箇所の私立から推薦が。全国模試でもトップクラスに
入るぐらいだったのに兄に湯水の如くお金を使っている母は「公立の商業高校へ行け」
と強制。そこに行かないのなら高校に行かなくて良いとまで言われ。
ショックでした。こんなに頑張ったのに認めてもらえない。母の愛情を欲する事は
無意味だとこのとき、悟りました。


502 :名無しさん@HOME:04/02/25 14:47
ありがとう、続けてくれて。
可哀相・・・。

503 :名無しさん@HOME:04/02/25 14:59
それからどうした?

504 :481:04/02/25 15:00
高校に入学した時に「苛められないピエロになろう」と決心。
ひたすら笑いを取り、疲れて帰宅。そしてそこでは暴行。
とうとう私は精神的に疲れはて学校に行く気力も日々薄れ母が作る
名ばかりのお弁当を持ったまま山手線に一日中乗り、途中下車して
駅のベンチでお弁当を食べ帰宅の時間を見計らって家に帰る日々。

高校入学と共に朝、とても早く起きて郵便局での仕分けのバイトをして
せっせと預金をしていたので高校二年の頃には50万近く預金がありました。
当時の郵便局はとても時給が良かった。日曜日も働きました。そのお金で私は
将来役立てようと必死で貯めました。しかし、その預金すら「あんたの事だから
何に使うかわかったもんじゃない」と取り上げられ、落胆のあまり出席日数も減って
いった頃でしょうか。唯一の私の趣味であった音楽鑑賞を通じて(もちろん舞台を
で聞くようなお金はあるわけもなくラジオから録音した酷い音源)知り合った
年上の男性に初めて「人」として扱われますが、それも幻想。
そうとは知らず睡眠薬を飲ませられまんまと処女を喪失。もうこの頃から
私は虚脱感と怒りだけしか”感情”というものが無くなる。

初めて私は母と兄に包丁を向けました。気がくるったよに振り回しました。
自分が死ぬ事なんか無いんだ、こいつらを殺してやろうと思った。
それでも引きつった母の顔を見ると、幼い頃にほんのちょっと優しくされた
記憶が蘇り私は母と兄へ向けた包丁を罪悪感で自分の太股に突き刺しました。

そしてその数日後、兄から階段の一番上から突き落とされ、骨折をし家出を
決心したけど、預金は母に取り上げられてしまっている。ほしいものも我慢して
預金に回していたので現金などほとんどなく、冬場、東京では珍しく雪の降る
夜に近所の材木置き場に逃げ出しました。一晩中、明日からどうやって生き延びて
いくか考えても考えても答えが出ず、そうこうしているうちに父が私を発見。



505 :名無しさん@HOME:04/02/25 15:03
俺自分で結構不幸な人生と思ってたけどものすげぇ幸せなんだな・・・

506 :名無しさん@HOME:04/02/25 15:05
そうだね。大抵の人は幸せなのかもしれない・・・。


507 :名無しさん@HOME:04/02/25 15:06
481がんばって。

508 :名無しさん@HOME:04/02/25 15:16
なんか読むのがつらいな。
でも少しでも分かち合いたいから読むよ。

509 :名無しさん@HOME:04/02/25 15:19
今までのお話
>>481 >>482 >>484
>>487 >>489 >>490
>>494 >>501 >>504


510 :名無しさん@HOME:04/02/25 15:21
>>505
そうだな。
私もけっこう不幸だ(過去形だけど)と思ってたけど
世の中なんでも「上を見ればきりがなく下を見てもきりがない」なんだね。
小学校4年から中学卒業までイジメにあいつづけて
中学2年で母が蒸発して
人付き合いが苦手でヒッキーだったくらいなんでもないよな。
今では結婚して子供いるし(友達はいないけど)。


511 :◆0/p8PH.wuo :04/02/25 15:26
この前の人かなって思って読んでたけど
違ったんだな・・
辛い思いをしてきた人が多いんだね
これから幸せになってね

512 :名無しさん@HOME:04/02/25 15:29
まだかな?

513 :02 ◆countLQaVc :04/02/25 15:29
辛いな・・・。
今幸せでいて欲しい。

514 :名無しさん@HOME:04/02/25 15:32
だな・・今は幸せでいて欲しいよな。



515 :名無しさん@HOME:04/02/25 15:39
絶対の味方であるはずの親が敵ってのはかんがえられんね・・

516 :名無しさん@HOME:04/02/25 15:40
>>515
いい親に恵まれてよかったね。
でもさ、私もそうだけど親が一番の敵って結構多いんだよ。

517 :名無しさん@HOME:04/02/25 15:41
       ヽ|/  
     / ̄ ̄ ̄`ヽ、
    /         ヽ
   /  \,, ,,/    |
   | (●) (●)|||  |
   |  / ̄⌒ ̄ヽ U.|   ・・・・・ゴクリ
   |  | .l~ ̄~ヽ |   |
   |U ヽ  ̄~ ̄ ノ   |

518 :名無しさん@HOME:04/02/25 15:55
まだかな?あげとこ

519 :名無しさん@HOME:04/02/25 16:16
どうしたのかな?418さんが探し易いように、あげとこう・・・

520 :名無しさん@HOME:04/02/25 16:18
まぁおまいらおちつけよ。481さんをあせらすなっつの。

521 :名無しさん@HOME:04/02/25 16:28
>516
そうそう、いとこや兄弟が低レベルだと哀れんで出来る子の足引っ張ったりね



522 :481:04/02/25 18:11
すっかり時間があいてごめんなさい。
父親に見つけられたあと、生まれて初めて母親が優しく接してくれた。
驚いた。暖かいご飯とお風呂の用意が出来ていて「何も言わなくていいから」」
と。もうりゃ、今までの人生から考えると一気に天国にでもいったような
気分。その日は体が芯から冷え切っていたのと空腹だったのでご飯をすませ
お風呂に入ると即、眠りに落ちた。数日は穏やかな日々。しかしそれも
骨折の腫れがひくまで。骨折の腫れがひいてはいたものの病院には連れて
行って貰えなかったので自分で保険証を持ち父に頼んで病院に行くと骨折だと
いう事で腕を包帯で巻かれ肩から吊り下げる?形に固定。そのまま家に帰ると
たまたま居た(当時兄は大学生)と母に「みっともない真似して何様のつもりだ」
とけなされ、「病院にまさか家族からやられたななんて言ってないでしょうね?」
と矢継ぎ早に聞かれこのとき、やっぱり母も兄も私を人間として見ていないんだ
と痛感し、このほんの数日間の平穏な日々が隠蔽作戦の一つだったと気付き
その日のうちに睡眠薬を飲ませ、勝手に処女を奪った相手に連絡を取り誰でも
良いから暫くの間泊まらせてほしいと頼み(このときは睡眠薬を飲まされて、、、
なんて事は私にとっては人生の小さな汚点にしか過ぎなかった)浅草方面へと
出発。意気揚々なんて気持ちは全く無く、命を守るために必死で取った手段。



523 :名無しさん@HOME:04/02/25 18:13
うん、逃げていいよ。当然だよ。
急かせてごめんね。

524 :481:04/02/25 18:16
その後、数日間はAさんの家、その後はAさんから紹介されたBさんの家、という
具合に何軒もの家を渡り歩き、行く先々で泊まらせてあげる代わりにやらせろ、
という条件が付きまとい、自宅も地獄ならここも地獄、それならせめて自分で
地獄を選ぼうと、初めて新宿の歌舞伎町に立ったのが17歳。

525 :名無しさん@HOME:04/02/25 18:23
うん・・・。

526 :名無しさん@HOME:04/02/25 18:26
綺麗に書きまとめてるんだろうけど、よく考えるとただのDQNだね。

527 :481:04/02/25 18:26
その頃は「援交」なんて言葉もなく文字通り「売春婦」。果たしてどうやって
お客を取るのか判らずしばらく立っていると「本屋さんを教えてくれませんか?」
と初老の男性に声を掛けられ直感で(これは誘われている)とわかり、
手っ取り早く「いくらですか?」と聞いてみた。驚くほど冷静な自分。まるで
何年もここで客を取っているかのように値段交渉が始まる。「お?こんなに若い
のにプロかい?」とニヤニヤし「2万」と言われたけどそんなお金じゃ食べて
いけないと思い3万に。この時、自分は売春婦は一日一回しかお客がつかないか
つけばラッキーなんだと思っていたので3万と言ったけど、大間違いで、その男性と
ホテルを出ると、待ち構えたように違う男性に声を掛けられ・・・・
そんな日々を過ごしているある日、慶応大学に通う何不自由ないボンボンに声を
かけられ「食事でもしない?」と言われたのではっきりと「私、売春婦なんです。
お金くれない人には興味ないんです」と言うと「それじゃ買うよ。でもさ、
又会いたいから今日だけじゃなくてここに連絡くれる?」と言われ学生のくせに
名刺を持っている男を不思議に思いながら名刺を受け取り無造作にバックに
放り込み、とっとといつも使うような安いホテルへ足を向けようとすると
そのボンボンはラブホテルではなくそびえ建つ高層ビルの10数階をホテルとして
いる高級ホテルにヘラ〜っと連れていかれた。

528 :名無しさん@HOME:04/02/25 18:27
>>526
プラくんの壮絶な冒険人生の後だと霞んじゃうんじゃないの?
仕方ないよ。

529 :481:04/02/25 18:28
>>526さんのような書き込みが今まで出てこなかったのが不思議だったんだけど
やっぱり出ましたね。不幸自慢してアホ扱いはもう懲り懲りなんです。
人それぞれの育った環境があるのでそう思われても仕方ないのは承知でしたが
すみませんがこれでおしまいにします。

530 :名無しさん@HOME:04/02/25 18:28
>>526
こういう経験していないのに、そんな言い方よくできるね。


531 :名無しさん@HOME:04/02/25 18:30
マイフェアレディのパクリでエンディング?

532 :◆0/p8PH.wuo :04/02/25 18:31
そっか・・・

533 :名無しさん@HOME:04/02/25 18:31
>481
今、ここに書き込んでるって事は
今は幸せなんだよね?
お願いだからそれだけ聞かせて。

534 :名無しさん@HOME:04/02/25 18:32
その大学生がお金持ちで、今まで見たことのない食事や洋服や宝石をプレゼントしてくれました。
私は玉の輿に乗りいまは資産10兆円の御曹司とかわいい子供に恵まれて
楽しく生きてますおわり。

535 :名無しさん@HOME:04/02/25 18:33
いちいち反論したりする所がアイタタ。
プラくんみたいに無視して書きなぐってほしかったな。

536 :名無しさん@HOME:04/02/25 18:33
>>481
それは良かった良かった

537 :名無しさん@HOME:04/02/25 18:34
418
頑張って続けて、掲示板なんだから無視すればいい。
・・・でも傷ついたなら仕方ないか。
嫌な思いしたならせがんだ私にも責任あるね。ごめんなさい。
今は幸せである事を心から願っています。

538 :名無しさん@HOME:04/02/25 18:35
なんかさ、書いてあげてるのよ。って傲慢な態度が気に入らない。
文句がある人が一人でも出たらハイさよならって。
なら最初から書くな。

539 :◆0/p8PH.wuo :04/02/25 18:36
>書いてあげてるのよ

そうかなぁ・・そうは思わないけどな

540 :名無しさん@HOME:04/02/25 18:36
これだけ長い文(スレ違い)書いてるんだから煽りのひとつもあるのが当たり前。
481がここまでなんの煽りもなかったのは、プラ君がレールを引いてくれといたから。
なんか勘違いしてそう。

541 :481:04/02/25 18:37
その誘ってくれた男性はある芸能プロダクションのプロデューサー。
「キミさ、話し面白いしタレント性あるからちょっと頑張ってみない?」と
誘われました。そして私はデビューしました。

               叶恭子として。

542 :名無しさん@HOME:04/02/25 18:38
煽りに反応して書くのを辞めるなら最初から
誰にもレスしないでただ書く、もしくは最初から書かない。
こんなの基本的な事なんじゃ・・・・

543 :ガブリエル ◆5SlyEtS7j2 :04/02/25 18:39
なんで女ってのはぜったい揉めたがるんだ

544 :名無しさん@HOME:04/02/25 18:39
でも散々傷ついてきた人に向かって言うことではないでしょ。
心が無さすぎ。


545 :名無しさん@HOME:04/02/25 18:39
えぇー!!一回煽られたら辞めちゃうの?
壮絶な人生を歩んで来た割に柔なんだね。

546 :名無しさん@HOME:04/02/25 18:40
心が狭いのはどっちだか・・・・

547 :名無しさん@HOME:04/02/25 18:41
>544
確かにそうは思うけど、481さんの話が本当かどうかは誰も分からないよね。
ただ、ここで酷い事を言ってるヤツはリアルでも、言ってそうだけどね。


548 :名無しさん@HOME:04/02/25 18:41
プラ君だってさんざツマラナイとかもう終わりにしたらとか書かれながらも
最後まで書き続けてたじゃん。
あれ見て煽りもあるんだって理解して書いてるんじゃないの?

549 :◆0/p8PH.wuo :04/02/25 18:42
もういいじゃん

550 :名無しさん@HOME:04/02/25 18:42
ていうか、意見とか書いて欲しくないならなんで掲示板なんかで書いたんだろう。
おうちで日記にでも書いてなさい。

551 :名無しさん@HOME:04/02/25 18:45
もういいよ。
418さん、もし読んでいたら本当に幸せになってね。

552 :名無しさん@HOME:04/02/25 18:45
>>527の続きが見たい人はレンタルビデオで「マイフェアレディ」を借りてきて見ましょう。

553 :名無しさん@HOME:04/02/25 18:46
じゃ、次は弱の壮絶人生ね。煽りに負けないで完結してくださいな。

554 :名無しさん@HOME:04/02/25 18:46
弱に壮絶人生なんて無いよ。
高学歴で医者の奥様なんだからさ。

555 :名無しさん@HOME:04/02/25 18:47
弱の友達のハンバーグとロールキャベツを泣いて食べた友達の詳しいお話キボン!

556 :◆0/p8PH.wuo :04/02/25 18:51
なんでそうなるのよぅ
これから大嫌いなごぼうのささがきしなきゃなんないもん
555さん あれはあれで完結 続きはないよん

557 :名無しさん@HOME:04/02/25 18:57
弱ありがとう

558 :418:04/02/25 19:07
色々と私情だけで書いてしまいすみませんでした。途中は割愛して
近況だけお伝えします。慶応の学生とはその後何度も会いました。
その後、音信が途絶えたので不思議に思っていると彼からしばらくぶりに
連絡が入ったので喜ぶと、なんと彼は一年前の夏休みに留学していた先の
国でエイズにかかっており、知ったのはここ数週間前だと言われました。
早速、私にも検査を勧めました。案の定でした。でも彼からうつったとは
言い切れない生活をしていたのにも係わらず、彼は保険証も持っていない私の
薬代から全て出してくれました。彼は私よりもちゃんとした治療をしていたにも
係わらずキャリアとなってからの治療が遅れた為、数年前に他界しました。
彼の死は今までの人生で一番辛く、しかしお葬式に出られるような間柄ではなかった
のでお通夜もお葬式も人づてに聞き、今は時々お墓にお花をそえに行っています。
私はまだ生きていますが、現状で薬代を払っていくのはもう不可能に近づいてきました。
今は一人で暮らしています。あれ以来誰とも寝る事も無く、ただ茫然と数年が
過ぎています。これが近況です。今まで書いた全て本当の話です。前回、不愉快な
終わらせ方をしてすみませんでした。私は今はこんな状況下でも不幸とは思っていません。
自分で選んだ道だから、です。

559 :名無しさん@HOME:04/02/25 19:13
418さん
何と言っていいか・・・。本当にごめんなさい。
最初から急かしていたのは私です。
どうにかならないのですか?
福祉等そういう人の為にあるのですよ。
誰か詳しい方いませんか?


560 :名無しさん@HOME:04/02/25 19:17
2ちゃんやってるお金があるなら・・・

561 :名無しさん@HOME:04/02/25 19:18
みんな無視ですか?
本当にどなたか良い知恵をください。お願いします。

562 :名無しさん@HOME:04/02/25 19:25
2ちゃんやるためのお金なんか、たいした額じゃない。
プロバと電話代で、3500円あれば事足りる。※ADSLと仮定して
膨大な薬代の一部にしかならないよ

563 :名無しさん@HOME:04/02/25 19:26
>>560
保険料は滞納するとかけられなくなるって知ってるか?

>>418
お元気で

564 :名無しさん@HOME:04/02/25 19:27
インターネットが唯一の楽しみかもしれないでしょ。
わからないのに軽々しいと思います。

565 :名無しさん@HOME:04/02/25 19:30
保険証は家出したからないんじゃないのかな・・・。
どうやって暮らしているんだろう。
418さん、仕事はあるのですか?

566 :名無しさん@HOME:04/02/25 19:33
>>558は偽者だと思う。418って書いてるけど、本当は481だし。
本物は、「〜だ」の文体だったのに、558は「です」。

567 :名無しさん@HOME:04/02/25 19:39
>>566
本当ですか?
胸が苦しくなって取り乱しました。今詳しい知り合いに電話していたところでした。
まだ不安です。
皆さんはわかっていたのでしょうか。
偽物なら少し安心です。481さんどうかお幸せに。

568 :418:04/02/25 19:43
>>559さん
ありがとう。私は大丈夫です。ただ>>560さんが書かれているように
プロバイダに払うお金もそろそろ厳しくなってきました。日記にしようかと
思った事もあったのですが、勇気が持てずずっと周りにも黙っていました。
そんなときにこのスレを見つけてつい、書き出してしまったのですが、
抵抗力が落ちている為に外に出るとあらゆる病気を貰ってしまう為、生前、
彼がインターネット(当時はまだパソコン通信のような時代でしたが)を
勧めてくれ、パソコン他を用意してくれました。外にはなかなか出られませんし
右目の視力を失った数年後には左目も酷使した為か衰え出しパソコンの画面を
見るのも最近はなかなか思うようにいかないので、多分、来月にはパソコンを
使う生活もピリオドを打つことになるでしょう。

私のような感染経路の場合、福祉はなかなか動いてくれません。当然ですが。



569 :名無しさん@HOME:04/02/25 19:44
せめてどこかで違う仕事に転換できればよかったのに。
もう成人なんだよね。自分の権利を守りつつ
自立し保険など回復できたり出来ないだろうか。
実家と接点が出来るのは辛いだろうけど。
大人だからこそ絶縁も選べるだろうし。

570 :481:04/02/25 19:47
>>566さん
一度、名前の欄を消したので入れる数字を間違えました。
481と418はただの間違いで私自信です。
それから途中から「だ」から「です」に変わったのは特に理由はありません。
私はもっと皆さんの意見を聞く耳を持たないといけないですね。

571 :名無しさん@HOME:04/02/25 19:47
>私のような感染経路の場合、福祉はなかなか動いてくれません。



もうこれは難しい立場の恋では無かったですか・・・

572 :名無しさん@HOME:04/02/25 19:48
>>568
418となっていますが、481の間違いですか?
教えてください。

573 :名無しさん@HOME:04/02/25 19:51
クソつまんねー
蛇足もいいとこ

プラ君以降の話をせがむ周りにも問題がある
あそこで終わらせればいいスレだったのに

574 :名無しさん@HOME:04/02/25 19:52
でも、子どもの頃からの事情等々話せば何とかなると思います。
是非最寄の福祉相談窓口に行って下さい。
外に出られるうちに何とか頑張って。
良い方法がきっとあるはずです。

575 :名無しさん@HOME:04/02/25 20:05
なんとか最低保険証はね。あと生活保護とか。

576 :名無しさん@HOME:04/02/25 20:20
大至急管轄の福祉事務所に電話をし、出向くことが出来なかったら
来てもらうことも出来ます。
保険証のことも手配できますし。
なぜ今まで福祉事務所に連絡しなかったのか悔やまれます。

577 :名無しさん@HOME:04/02/25 20:24
今現在481さんはどうやって暮らしてるの?
売春もしていないんでしょ?実家とも断絶してるんだよね?
身分を保証出来る書類(抄本とか?)ないとまともな仕事に就けないよね。
誰かと一緒に住んでいるのかとも思ったけど、薬代がもう
出ないって書いてるし・・・。
大丈夫なのかな・・・。

578 :名無しさん@HOME:04/02/25 20:38
カンパしてやれよ。







と言うと急にレスが減る罠。

579 :名無しさん@HOME:04/02/25 20:41
481さん
>>576さんは、福祉事務所の方だそうです。
どうか諦めたりせず、まずは電話をしてみてはいかがでしょうか。
大変だと思いますが、頑張って下さいね。
良い方向に向かう事を願っています。

580 :名無しさん@HOME:04/02/25 20:43
>>578
カンパ出来ますか?どうすれば良いのでしょうか。

581 :名無しさん@HOME:04/02/25 20:54
481さん
レスが無いので勝手に書きます。
くどいようですが、明日にでも福祉事務所に相談してくださいね。
決して諦めたりしないでください。


582 :481:04/02/25 21:08
私は大丈夫

                                        










だってネタだから

583 :名無しさん@HOME:04/02/25 21:51
                   _ _     .'  , .. ∧_∧
          ∧  _ - ― = ̄  ̄`:, .∴ '     (    )
         , -'' ̄    __――=', ・,‘ r⌒>  _/ /
        /   -―  ̄ ̄   ̄"'" .   ’ | y'⌒  ⌒i
       /   ノ                 |  /  ノ |
      /  , イ )                 , ー'  /´ヾ_ノ
      /   _, \               / ,  ノ
      |  / \  `、            / / /
      j  /  ヽ  |           / / ,'
    / ノ   {  |          /  /|  |
   / /     | (_         !、_/ /   〉
  `、_〉      ー‐‐`            |_/


584 :名無しさん@HOME:04/02/25 21:56
すげえよこのスレ
人間が如何に残酷な生き物なのかまざまざと見せ付けられるよw

585 :名無しさん@HOME:04/02/25 22:13
検査し、陽性反応でた時点でマークされるって事知らない鬼女が一生懸命だったね。

586 :名無しさん@HOME:04/02/25 22:15
ま、何らか悩んでる奴。参考に

587 :名無しさん@HOME:04/02/25 22:15
>>581さん
私は581ですが、本当に481さんですか?
今日は本当に疲れました。
もしもネタならそれでもいいです。違うなら諦めないで下さい。
それしか言いようがなくなってしまいました。
ごめんなさい、もう寝ます。

588 :名無しさん@HOME:04/02/25 22:25
>>585
そうですね。でも実家にわかってしまうのが怖くて逃げたのかと思いました。
長期出張中の主人が2ちゃんをやらないように注意しますが、
これがネタならこういうケースを想定していたのかもしれません。
騒いで申し訳ありませんでした。本当に寝ます、おやすみなさい。


589 :481:04/02/25 22:41
ネタと思われる方はその方がきっと幸せだと思います。
心配して下さった方、ありがとう。

>もうこれは難しい立場の恋では無かったですか・・・
相手の家柄を考えると、それから彼が動けるうちにしてくれた事を考えると
とてもじゃないけれど難しい立場の「恋」などと言う事じたい罰当たりです。
それにしても>>585さんの書かれている意味がわかりません。



590 :名無しさん@HOME:04/02/25 22:43
481さん頑張ってください!絶対いいことがあるよ!!

591 :名無しさん@HOME:04/02/25 22:47
>>589

>>585 の

>>581さん は
>>582さん の間違いだと思うよ。

592 :481:04/02/25 23:02
>>590
いいこと、ありましたよ(笑)。人生でどん底を味わっても
人として接してくれる人と人生の短い間だけでも過ごせた事は
「いいこと」でした。上を見たらきりがない。下を見てもきりがない。
それならば自分で選んだ人生が自分の身の丈だと思います。

すみません、久しぶりに長時間パソコンを使ったので今日は
疲れてしまいました。早めに寝ますので失礼します。


593 :名無しさん@HOME:04/02/25 23:20
身の丈とか言ってるならネット環境は身の丈に合ってないと思われ。

594 :◆0/p8PH.wuo :04/02/25 23:21
価値観は人それぞれ

595 :名無しさん@HOME:04/02/25 23:35
さりげに>>510にエールをおくりたい。
今幸せなんだよね。


596 :名無しさん@HOME:04/02/25 23:35
481さん、がんばれー。
それしか言えない自分が情けないけど。。がんばれ。。。

597 :名無しさん@HOME:04/02/26 00:03
>>588さん
あなたはご主人の忠告を聞いた方が良いと思います。
感情移入し親身になってあげる優しい心だけしかないなら、2ちゃんは厳しいでしょう。
釣り、ネタ、少しの本当。
見分ける事が出来なければ、辛く傷つくだろう事は目に見えています。
それでも気になるなら半年ROMれ。

598 :名無しさん@HOME:04/02/26 00:26
571です。
どうか福祉事務所へ。
彼があなたに傾けてくれたいたわりの気持ちを
ご自分の手でどうかもう一度暖めて、現実として生かして下さい。
あなたが身をもって気付いて来られたように、
運命はあなたの手でまた紡がれるでしょう。
言葉ばかりで役に立たない私ですが
481さんの将来に付いて祈っていますから。

599 :名無しさん@HOME:04/02/26 00:27
>>592
おやすみなさい。

600 :名無しさん@HOME:04/02/26 00:32
>>585です。
481さんが本当の事を言ってるならわかるはずの事ですよ。
HIVをネタにするのは卑怯だね。
2ちゃんやってる金があるなら・・・って以前に調べませんか?
「HIVについて」
そうすれば福祉などはわかるし。
完璧にネタだと思って楽しめるのと、微妙なの、バレバレなのとじゃ話が違うだろ。

601 :02 ◆countLQaVc :04/02/26 09:39
理由はどうあれ、今病気と闘ってるかと思うと・・・。
どうしたらいいんだろう。

602 :名無しさん@HOME:04/02/26 09:47
481さん
そっと書き込みしますね。昨日は遅かったので今朝友人に聞いてみました。
HIVの感染者が全て把握されているわけでないこと、身元がわからないままになっている方も沢山いること。
418さんがその中の一人であるなら、本当にごめんなさい。
福祉についても、本人が親族にわかってしまうことを恐れていたり諦めてしまったりで、
受けていられないケースも多々あるそうです。
くどいとは思いますが、福祉事務所はそういったケースも沢山扱われているので、
例えば家出などしても生活保護を受けられるケースもあるそうですから、
是非、最寄の福祉事務所に電話してみてください。
頑張って下さいね。

603 :名無しさん@HOME:04/02/26 09:57
追伸:それから418さんのお話をコピーして見て貰いました。
その方は(福祉事務所ではありませんが、医療と福祉に精通している方です)
「これだけきちんと話せれば問題ないだろう」
「薬を出している医者は何をしていたのか?」と言っていました。
信じられない想いが強いかもしれませんが、勇気を持ってお話してください。
良い方向に向かうと思います。

604 :名無しさん@HOME:04/02/26 09:58
>>600
そういうのこそ2ちゃんねるでは野暮って言うんじゃないかな。
ネタだと思う人もいれば本当だと思ってマジレスもある。
バレバレじゃんって思ったら煽るなりスルーするなり。

ってこんな事書いたオレモナー(久しぶりにオレモナーなんて書いちゃったよ)

605 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/26 11:26
ぜんぶよんだ・・・
481さんは人は人と人が支えあいながらみんな生きてるってことを理解できてないと思うぎゃ・・・
「私はこんな人間だから〜してもらうなんておこがましい」
なんて思う必要茄子!! 利用できるものは何でも利用する!(w
だってこの社会において、「生きる」ということはどの世界でも
最低限度の「権利」だよ!! 病気で「生きる」ことすらままならなくなっている
481さんは福祉を頼って当然!! 感染経路? んなもの関係茄子!!

481さんの境遇から考えると481さんを虐げてきた人間どもが間違ってて
がんばれ!福祉頼れ!といってる人たちのほうがまともって
信じられないかもしれないけど・・・とにかく普通は人は支えあって生きてくものなんだよ・・・


606 :名無しさん@HOME:04/02/26 12:22
>>605
微妙に矛盾してるな・・・。

607 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/26 12:30
そう?

608 :◆0/p8PH.wuo :04/02/26 13:27
うん・・・

609 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/26 13:31
添削よろ

610 :◆0/p8PH.wuo :04/02/26 13:37
606さんよろしこ

611 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/26 13:56
すまんかったぎゃ おりのカキコはスルーしてくれだぎゃ

612 :名無しさん@HOME:04/02/26 14:06
一言
権利と義務

613 :名無しさん@HOME:04/02/26 14:17
>>611 
>>605とも矛盾してるな。


614 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/26 14:34
矛盾してるって言うから素直にそれを認めたのに・・・

おりも一言言わせてもらえば、481さんが人をいたわれない人間だとは
到底思えないぎゃ・・・あれだけいやなことされてるんだもの・・・
そりとも>>612さんが払った税金でこういう人をまかないたくないとでも言うのきゃ?

615 :名無しさん@HOME:04/02/26 15:11
暇なら俺の話を聞いてくれ。
俺は中学3年生の時に両親と生き別れになった。
残された借金の為にタコ部屋に突っ込まれた。
しかし、中学時代の担任の援助でそこを脱出した。
その後、たまたま立ち寄った不動産屋のオヤジの好意で
新聞屋の住み込みの仕事をする事になった。
そこからの俺の人生は波風の無い穏やかな春の日差しの様な人生のはずだった。
永遠に…

616 :名無しさん@HOME:04/02/26 15:14
俺はその日、担任と会う約束をしてた。
担任とはタコ部屋で面会して以来一度も会ってなかった。
手紙のやり取りはあったが、会うのはこれが初めてだ。
待ち合わせは、俺が海を目指して降り立った駅、昼の12時の約束だった。
担任は時間通りに駅に現れた。

617 :名無しさん@HOME:04/02/26 15:15
久しぶりに見る担任は昔より少し痩せてたけど、前より若返ったように見えた。
「よう久しぶりだな、元気だったか?」
ありふれた再会の言葉だったが、まるで感動物映画のラストシーンのように
胸が苦しくなって涙があふれそうになった。
「先生色々とお世話になりました。」

618 :名無しさん@HOME:04/02/26 15:17
プラ君(*^^*)(^^* )(^* )(* )( *)( *^)( *^^)(*^^*) キターー

619 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/26 15:19
うんうん

620 :名無しさん@HOME:04/02/26 15:19
で?

621 :名無しさん@HOME:04/02/26 15:19
担任はまるで丹念に育て上げた盆栽の仕上がりを褒めるかのような目で俺を見た。
「とりあえず飯にしよう、どこかいい所あるか?」
俺は不動産屋のオヤジとよく行く定食屋に担任を案内した。
商店街の古ぼけた店で老夫婦が二人で経営している。
味はなかなかいけてるし、値段も安くて気に入っている。

622 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/26 15:21
うんうん

623 :名無しさん@HOME:04/02/26 15:22
んで?

624 :名無しさん@HOME:04/02/26 15:24
相変わらず遠まわしな奴だな。

625 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/26 15:24
ヲチ2人?(w

626 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/26 15:25
>>624 まぁまぁ 書く手間だってあるだろうから

627 :名無しさん@HOME:04/02/26 15:25
(オチ)ノ

628 :名無しさん@HOME:04/02/26 15:25
俺は焼肉定食を注文した。
担任はトンカツ定食。
ここの焼肉定食は肉が分厚いのが特徴だ。
これは焼肉というより、しょうが焼きとか豚のソテーというんじゃないかと思う。
味付けは甘辛の焼肉のタレで白ゴマがブレンドされてる自家製だ。
俺は早速、タコ部屋脱出の時に担任に手渡された封筒を差し出した。
「これ、ありがとうございました。」
「なんだよ、返してくれなくていいのに。」
担任はわりとあっさりその封筒に入った金を受け取った。

629 :名無しさん@HOME:04/02/26 15:26
ノシ

630 :名無しさん@HOME:04/02/26 15:27
肉なんか薄くても厚くてもいいから早く本題に入れ!

631 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/26 15:27
>>628 ワラタw しかしうまそーだw

>>627>>629 ヲチ3人ねw

632 :名無しさん@HOME:04/02/26 15:30
>>631
いや4人

633 :名無しさん@HOME:04/02/26 15:30
5人だYO!

634 :名無しさん@HOME:04/02/26 15:31
プラまとめ
>>615
>>616
>>617
>>621
>>628

635 :名無しさん@HOME:04/02/26 15:31
「お待ち!!」
おばちゃんの元気のいい声と一緒に食事が運ばれてきた。
担任は手を合わせて頂きますと言って食べだした。
俺も腹が減ってたからひたすら飯を食うことに専念した。

636 :名無しさん@HOME:04/02/26 15:32
待たせといてコレダケ?

637 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/26 15:33
急かせたり煽るとと481さんみたいに途中で切られるぞ!!

638 :名無しさん@HOME:04/02/26 15:35
飯を食った後、駅前の公園のベンチに座った。
暖かい日差しと風のバランスがとてもいい穏やかな日で、
このまま寝てしまいそうだった。
「ひとつ問題がある。」
担任は眉間にしわを寄せて切り出した。

639 :名無しさん@HOME:04/02/26 15:35
少し席をはずします。


640 :SWAT ◆KokeTXak1k :04/02/26 15:37
ほい いってらっさ〜〜 続き待ってるよん

641 :名無しさん@HOME:04/02/26 15:38
プラまとめ
>>634 1〜5
>>635 6
>>638 7

642 :名無しさん@HOME:04/02/26 15:39
その問題が今回の事件ですか?
波風の無い穏やかな春の日差しの様な人生崩壊のきっかけですか?
ワクワク


643 :SWAT ◆KokeTXak1k :04/02/26 15:40
>>641 乙

644 :名無しさん@HOME:04/02/26 15:43
やっぱこうでなくっちゃね!
プラさん、やっぱイイ!

645 :名無しさん@HOME:04/02/26 16:08
「お前を探してる奴らがいるんだ、そしてもうじきこの場所がばれる。」
俺はわけがわからなかった。
確かに俺は親の作った借金を踏み倒して逃げた。
しかしこんなに時間が経って尚、追い回すほど価値のある金額ではない。
「お前の居たタコ部屋がまずかったんだ。あそこにいた人間は生きて戻ってきたらいけな人間のあつまりだったんだ。」
「先生?いまどき何言ってるのそんな所があるはず…」

646 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/26 16:11
キターーーーー

647 :名無しさん@HOME:04/02/26 16:12
早く夕御飯の支度して
夜のオチにそなえるぞーー!

648 :名無しさん@HOME:04/02/26 16:13
おおっ!再開ね!
・・・今日の夕御飯は遅くなります・・・

649 :名無しさん@HOME:04/02/26 16:16
思い当たる不思議な事があった。
人間が突然いなくなるんだ、昨日までいた奴が今日はいなかったりしてた。
新しく入ってくる奴は居たが、いなくなる時は突然ひっそりといなくなっていった。
俺は居なくなった奴は脱走してたんだと思っていた。
「殺されたんだ。」

650 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/26 16:18
・・・まじすか?

651 :名無しさん@HOME:04/02/26 16:20
「保険金を掛けられていて、ある程度働かせたら殺す。
これがあのタコ部屋のやり方らしい。」 
担任は空を見上げて無情というような顔をして言った。                     
それだけなら逃げた人間をわざわざ追う必要なんてあるのだろうか?
「お前は見たんだよ、無意識のうちに何かをもしくは誰かを」
担任はポッケからタバコを出すと左手で風をさえぎるようにしながら
ライターで火をつけた。
俺にはわからなかった。
俺は何を見た?誰を見た?

652 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/26 16:21
にげろ!!いますぐにげろ!!

653 :名無しさん@HOME:04/02/26 16:25
県境の山奥の林道沿いに立てられたプレハブ
そこで雑魚寝をさせられ
毎日、裏山の獣道のような道のような所を上っていき
大きなプレハブのような建物に行きそこで作業をさせられていた。
作業は日によって変わり、木を切り出すとか加工するとか
なにやら薬品のような物を混ぜ合わせたり
それを加熱したりしていた。

654 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/26 16:27
ひいいい

655 :名無しさん@HOME:04/02/26 16:28
始めまして。ぜんぜんプラ君の事と関係ないけど、
このスレ来ての感想書いてもいい?

656 :名無しさん@HOME:04/02/26 16:30
ウンウン
それから?!

657 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/26 16:34
追っ手が来たのきゃ?

658 :名無しさん@HOME:04/02/26 16:34
不定期だが知らない人間がその様子を大勢で見に来る事もよくあった。
時に知らない国の言葉を話す人間が通訳を連れて
来る事もあった。
しかし働く人間はそんな事は気にもしていなかった。
一日のノルマは重い。
それをこなすためにみんな必死で作業をしていた。

659 :名無しさん@HOME:04/02/26 16:34
SWANてさーーー

660 :名無しさん@HOME:04/02/26 16:36
お〜お〜きな のっぽの くり時計〜♪

661 :名無しさん@HOME:04/02/26 16:38
プラまとめ
>>641 1〜7
>>645 8
>>649 9
>>651 10
>>653 11
>>658 12

662 :名無しさん@HOME:04/02/26 16:39
夕方になるとトラックが来る。
その日した作業でできた物を林道沿いのプレハブの庭まで運び出し
トラックに積んだ。
トラックがどこに行くかは知らない。
そして一日が終わる、そんな毎日だった。

663 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/26 16:41
うんうん

664 :名無しさん@HOME:04/02/26 16:44
担任はタバコを深く吸った。
そして俺の肩に手を置くと小さいけどはっきりした言葉で言った。
「いいか逃げるんだ、ここから逃げろ。 
 もう少し、あともう少し逃げてくれ
 もうじき逃げなくても平和に暮らせる日が来る。
 もうじき何もかも解決するから。」

665 :名無しさん@HOME:04/02/26 16:46
担任はかばんから包み紙を取り出して俺に渡した。
「大検の勉強をしてるそうだから、お勧めの参考書だ。
 勉強はどこに行ってもできる。今は受験はむりだが
 もう少ししたらそのチャンスも来る。勉強はしとけ。」
担任はすくっと立ち上がると駅の方を見た。
制服を着た学生たちが続々と駅から出てくる。

666 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/26 16:46
担任も一枚かんでる!?w

667 :名無しさん@HOME:04/02/26 16:49
「さて、帰るぞ。」
俺も入場券を買って担任とホームに入った。
新幹線ホームはサラリーマン風の人間がたくさんいた。
この中に、俺を追ってきてる人間がいるんじゃないか?と
俺はキョロキョロしていた。
まもなくホームに新幹線が来るというアナンスが流れた。
 「もう手紙は書いてくるな、メールしろ。
  あとこの金はもう返さなくていいから使え。」

668 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/26 16:51
ドキドキ

669 :名無しさん@HOME:04/02/26 16:51


670 :名無しさん@HOME:04/02/26 16:51
プラ君まとめ
>>661 1〜12
>>662 13
>>664 14
>>665 15
>>667 16

671 :名無しさん@HOME:04/02/26 16:53
手に握らされた担任のメールアドレスと20万入りの封筒。
そしてさっきもらった参考書。
担任は笑顔で手を振り続けた。
俺も新幹線が見えなくなるまでずっと手を振り続けた。

672 :名無しさん@HOME:04/02/26 16:54
新幹線も見えなくなり一人ぼっちになると
たまらなく不安になった。
”そしてもうじきこの場所がばれる。”
担任が言ってた言葉が脳裏を走った。
こうしてる間にも、もう追ってはこの町にたどり着いているかもしれない。
俺はこの町から逃げなくてはならない。
担任の言っていた平和に暮らせる日が来ることを信じて。

673 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/26 16:55
逃げろ!!

674 :名無しさん@HOME:04/02/26 16:58
プラ君幸せなの?
ねえ今幸せに暮らせてるの?
もう捕まってるの?

675 :名無しさん@HOME:04/02/26 16:59
SWANて何かのキャラクターのなりきりなの?
「だぎゃ」て言葉読むと、すんごく萎えるんだけど。


676 :02 ◆countLQaVc :04/02/26 17:01
・・・プラ君なの?

677 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:01
だぎゃはきちがい語。すでに2ちゃん用語的な言葉だ覚えておけ愚か者。

678 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:02
>>676
ぷらくんじゃなきゃ書けないだろう。
私は信じてる。

679 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:03
俺は迷った。この事実をまず誰にどう伝えるべきか。
仕事をさせてくれて、生活の世話までしてくれた新聞屋に最初に言うべきか
身しらずの人間にこの環境を与えてくれた不動産屋のオヤジに最初に言うべきか
こんな浮世離れした話だ、
少しアングラな影を漂わせてる不動産屋のオヤジにまず話してみて
新聞屋が無理でもオヤジなら信じてくれるかもしれない。
信じてくれなくてもいいけど、事実は伝えておこう。
そしてこの町を出よう。

680 :02 ◆countLQaVc :04/02/26 17:04
ってことは、まだ逃亡列車に乗ってるんだ・・・。

681 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:04
旅に出るんだね。
補導されないようにね。

682 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:06
俺はそう判断して、不動産屋に駆け込んだ。
「オヤジ、オヤジいる?」
今日も開店休業の不動産屋のカウンターにオヤジは居なかった。
どうやら奥の自宅間にいるようだ。
「おーっ」
いままで寝てました。と言わんばかりの声で返事がした。
「俺、言いたい事があるんだ。急いでるんだ」
オヤジは奥から頭をかきながら出てきた。

683 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:08
プラ君まとめ

>>670 1〜16
>>671 17
>>672 18
>>679 19
>>682 20

684 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:09
じゃあ、SWANはきちがいになりきってるわけ?

685 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:09
俺はオヤジに話した。
実はある県境のタコ部屋に居たこと。
担任がタコ部屋から脱出するために手助けをしてくれた事。
今日その担任と再会した事、俺の居たタコ部屋からは生きて帰る事が許されなかった事、
そして、追っ手がもうすぐここを突き止めてやってくること。

686 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:10
>>684
プラ君の話題以外は雑談でどうぞ。

687 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:11
プラがんばれ!!!!!!

688 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:12
プラまとめだけど夕ご飯作るから落ちます。
誰か続きのまとめお願いします。

689 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:13
「俺に最初に話してくれたのか、ありがとよ。」
オヤジは俺の肩に手をかけて体を起こしてくれた。
「俺も一緒に行こう、お前は新聞屋に着いたらすぐに荷物をまとめろ
 新聞屋には俺が話す。何も心配するな。」
オヤジと俺は新聞屋に向かった。

690 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:15
あの日、オヤジに引っ張られて新聞屋に連れて行かれた日を思い出した。
いつ逃げよう、今逃げようそう思いながらいる俺を
陽気なオヤジが鼻歌交じりで商店街を突き進む
まるで遠い昔のようだ。

691 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:18
今日のオヤジもあの日と同じく俺を引っ張って新聞屋に向かっている。
でもあの時のような陽気さはない。
こんなに真剣なオヤジの顔は初めてだった。

692 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:18
>>688
お疲れ〜

693 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:21
「よぉ、新聞屋、話があるんだけどいいか?。」
オヤジは俺に部屋に行って荷造りをしろみたいな合図をしながら言った。
俺は、すぐさま部屋に入り荷物をまとめたり掃除をしたりした。
荷物と言うような物はほとんどなく掃除と合わせて30分で終わってしまった。
再び店に戻ると新聞屋は深刻な顔でうつむいていた。
「というわけだ。色々世話になったな。」
どうやらオヤジが不動産屋にあの話をし終わったところらしい。
「そうか、こいつはどっかに行っちまうのか行く行くはうちで養子にでもって考えてたんだけどな。」
俺はびっくりした。新聞屋からそんな話は聞いたこともなかった。
俺みたいな得体のしれない人間を養子にしようなんて考えてくれてたなんて…

694 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:21
・・・が違う。

695 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:23
>686
何で?ここはプラ君専用のスレじゃないでしょ?
「女しか産めない夫婦は生きてる価値なし」ていうスレでしょ?
矛盾してるんじゃないの?

696 :02 ◆countLQaVc :04/02/26 17:23
違うけど・・・。

697 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:24
俺は一人で生きているような気で居た。
でも実は、たくさんの大人に支えられて生きていたんだ。
担任だってそうだ、俺なんかのためにわざわざ重要な知らせを持って来てくれた。
そしていまここに居るオヤジと新聞屋も、何処の誰かもはっきりしないような
俺を思ってくれている。
そして作り話のような話を信じて真剣に話してくれている。

698 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:24
プラ君まとめ

>>683 1〜20
>>685 21
>>689 22
>>690 23
>>691 24
>>693 25

699 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:24
>>695
空気嫁

700 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:25
しかし私も夕食落ちです。

701 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:25
>>695
空気嫁

702 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:26
「おぅ、片付いたか。あとはお前さんの次の移転先を考えないとな。」
オヤジはうーんと唸って考え込んだ。
「新聞屋なら全国どこでも紹介状書くぞ。」
新聞屋がこれだ!とばかりにうれしそうに言った。
「新聞屋はだめだな。すぐに見つかる」
オヤジは馬鹿か?というような顔で言った。

703 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:28
これ以上みんなに迷惑をかけるわけにいかない。
それに俺はここまで甘えるためにあの話をしたわけじゃない。
俺なんかにここまで親切にしてくれた人たちに黙って出て行くわけにいかないから
言っただけだ。
「みなさんありがとうございます。しかし俺は大丈夫です。
 しばらくの資金は何とかなりました。またどこかで元気に暮らします。
 本当にお世話になりました。」

704 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:28
>>698以降のまとめおながいします。

705 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:30
新聞屋もオヤジも顔を見合わせて笑った。
「そう言うな、お前は俺たちの息子みたいなもんだ。遠慮するな。」
新聞屋が笑顔で言った。
「そうだ、遠慮と謙遜はしたら損だ。」

706 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:31
うぉぉぉ、さっさと帰宅して続きを読もうっと。

707 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:32
意見は好きに書きこんじゃダメなの?
このスレ違いもいいとこのプラ君の話を優先しなきゃダメなの?

708 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:32
俺は下げた頭が上げられなかった。
みっともないくらいぐちゃぐちゃの顔になってるに違いない。
涙が雨の様に頬を伝わりボタボタと床に落ちている。

709 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:33
>>707
そうだよ。わかってんなら聞かないでよ。

710 :02 ◆countLQaVc :04/02/26 17:34
プラ君の話のほうが重要だ、今の私にとっては。

711 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:35
その時、奥からお茶を運んで来た奥さんが口を挟んだ。
「私のおばあちゃんの一番したの弟が、オムツが取れてすぐにお寺さんに
 入ったそうなんだけどね、なんでも仏教の総本山でさ今じゃ偉いお坊さんらしいよ。
 そこなんてどうかね。」
「ああ、そんな話を結婚する時に聞いたような気がするな。
 でも俺もだけど、お前も会った事がないんだろ?本当にそんな弟がいるのか?」
新聞屋がお茶をすすりながら言った。

712 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:36
ここは女しか産めない夫婦は生きてる価値なしって名前の
自小説スレになってるんだよ。
もうこの流れに逆らうことは誰にも出来ない。
彼の話が終わるまでは…。

ところで次スレ立てるときには「プラたん」って
スレタイでいいんでしょうかね?


713 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:36
>710
家事をする方が重要なんじゃないの?

714 :02 ◆countLQaVc :04/02/26 17:37
>>713
御飯は炊いてる途中だから安心しる。

715 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:38
「奥さん、それは本当かね?すぐにおばあさんに連絡は取れるか?」
「ええ。それはいいけど。」
「すぐに頼みます、ちょっと話をさせてくれ。」
オヤジはすくっと立ち上がると奥さんの後に付いて行った。

716 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:38
今日の夕飯は白ご飯だけなんだね。

717 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:40
私はみそ汁作り中。

718 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:41
「今はそれでも地方都市なんて言われてるけど、昔は畑と山ばっかりの荒れた場所でな 
食い減らしって言って、子供をお寺さんや、奉公なんかに出したそうだ。
 そういう時代もあったんだがな…」
新聞屋は独り言のような、俺に話しかけてるかのような
微妙な感じでボソっと言った。

719 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:41
今プラ君が書いてる話って、今から何年前の話なの?
何でこんなに鮮明に、おっさんとかおばはんの台詞を覚えてるの?
これは実話なの?それとも作り話?

720 :02 ◆countLQaVc :04/02/26 17:41
>>716
そうだよ。

721 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:42
>>719
フィクションとして楽しめ

722 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:42
>>719
最初から読めばわかるけどここ数年の話しらしいよ。


723 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:43
これはノンフィクションだ。

724 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:45
なんで担任、そんなに詳しいんだ?

725 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:45
>>724
だから聞くばっかりじゃなくて最初から読めよ。

726 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:46
プラ君第一章は>>12から始まりました。

727 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:46
ここ見てる暇あるんだったら、おかずも作ればいいのに
02の人。

728 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:47
奥さんが戻ってきた。
どうやら電話におばあさんが出て、いまオヤジと話しているんだろう。
「おばあちゃん元気だったわよ、まだ田んぼに出てるんだって」
「よく働くばあさんだな。」
新聞屋夫妻の表情が柔らかく暖かに感じられた。
人は久しく合わない身内の話をする時、こんな仏様のような
やわらかい顔をするものなんだろうか。
俺にはこんな顔をして話せる身内なんていない。
でも10年くらいしてここにいる大人の話をする時は
あんな表情になれる事を祈りたい。

729 :02 ◆countLQaVc :04/02/26 17:47
ふむふむ。

730 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:48
オヤジが電話を終えて戻ってきた。
「おばあさんがこれから、坊さんに連絡を取ってくれるそうだ。
 いい連絡が来るといいな、取り合えず俺は家に戻っ出発の用意をする。
 連絡が来たらすぐに出かけよう。」

731 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:50
そういい残すとオヤジは店を出ていた。
「行った事はないんだけど、なんでもかなり山奥で車も途中までしか入れないそうよ。
 よく休んでおきなさいな。」
奥さんは茶碗をお盆に乗せて下げながら言った。

732 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:51
まあ世の中にはレトルト食品や冷凍食品という便利なものがあるから
おかずは大丈夫なんでない?

733 :02 ◆countLQaVc :04/02/26 17:53
おかずは727さんの丸焼きに決定しました(w

734 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:53
「辛くなったらいつでも連絡よこせよ。お前の家はここだ。
 まだ行くって決まったわけじゃないけどな。」
新聞屋が照れながら俺に言った。

735 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:54
ふむふむじゃなくてさーー。
02の人

736 :02 ◆countLQaVc :04/02/26 17:55
あれ?(w

737 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:56
電話が鳴って奥さんが出た。短い電話だった。
奥から奥さんが深刻な顔でやって来て小声で言った。
「早く、こっちに来なさい。いいから早く!」
奥さんは俺の腕を引っ張った。
「なんだ?どうしたんだ。」
新聞屋も困惑している。
「あなたはここに残ってて、わけは後で。」
俺は奥さんに引っ張られるままに付いていくしかなかった。
店の裏口から出ると小さい用水路があるそこをピョンと飛び越えて
隣の家の低い塀をまたぎ庭を突っ切る。
そして店の通りと平行に走ってる住宅街の小さい路地に出た。

738 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:58
ここは家事放棄主婦の城ですがなにか?
文句があるなら作ってくれよ

739 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:58
>>736
スレの残りも少ないんだ、
合いの手は遠慮しる

740 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:59
それと同時にオヤジの車が来た。
「早く乗れ。」かなり慌てた様子でオヤジが俺に言った。
俺はわけもわからず言われるがままに飛び乗った。
「元気でね、大丈夫あなたならどんな場所でもやっていける。」
奥さんは小さく手を振ると辺りを見回して元来た道を足早に戻っていった。

741 :名無しさん@HOME:04/02/26 17:59
ハハハおもしろいねー。
02の人




はぁ〜あ・・・・

742 :名無しさん@HOME:04/02/26 18:00
>>712なんですけど次スレ「プラたん」じゃダメですか?
ぜったいにこの流れは続くと思うんだけど。
立てるから誰かタイトル考えておくれよ。

743 :名無しさん@HOME:04/02/26 18:01
プラたんだと削除される恐れがあるから
○○小説とかの方がいいと思う。

744 :名無しさん@HOME:04/02/26 18:02
「何があったんですか?」
俺は凍りついた様な顔をしているオヤジを見た。
「多分、お前さんの追ってだ。」
「なんだって?新聞屋は大丈夫なんですか?もし何かあったら…」
「さっき帰り道で不審な4人組を見た。日本人じゃないな、ありゃ。」
「だから、新聞屋はどうなるんですか!!」
俺のせいで新聞屋に何かあったら申し訳が立たない。
大体俺なんかと関わったせいで何かあったら、それこそ…
怒りというよりは悲しみがドバッと溢れてきた。
「少し黙ってろ。」
オヤジはまっすぐ前を見たまま険しい顔で言った。
俺は新聞屋が心配でしかたなかった。
こんな事になるなら、この人たちに出会わなければ良かった。

745 :名無しさん@HOME:04/02/26 18:05
休憩します。

746 :名無しさん@HOME:04/02/26 18:06
お疲れさまです

747 :02 ◆countLQaVc :04/02/26 18:06
お疲れ様。

748 :名無しさん@HOME:04/02/26 18:07
プラ君まとめ

>>698 1〜25
>>697 26
>>702 27
>>703 28
>>705 29
>>708 30
>>711 31
>>715 32

749 :名無しさん@HOME:04/02/26 18:08
そしてプラはタコ部屋からこの小説を書いている。           間違いない!!

750 :名無しさん@HOME:04/02/26 18:08
プラ君まとめ

>>748 1〜32
>>718 33
>>728 34
>>730 35
>>731 36
>>734 37
>>737 38
>>740 39
>>744 40

751 :名無しさん@HOME:04/02/26 18:18
春は眠いね。

752 :名無しさん@HOME:04/02/26 18:18
新聞屋は韓国マフィアに殺されたに1000新聞

753 :名無しさん@HOME:04/02/26 18:20
新聞屋→不動産屋→担任→プラ の順番で殺されていきまーす。


754 :名無しさん@HOME:04/02/26 18:33
北朝鮮工作員の根城の悪寒<タコ部屋

755 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/26 18:47
プラ君乙ーーー!!
おりや02に用のあるヤシは「みんな仲良し」ってスレにいけ

756 :名無しさん@HOME:04/02/26 18:50
はい

757 :名無しさん@HOME:04/02/26 18:52
プラ君watchしてる人って意外に多そうだね。

758 :名無しさん@HOME:04/02/26 18:57
時スレの提案

★★実録小説〜家庭の板から2004〜★★

759 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:01
>>755
検索したけどどこかわからない・・・。
家庭板だよね。


760 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:02
女しか埋めない夫婦は生きてる価値なし小説

でいいよ。

761 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:04
>>759
検索も満足にできない人は2ちゃんなんかしてないで
少しお勉強でもして下さい。

762 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:07
今日はすき焼きにした。
下ごしらえは出来てる。
プラ君も一息入れてるようなので、ちょっと食べてくる。

763 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:15
今帰宅した、まだ終わってないのか!

764 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:21
車内は無言のままで、オヤジの好きな演歌だけが流れていた。
新聞屋を出たときはまだ夜だった空もだんだん明るくなってきて
辺りの景色は山や大きな木ばかりになって来た。
それは俺の居たタコ部屋の周りに生えていたような大きな木ばかりだった。
道はだんだん狭くなり、しまいには手入れが行き届いてない
古くて狭い道になりやがて行き止まりになった。

765 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:22
車を降りると体温を芯から吸い取ってしまいそうな空気が流れていた。
どこか薄気味悪い、そしてなんとも閉鎖的な大きな鳥居と何処までも続いていそうな
階段があった。
オヤジは「行くぞ。」と一言。階段の方へ歩いていった。
「ここが、おばあさんの弟さんの?」
「そうだ。」
おばあさんから返事の電話が来る前に家を出てしまった。
もし断られてたとしたら無駄足になってしまう。
でもそんな事は言える雰囲気じゃなかった。

766 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:22
新聞屋の安否がわからないまま、おばさんからの返事もわからないまま
俺とオヤジはひたすら階段を登った。
息が白い。少し朝霧も出ている。
階段の両端は斜面になっている。山を削って階段を作った感じだ。
熊笹が風に煽られてカサカサカと音を立てる。
樹齢何百年かというような木達もゴォーウォーと唸る。
薄気味悪い。こんな山奥のこんな薄気味悪い場所に寺があるなんて
本当にあるんだろうか?お坊さんじゃなくて天狗でもいそうな雰囲気だ。

767 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:23
階段を登りきるとさらに鳥居があって、さらに大きな木がうっそうと立ち茂っていた。
サワサワとかすかに人の声もする。
作務衣のような格好をした俺と年齢もそうかわらなそうな男と
見るからに坊さんという感じの人が境内で話をしていた。

768 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:24
>>762
すき焼き食ってる場合じゃないぞ(((;;゚∀゚))))ハァハァ/lァ/lァ/ヽァ/ヽァ ノ \ア ノ \ア

769 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:25
「こちらでお坊さんをなさっている方をさがしております。」
オヤジは深々と頭を下げて、お坊さんに話しかけた。
「誰をお探しですかな?」
浅黒くて血管の浮き出た坊さんはオヤジの方をすくっと体ごと向いて言った。
作務衣は手を合わせ会釈をすると寺の中に入っていた。
オヤジは夕べおばあさんを通してこちらに電話してもらった事。
男の子を一人預かって欲しいとお願いをした事。
返事を待たずに来なければならなかった事の謝罪を添えて話した。

770 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:26
坊さんはこちらへどうぞと俺とオヤジを寺の中に招き入れた。
掃除の行き届いた畳の部屋に通された。
線香の匂いがしみついている部屋だった。
案内をしてくれた坊さんは手を合わせて会釈をすると奥に引っ込んで行った。
さっき作務衣を着ていた男が今度はまるで一休さんのような格好をして現れた。
お茶を出し、会釈をするとまた出て行った。
静まりかえった生活感のない空間。俺も落ち着かなかったが
オヤジもどうやら同じ気持ちらしい。そわそわとしている。

771 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:26
「厳粛とはこういう事を言うんだろうな。」
オヤジは出された茶に口を付けてそう言った。
すると失礼します。という声がして襖がススっと滑るように空いた。
現れたのはおでこにアザのある年老いた坊さんだった。

772 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:27
「この度は遠くよりご苦労様でした。」
坊さんはそう言うと部屋に入ってきた。
そしてやっぱり…と言うべきか、そ・そんな!!と言うべきかこんな事を言った。
「私は昨晩、妹より電話を頂きお断りさせてもらったのですがなぜいらしたのですか?」
俺はこの坊さんに、この寺に断られてたのか。
そんな事も知らずにのこのこと息を切らせて階段まで登って来てしまったのか。
特にオヤジは長距離を運転してまで来てこれじゃさぞがっかりだろうな。

773 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:27
オヤジは電話のあとの出来事を包み隠さず坊さんに話して聞かせた。
坊さんは俺の話を信用していなかったらしい。
子供の狂言に付き合う暇などないと断ったみたいだ。
オヤジの話を聞いてまさか!といった顔をした。
「正直、この現代にこのような事があろうとは思ってもみませんでした。」
坊さんは目を丸くして俺を見ると手を合わせて何か呪文のような言葉を発した。

774 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:28
「しかしながら、ここにはこの少年をまもる術はございません。
 腕に覚えのある者などもおりません。
 一番の問題はこの寺は総本山であり密教という制度で代々続いております。」

775 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:29
密教?ここは怪しい宗教団体か何かなのだろうか?
俺が密教と聞いて想像するのは、黒ミサに全身を覆う黒マントをまとった人たちが
悪魔の呪文が書かれた文を読んだり歌ったりして、人質を悪魔にささげるとか言って
殺すような類のものだ。

776 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:29
「この子を出家させる。こちらであなたの弟子にさせろお坊さんにしてくれと言ってる
 わけではありません。この子の命を寺総出で守れと言ってるわけでもありません。
 ただしばらくここに置いてくれるだけでいいのです。」
オヤジが深々と頭を下げた。

777 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:30
お坊さんは少し戸惑った様子で黙ったまま目を閉じた。
そして少し待っていてくれと言うと奥に引っ込んでいった。

「オヤジ、密教って何だ?俺は黒ミサでもやるのか?」
「黒ミサ?なんだそりゃ、変な漫画の見すぎだ。この場合の密教ていうのは
 一人の坊さんに対して一人の弟子だけに教えを説く。という意味だ。」
オヤジはいつもの陽気な笑顔で噴出しながら言った。

778 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:30
弟子以外は寺に入れられないという事なんだろうか?
よくわからないけど、だめそうだ。
さっきの坊さんが戻ってきた。
最初現れた時と同じ様式で部屋に入ってきた。
「我々は後生教えを伝えて行くのが仕事です。
 もしそれに差し支えるような事があれば、即刻出て行ってもらう。
 それで宜しいでしょうか。」

779 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:30
http://marmotfarm.com/cgi-bin/upload2/source/up32272.jpg

780 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:31
オヤジも俺も予想外の許可の知らせに驚いた。
そして慌てて坊さんの真似をして、手を合わせて頭を下げた。
坊さんの計らいで、オヤジは寺に一泊する事になった。
俺はこの寺で、お世話になれる事になった。
坊さんの修行をするわけじゃないが、みんなと同じにおきて掃除をして
飯の用意をして片付けて、簡単に言えば坊さんの世話係みたいな事をする
それが新しい俺の仕事だ。

781 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:31
翌日オヤジを階段の下まで送っていった。
「元気でな。上手くやれよ。」
「最後の最後まで本当にお世話になりました。」
涙が止まらない俺を強く抱きしめてオヤジも泣いていた。
人と人の繋がりとは不思議な物で、短期間で俺とオヤジは
家族のような絆を築いていた。
静寂の山に、俺とオヤジの別れを惜しむ声だけが聞こえていた。

782 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:31
俺には境内の隅にある小さな小屋が与えられた。
数年前までここで境内の管理人をしてる男が暮らしていたそうだ。
70才になり里に降りたそうだ。
4畳一間と小さな土間の台所があるだけの小さな小屋だが
なかなか住み心地は良さそうだ。
心に突っかかってるのは新聞屋の事だ。
新聞屋夫婦は無事なんだろうか。
オヤジもちゃんと無事に帰れたんだろうか。
電話も手紙も駄目だ、メールだけにしろ。
担任が言ったように、オヤジも最後に言い残しいた。
だから俺は状況を把握することはできなかった。

783 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:32
俺はみんなの安否を心配しながらも与えられた仕事に打ち込んだ。
まだ夜明け前から起きて、寒いを通り越した寺や境内を飛びまわって仕事をした。
最初の頃はミスもしたが、この頃は順序良くこなせるようにもなってきた。
朝早く、夜早い規律の厳しい世界なんて書くと言い訳になるけど
この頃は先生のくれた参考書をさぼり気味だ。

784 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:32
寺に鳥居はないでしょ。

785 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:33
最初の日に会った作務衣は俺が気に入らないようだ。
こいつは親に捨てられて3歳のときに知り合いの伝でこの寺に来たらしい。
何かとチョッカイを出してくる。
少し前は大検のテキストが裏山に捨てられていた。
朝、外に出ようとしたらドアが開かなくて遅刻した事もあった。

786 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/26 19:33
飯炊いてたら・・・プラ君おきゃーり!!
そんでそんで?

787 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:33
俺は作務衣が何をけし掛けて来ようが別段気にもとめなかった。
そんな事より、新聞屋とオヤジの安否の方が大切だった。
悪戯に無関心な俺にさらにムカつくのか、作務衣は俺をギャフンと言わせるために
色々な子供じみた悪戯を仕掛けてきた。

788 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:33
作務衣はあまり同年代の人間を接して来なかったのだろう。
俺も作務衣の事をとやかく言える程の経験はしていないが
こいつは接し方がわからないだけだろう。
しかし今の俺にはそんな事を教えてやる余裕はない。
仕事と、心配の事で胸がいっぱいだから。

789 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:34
小屋のドア一面にマツヤニが塗りたくられてたり
カエルの串刺しが小屋に投げ込まれていたり
なんというか、俺にしてみたら滑稽でしかたなかった。
毎日、今日はなんだろうと楽しみにするのが日課になっていた。

790 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:35
そんなある日、おばあちゃんの弟坊さんに呼ばれた。
作務衣の事での話しだった。
弟坊さんは全部お見通しだった。怖いくらい全部わかっていた。

791 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:35
「お前はここまでどうやって来た。」
「どうやって?車で不動産屋の…」
そこまで言った所で弟坊さんの目がくわっと見開き
何か見えない力で俺を圧倒した。
「人生の話しだ、お前は一人でここまで生きて来たのかと聞いたんだ。」
「それは…たくさんの人に助けられて・・・」
言葉に詰まった。なんて答えていいのかまったくわからなかった。
「恩返しってわかるか?」
弟坊さんはとっとと次の質問に移ってしまった。
「親切にしてもらったり、助けてもらった人にそれ同じくらい
親切にしたり助けてあげる事かな?」
弟坊さんは境内を細目で見ながら言った。                     
「よく覚えておけ、恩は貰った以上返せ。
 小庵(作務衣)は見ての通り精神的に成長していない。
お前はそれを解っていて見て面白がっている。
でもな、お前にもそういう時期があったはずだ。」
俺はこの弟坊さんがいいたい事が理解できた。               
弟坊さんはニコっと全身で笑いを表現してるかのように微笑んだ。

792 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:36
「貰った恩の利息は、他人に分け与える。それも恩の内。」
弟坊さんはこれが言いたかったんだと思う。
いや、そう言いたかったんだ。
これまで担任も、オヤジも、新聞屋も自分の事を投げ打ってまでも
俺を助けてくれた。
みんなどこかで教えて貰った恩を俺を通して教えてくれた人に返してるんだ。


793 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:36
俺は自分の事ばっかり考えて
昔の嫌な俺になりそうになっていた。
損得でしか人間関係を築けない人間。
低学歴で卑猥な親をうじ虫と称し存在を損としていた。
俺に好意を寄せてる、大会社の娘を付き合いを継続しとけば得と考えていた。
人間の付き合いは損得じゃないって、みんなが体を張ってまで教えてくれたのに
俺はそれをすっかり台無しにしようとしていた・・・

794 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:37
寺に鳥居はないでしょ。

795 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:38
新聞屋が無事だったのか?オヤジが無事に帰れたのか?
俺を接点を持つ担任が今でも無事に暮らせてるのか?
不安は山ほどある。
でも連絡を取る術がない今は、そればかりを考えて回りが見えなくなるより
自分にできる形で、これらの人に恩返しをするしかない。

796 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:38
担任の言ってた言葉を信じて
やれる事をするしかないんだ。
大検の勉強も再開しよう。
もうじき逃げなくても平和に暮らせる日が来る。
もうじき何もかも解決するから。

797 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:39
寺子だけど、鳥居もあるよ。
寺の守り神社が同じ山にあるので、山門とは別にあったりする。

798 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:39
それからしばらくして俺は新聞屋やオヤジの安否を知る事になった。
またそれは次の機会で。
                       おわり

799 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:40
>>798
工エエェェ(´д`)ェェエエ工

800 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:43
ぉぃ、終わりかよ! せめて次の書き込み日の予告くらいしてくれ!

>>797
仏教と神道が混在していた時期があったから、山奥だとまだ
そういうのが残っているかもね。

801 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:47
ブラボー

802 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:47

今、大検の勉強をしています。
不動産屋のオヤジとは、今でも一緒に銭湯に行ってます。
こうして俺が今いるって事を、証明したくて長々とレスしました。
最後まで読んでくれたみなさん。ありがとうございました。
俺はまだ、海を見てません。
そのうち見れたらいいなって思ってます。

                       おわり。



    ・・・これ(>>352)に続きがあるとは思わなかった・・・

803 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/26 19:48
乙ですた〜〜〜〜〜!!
プラ君はちゃんと「ペイ フォワード」の精神を理解してるんだね・・・
おばちゃんも大事なこと忘れてた気がするよ!!うん!!
(なぜここではおばちゃんキャラ・・・w)
次のも期待してるよ〜〜〜〜!!

804 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:48
まあ、こうして打ち込んでるんだから
現在はメールで連絡もしてるって事でしょうね。

805 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/26 19:49
みんな続きが見たかったら野暮なこといわない!!w

806 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:51
ノンフィクションとして読むにはちょっと・・・ゴニョゴニョ

807 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:53
最後まで読んでくれたみさん挨拶が遅れました。
今回も読んでくれてありがとう。
第一回のはいつか書こうとノートに書き溜めていたものです。
今回二回目は今から少しだけ前の話になります。
また見つけたら読んでみてください。

808 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:55
プラ君ありがとう。

809 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:55


414 名前:377 本日のレス 投稿日:04/02/26 19:54 iyN3NMee
すき焼き食べ終わってみてみたら、プチ終わりになっていた。
(´・ω・`)ショボーン
次回、乞うご期待。

810 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:56
>>806
ゴニョル奴にかぎって幼稚園生よりひどかったりすんだよね♪

811 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/26 19:57
プラ君 いつもありがとうね!

第3回が書けるときまでひっそりホシュだぎゃ
終わりそうになったら次スレ立てるからねんプラ君♪

812 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:58
このまま消滅したらプラは死にましたって事か?
拉致されてもすぐにわかるようにテレビに出まくってる
プリンセステンコウみたいだな。

813 :名無しさん@HOME:04/02/26 19:58
大丈夫















ネタだから

814 :名無しさん@HOME:04/02/26 20:02
       o  
    o_ /)
     /<< 

815 :名無しさん@HOME:04/02/26 20:03
>>813意地が悪いね。

816 :02 ◆countLQaVc :04/02/26 20:13
・・・何か・・・いきなり終わった・・・。


817 :名無しさん@HOME:04/02/26 20:15
415 名前:可愛い奥様 本日のレス 投稿日:04/02/26 20:11 iyN3NMee
ヽ(`Д´)ノウワァァン
あっちにはったやつがいるな!

818 :名無しさん@HOME:04/02/26 20:17
>>807
それを早く言ってほしかった!
ていうか、疑ってごめんよぉぉ
続き待ってるからまた書いてね・・

819 :名無しさん@HOME:04/02/26 20:36


419 名前:可愛い奥様 本日のレス 投稿日:04/02/26 20:26 iyN3NMee
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
親碗片付けてたら、また貼られていたのか・・・・・


420 名前:可愛い奥様 本日のレス 投稿日:04/02/26 20:27 iyN3NMee
>>419
動揺して間違えた・
親碗<−お茶碗

820 :名無しさん@HOME:04/02/26 20:58
ふぅーーーー。全部読んだ。
これを読んで分かった事は,SWANがきちがいになりきってる事と、
02がダラ奥て事。

821 :名無しさん@HOME:04/02/26 21:32
02はメンヘル主婦だな

822 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/26 21:35
>>820-821 だからなかよしスレに行けばわかるから・・・(汗
      おまい(ら?)恥ずかしいぞ・・・
      ひらがなで「なかよし」だけで検索してみそ?
      Ctrl+Fで探してちょ

823 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/26 21:49
つーかなりきってんじゃなくてきちがいなんだぎゃ
>>820はやししいぎゃw

824 :名無しさん@HOME:04/02/26 22:32
私も何か書いてみていいですか?

825 :名無しさん@HOME:04/02/26 22:33
あ〜り〜え〜な〜い〜(w

826 :名無しさん@HOME:04/02/26 22:35
えー書いちゃダメなのかよ。

827 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/26 22:42
>>825はきっと誤爆だぎゃ(w
>>826 ぜひ書いてくれ!!

828 :名無しさん@HOME:04/02/26 22:42
SWANさんありがとう。
それじゃ題名は「2ちゃんねる先生」です。

829 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/26 22:43
ぱちぱちぱち〜〜〜〜

830 :名無しさん@HOME:04/02/26 22:43
子供がある日「ウリたちは 連合国民」「高卒逝ってよし」
なんて言葉を使い出したらどうしますか?
これは私が実際に体験した実話です。

831 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/26 22:45
うんうん

832 :名無しさん@HOME:04/02/26 22:45
私は高校時代ずっと付き合ってた彼氏がいました。
地元の高校を一緒に卒業そして結婚。
主人は地元の信用金庫に就職
私は専業主婦になり間もなく妊娠。
19歳で一児の母となりました

833 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/26 22:46
うんうん

834 :名無しさん@HOME:04/02/26 22:47
私と主人20歳 子供一才の時に主人の両親に家を建ててもらい
そこに住みだしました。
家族で食べられる程度の無農薬野菜を作り
子供もおいしそうにトマトを頬張るようになり
主人も仕事をがんばって家族を養ってくれる
主人の両親も近からず遠からずの距離から見守ってくれている
とても幸せな日々が続きまました。
子供が小学校に入学するまでは……

835 :名無しさん@HOME:04/02/26 22:53
子供が入学するのと同時に新任の先生が来ました。
大学を卒業したばかりの男の先生でした。
だいたい一年生の担任はベテランの先生がやるものだとばっかり思っていましたが
なんと この新任の先生が子供の担任になったんです。
多少不安もありましたが 若い先生の方が子供も親しみやすいのかもしれないと思い
希望を膨らませて 子供を学校に送り出しました。

836 :名無しさん@HOME:04/02/26 22:54
でもその日を境に子供は少しずつ首を傾げたくなるような成長をしていきました。
「帰ってきたニダ!ウリたちは 連合国民〜♪オモニおやつは?」
私はびっくりしました。子供はたった数日小学校に通っているうちに
おかしな言葉を使うようになったんです。
でも子供に聞いたところ 先生は韓国語もしゃべれて教えてくれるとの事。
これから国語を習っていく子供が 言葉をチャンポンして使うのもどうかと思いましたが
最初だから面白くて使いたいのだと 一緒にニダ!!なんて言ってみたりしました。


837 :名無しさん@HOME:04/02/26 22:55
3年B組2ch先生!!

838 :名無しさん@HOME:04/02/26 22:57
で?

839 :名無しさん@HOME:04/02/26 22:58
おかしな韓国語を使うようになって一ヶ月
また奇天烈な言葉を使うようになりました。
「高卒DQN逝ってよし」「おまえモナー」「回線切って首つって氏ね」
意味は解らなくても明らかに綺麗な言葉では無い事が感じ取れました。
田舎の学校ですから昔ながらの風習が残っているもので
担任の先生と生徒の父兄の飲み会というのが新学期2ヶ月をすぎると
どこの学年でもやります。
丁度その時期を控えていたので 当日この奇天烈な言葉について
先生に聞こうと思っていました。

840 :名無しさん@HOME:04/02/26 23:00
ウソクセー

841 :名無しさん@HOME:04/02/26 23:01
この飲み会 だいたい参加するのは母親です。
田舎ですので家庭の女が飲みにでる機会はこれくらいだからでしょう。
子供の夕ご飯の用意をしていたため時間を30分ほど遅刻してしまいました。
会場は地元の旅館だったんですけど 入ってびっくり
先生はすでに出来上がっていて おかあさんたちに抱きついたり胸を揉んだり
すき放題 それでも田舎ですから先生様にたてつく事などできません。
みんなぐっと我慢して 笑っていました。

842 :名無しさん@HOME:04/02/26 23:03
結論として先に言わせて貰えば
今こうして2chしてるあなたも先生と同類

843 :名無しさん@HOME:04/02/26 23:04
遅れて来た私に気づいた先生が駆け寄ってきました。
「リョウ君ママンキターーーーー!!!!ユウたんハァハァ」
それが子供が使っていた奇天烈な言葉と同類だとすぐにわかりました。
「あの先生 そのおかしな言葉遣いを子供に教えるのはどうかと思いますがどうでしょうか?」
すでに視点のあってない 人にこんな質問をするのもどうかと思いましたが
勇気をもって聞いて見ました。
返って来た言葉は「高卒DQN逝ってよし」まさに子供が使っていた言葉でした。
「それはどんな意味の言葉なんですか?」
すると先生は私の肩に手をかけて説明をはじめました。
とにかく最終学歴が高校の人に対して言う悪口のような物だとは理解できました。

844 :名無しさん@HOME:04/02/26 23:06
私は呆れてそれ以上先生に質問をする気にもなれず 早々引き上げて来ました。
そして主人に見てきたこと 聞いてきたこと全てを話しました。
主人も憤慨して 後日先生に直接話をしに行ってくれたんですが
高卒ごときが大卒にというような事を言われたが 
よく言っていることの意味が掴めなかったとの事でした。
何度も書きますが 田舎ですからこれが限界でした。
これ以上は子供のためにも 親は我慢して一年過ごさないとなりません。
でも遅かったようです 翌日から子供は先生の虐めの標的になったんです。
クラスメイトからの虐めの標的ならわかりますが
担任の先生からの虐めの標的というのは 少し理解に苦しみました。

845 :名無しさん@HOME:04/02/26 23:07
思い出して興奮して来たニダ
2分で長文完成ニダ

846 :名無しさん@HOME:04/02/26 23:09
授業中質問などをしたり 問題がとけなかったりすると
かならず「ダメなやつは何やってもダメ」「高卒のオモニとアポジの子供は氏ね」
など毎日言われまくり 
子供のノートにはおかしなイラスト付き(あとで2ちゃんねるキャラクターと判明)の
子供を中傷するような落書きまでされました。
子供は精神的に追い詰められて行きました

847 :名無しさん@HOME:04/02/26 23:13
大人なら一年だけの辛抱と思えば こういう人間とも付き合えるでしょう
しかしこの子はまだ小学一年生 それを理解するには子供すぎました。
それにもしかしたら 来年も再来年もこの先生は学校にいるかもしれません。
かといって 本当に何度もすいません田舎なもので
子供と母親だけどこかに移転とか 難しいんです。
世間の目が厳しいんです。
そこで主人に転勤願いを書いてもらいました。 主人の両親も快く許してくれました。

848 :名無しさん@HOME:04/02/26 23:18
さすが田舎です。
みんなが転勤を嫌がって春の転勤も辞退した人がいたそうで すぐに転勤となりました。
これを切欠に 家族で引越し 子供は新しい小学校に通うことができました。
その後 パソコンを買ってインターネットにもつなげました。
そこで初めて 先生が使っていた言葉が主に2chで使われている言葉だと知り 
夫婦で顔を見合わせて笑ってしまいました。
今では夫婦で2chを見ることもありますが 
間違っても子供の前でおかしな言葉を使わないようにと注意しあってます。

849 :名無しさん@HOME:04/02/26 23:19
折角家まで建てて貰ったのに そこに住めないのがちょっと辛いですが
主人とは最後に帰るのが あの家ならいいじゃないかと話しています。

その後の先生ですが 今でも2ch用語ばりばり 2chキャラクタ乱用でがんばっているそうです。

850 :名無しさん@HOME:04/02/26 23:20
ツマンネ

851 :名無しさん@HOME:04/02/26 23:21
本当につまらない話しですいませんでした。
文を書くって難しいですね。
プラ君のようにはいきませんでした。

852 :イエー!:04/02/26 23:41
じゃ、次わたしがいってみよう!イエー!

実はわたしは不倫をしていたのです。
彼と私は出会い系サイトで知り合いました。
彼は結婚していて(小梨)私も結婚していて、子がいました。

853 :イエー!:04/02/26 23:42
彼は、金持ちの息子で、誰もが一度は手に触れたことのある
物の一部を作ってる会社の息子でした。中小とはいえ、高額
納税者にものってるようなお金持ちの息子だったようです。

854 :イエー!:04/02/26 23:45
彼は、私をよくドライブに連れていってくれました。
二人で走った首都高の夜景や、大黒埠頭へ行くまでのあの都会美に
溢れた夜景を今でも思い出します。

一度、彼のうちが所有しているという、有名温泉地にあるリゾートマンション
にも連れていってくれたことがあります。

855 :イエー!:04/02/26 23:47
彼は、普通に明るく話す(適度にユーモアのセンスもある)ごく普通の
男性に見えました。外見はハンサムということはありませんが、酷いと
いうこともなく、見ているうちに格好良く見えるかな?という感じでした。

ただ・・

856 :イエー!:04/02/26 23:48
時々、すごい顔になるのが気になっていました。
目がうつろになるというか踊って、すごい恐い顔になるのです。

なんだろ・・とは思っていましたが・・その時は私もとても恐ろしくなる
のです。彼がその状態になる時は頭が痛い・・と言ってました。

857 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/26 23:50
レス遅くなってスマソニダ(w
2ch先生乙〜〜(w でも思い通りに転校できてよかったねぇ
結構な数のお母さん&子供がそういうの我慢しちゃうひといるからね〜

つーわけでイエーさん割り込みすんまそんですた
ドゾー

858 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/26 23:53
んでどーしたの?

859 :イエー!:04/02/26 23:54
その時は、私はとてつもなく恐ろしく感じるのですが・・
気にはなっていましたが、なんとなく流していました・・

ある時、電話で彼と話していて何の気なく「あなたの正体なに?」
と聞いてみました。

「何ってなんだよ。なに言ってるんだお前!・・」等とふざけた受け答えが
返ってくるものと思っていましたが・・

860 :イエー!:04/02/26 23:56
そうしたら、電話の向こうですごい打ちひしがれたような様子(ショックというか?)
が伝わってきて、声色のまるで変わった彼の声で「○○だよ」と・・

エ?エ?

まるでふざけた声じゃないのです。真剣。しかも声色が人間のものじゃないトーン。

861 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/26 23:57
○○って何?○○ってなーにーーーーー!?

862 :イエー!:04/02/26 23:58
とてつもなく低いトーンの声で、彼は色々話ます。
悲しみをたたえたような諦めたような、しかし恐ろしいトーンで。
合間に入る笑い声が人のものではありません・・

私は「これ起こっているのへ現実のこと・・・?」と驚くような呆然と
するような気持ちで彼の話を聞いていました。

863 :イエー!:04/02/27 00:03
私は、なにか変な時はあるけど、別に本当に何かあると思って
聞いた訳ではないのです。
なのに、彼は最初見抜かれたことにショックを受けたように打ちひしがれて
半泣きみたいになり、その後開き直ったように色々話てきます。

なんなの・・?私は今起こっていることに呆然としました。
私はただの恐がりの女です。こんなことになるとも思わずにただ「なにもの?」
と聞いただけなんです。

864 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/27 00:04
タイプミスは気にしないぎゃw そりで?

865 :イエー!:04/02/27 00:06
その時彼が話した言葉から拾ってみましょう。

と思いましたが、今不思議と書こうと思っていた内容が思い出せません。
どうしてだろう。思い出せません。

866 :名無しさん@HOME:04/02/27 00:08
何?地球外生物?なんか埋め込まれたってこと?

867 :イエー!:04/02/27 00:08
あ、少しだけ思い出せました。

私が呆然としてる中で彼が「お前このことを人に話してみろ。」・・・・
の後に「殺すぞ」が来ると思いましたが・・違いました。
「誰も信じないぞ。お前が頭おかしいと思われるだけだからな」と、合間に
あの人のものじゃない笑い声を挟みながら・・

868 :イエー!:04/02/27 00:10
実は私はショックと恐さのあまり、すぐにでも人に話したくてウズウズ
してたのです。話しても私がおかしいからではない、とわかってくれそう
な人もいたので、今にも話したかったのです。

869 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/27 00:10
話しちゃったね・・・

870 :イエー!:04/02/27 00:12
確かに、冷静に考えてそのようなことを私が人に話したとしたら
完全に私の頭がイカれてるとしか思えないでしょう。
だって、そんなこと私にだって信じられないのですから。


871 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/27 00:16
んー結局その「信じられないこと」が何かはわかんないけど・・・
しんじるぎゃ!!だっておりはUFOに乗ったこともあるんだぎゃ
もちろんしんじてくれるよね!?

872 :イエー!:04/02/27 00:16
実は、当時3人、その後しばらく経って2人(たぶん)話したことがあるのです。
その人達が信じてくれたかどうか・・は。1人は確実に信じてくれましたが
2人は・・( ゚Д゚)ハァ?と思ってるかもしれない。

その後話した2人は、どうだろう。

873 :名無しさん@HOME:04/02/27 00:17
SWAN死ね

874 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/27 00:18
 ノノノノ
(*゜∀゜)<>>873

875 :イエー!:04/02/27 00:26
彼が勤めていた会社に関連のある人が、とある有名な事件を
起こしたことがあります(その当時、もう私と彼は切れていました)。
彼がその事件とは無関係です。事件は個人的な事件でしたから。
ある情愛にからんだ事件でしたから。

その事件が報道された当時、彼と関係ある会社の人だ!と思って
驚いて衝撃を受けて、その当時に彼の○○告白をして信じてくれた
人に話したことがあります。

そうしたらその人は「やっぱりね」と言いました。
彼の影響を受けたんだね、と言います。あなた(私)も彼といまだに
付き合っていたら、そのような事件になりかねないことをしてたかも
しれないよ、と言われました。

876 :イエー!:04/02/27 00:29
( ゚Д゚)ハァ?彼が存在するだけで、そのような影響が?( ゚Д゚)ハァ?と
思いましたが、とりあえず別れたことは大変良かったそうです。

ま、理屈で考えても不倫はよいことではありませんからね。
当時、私は楽しかったけど。

877 :名無しさん@HOME:04/02/27 00:29
>>875
それは遠回しに「不倫なんてもうするなよDQN」
という警告だと思われ。

878 :名無しさん@HOME:04/02/27 00:31
○○が解らん。

879 :名無しさん@HOME:04/02/27 00:32
わかんねー
○○って何さ?

880 :名無しさん@HOME:04/02/27 00:33
夜叉

881 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/27 00:33
○○がしりたい・・・
続きは夢で見ますぎゃ・・・もやしもん

882 :イエー!:04/02/27 00:37
その出来事があってから、かなりの年月が経ちます。

時々、あの彼はどうしているだろう、と思います。
信じてくれた人に「どうしてるだろうね?」と聞いたら
○んでるんじゃないの?と冷たく言い放ちます。

883 :名無しさん@HOME:04/02/27 00:38
不倫という字をよく見れば、つまりしてはいけないことだと分かるのにね。

884 :名無しさん@HOME:04/02/27 00:39
人間はしてはいけないと言われるとやりたくなる。

885 :イエー!:04/02/27 01:01
ま、私の話は創作ということで・・つまらなかったらスイマセンでした。

886 :名無しさん@HOME:04/02/27 01:04
イエーは寺子屋から出直して恋

887 :イエー!:04/02/27 01:26
>>886
スマソ、急に思い立って創作し、寝る前に終わらせようと焦って
入力したもんで。詰めも甘かったようでスマソでした。

888 :名無しさん@HOME:04/02/27 01:40
詰めが甘いというより、文章が下手すぎます!

889 :「人形の館 1/15」:04/02/27 02:11
「離婚しよう。」
それがお互いの幸せのためにも一番いい選択。
もう誰も無理しないで生きていける
唯一の方法。

890 :「人形の館 2/15」:04/02/27 02:12
きりだしたのは彼だった。
原因を作ったのは私だった。

891 :「人形の館 3/15」:04/02/27 02:12
彼と私は自動車メーカーの同期入社だった。
部署は違ったものの、何かと仕事で交流がある部署同士だった。
いつの間にか惹かれあい、そしていつの間にか愛しあっていた。
会うのはいつも赤坂のホテルだった。
彼には同居している大学生の弟がいて
私は一人暮らしだったが部屋に彼を呼ぶことを拒み続けていた。

892 :「人形の館 4/15」:04/02/27 02:13

彼は私を身持ちの硬い女だと、それを許してくれていた。
初めて抱き合った日から2年が過ぎた頃
いつものホテルで彼が言った。
「結婚しよう。」
どこにでも転がっているような安っぽい言葉だった。
私には10カラットのダイヤの輝きを持つ言葉だった。

893 :「人形の館 5/15」:04/02/27 02:15
私は部屋を引き払い、彼は弟に部屋を譲り
小さく中古ながらも分譲マンションを手に入れた。
彼は私に家庭に入る事を望んだ。
私も快く受け入れ寿退社をした。

894 :「人形の館 6/15」:04/02/27 02:15
私には大学時代とOL時代の思い出の品が何一つなかった。
写真の一枚もなかった。
最初は不思議そうに詮索していた彼もそのうち
そんな事は日々の生活の中で忘れてしまい、聞かなくなった。

895 :「人形の館 7/15」:04/02/27 02:16
結婚4ヶ月が過ぎた頃、私は倒れて病院に運ばれた。
過労だった。
毎日家にいる生活程度で過労で倒れた私を、彼はやさしく看病してくれた。
医者も精神的なものからも来てるから、もう少し楽に生活しなさいと言ってくれた。

896 :「人形の館 8/15」:04/02/27 02:16
彼は私に仕事に戻ることを勧めた。
家にいる生活が、私を疲れさせていたと認識していた。
私はパートに出ることにした。
もしかしたらその方がいいのかもしれないと、自分でも思った。

897 :「人形の館 9/15」:04/02/27 02:17
私はわかっていたはずだ。自分をよくわかっていたはずだ。
仕事に出ることがさらに自分の首を絞めると。
結婚して幸せだった。
どんな無理も楽しかった。
その生活の中で私は忘れていた。

898 :「人形の館 10/15」:04/02/27 02:18
1年後、家の天井に手が届くようになっていた。
キッチンは侵入不可能になっていた。
辛うじて寝室と主人の書斎は引っ越して来たときのままだった。
ドアは閉まらなくなっていたけど。

899 :「人形の館 11/15」:04/02/27 02:19
彼はだんだん家に帰らなくなってきた。
すると寝室と彼の書斎もあっという間に天井に手が届くようになった。
彼は初めて怒った。
書斎をめちゃくちゃにしてしまった事を、すごく怒った。

900 :「人形の館 12/15」:04/02/27 02:20
パソコンは電源を入れてもびくともしない。
たぶん配線のどれかが抜けたか、コンセント自体が抜けている。
それを確認するのは不可能に近かった。
彼の大切にしていた思い出の本や写真も
ベトベトに汚れてしまったりしている。

901 :「人形の館 13/15」:04/02/27 02:21
彼は静かに言った
「離婚しよう。」
翌日彼の書斎は綺麗になり彼も家から消えた。
離婚届とマンションの残金を残して。

902 :「人形の館 14/15」:04/02/27 02:21
それがお互いの幸せのためにも一番いい選択。
もう誰も無理しないで生きていける
唯一の方法。

903 :「人形の館 15/15」:04/02/27 02:22
マンションを守るためじゃない。
私の生きている証を
誰にも見られる事無く守るためだけに
生きればいい。

904 :名無しさん@HOME:04/02/27 02:33
汚部屋の住人ですね

905 :名無しさん@HOME:04/02/27 03:40
>>884
それはちがう。不倫に関しては、してはいけないと思ってもいない奴が、
「してはいけない」と言ってくれる人を待ち望んでいるだけだ。

906 :名無しさん@HOME:04/02/27 04:12
>>903
いまいちだな。プラ君続きキボン。

907 :名無しさん@HOME:04/02/27 06:52
読んでもらえる文章を書くのって難しいね

908 :02 ◆countLQaVc :04/02/27 09:23
何で人形の館なんだ?

909 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/27 10:10
何気ない日常もタッチが違えば立派に小説風ですね(w

910 :名無しさん@HOME:04/02/27 10:17
人形の館の人は、ふかわりょうに連絡するといいと思うよ。

911 :名無しさん@HOME:04/02/27 10:48
あの日は雲の流れが怖いほど速くて、それはまるで俺の不安を煽っているかのようだった。

プルルル〜プルルル〜
ついさっきまで慌しく動いていた、オフィスの空気が一瞬静まり返った時に、その電話は鳴り響いた。
「かしこまりました、少々お待ちください。」
電話を受けた4月に入社したばかりの彼女は、決して美しくはないが若さゆえの愛嬌ある笑顔を俺に向けながら、
右手の人差し指で外線の番号を教えてくれた。
それまで清書のために書き込んでいた企画書の画面を見ながら、受話器を取った手で外線1を押した。
「はい、牧田です。」



912 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/02/27 10:53
うんうん

913 :名無しさん@HOME:04/02/27 11:07
その後の会社での記憶は鮮明ではないが、帰宅のため、上司に対して咄嗟に出た嘘は、
「母が倒れまして・・・」
こんな時はいい大人でも親に頼ろうとするのか自分でもわからない。
とりあえず駆けつけてまたすぐ連絡しますとか何とか言ったらしいが、
それは後から聞いただけで、その時の記憶は本当に乏しい。
上司を含め周囲は俺の明らかな動揺ぶりにただ事ではないと判断し、
心から心配して帰宅を促してくれた。


914 :名無しさん@HOME:04/02/27 11:21
会社の前に運良く停まっていたタクシーに乗り込んだところで、
電話の主である妻の声が蘇った。
「哲さん、落ち着いて聞いてね。愛美が誘拐されたの、今電話があって・・・
男の人から・・・警察には言うなと・・。悪いけど帰ってきてくれる?危ないからタクシーでね。」
その間俺は愛美の笑顔だけが脳裏に浮かんで、思考が一瞬止まっていた。


915 :名無しさん@HOME:04/02/27 11:40
運良く道は空いていたらしい。二十分程で自宅のあるマンションに戻る事が出来、
八階にある我が家のベランダを見上げると、カーテンは固く閉ざされていて中に居るであろう妻の凍りついた心を表しているようだった。
時間的なものなのか、周囲は静まり返っていて近所中が息を潜めて事を見守っているかの様な錯覚を覚えたが、エレベーターもスムーズですぐに自宅のドアまでたどり着けた。


916 :名無しさん@HOME:04/02/27 11:58
何故か鍵をそっと開け、後ろ手にドアを閉めると薄暗い部屋の中に蝋人形の様な妻の顔が見えた。
妻に駆け寄ろうとしたその時、キッチン横にある電話のベルが鳴り響いた。
「もしもしっ。」
俺は近づいてきた小さな肩を抱き寄せながら受話器を取った。
「ご主人ですか?」
「はい、そうです。」
「さっき、奥さんに電話した者ですが、用件聞いていただきましたか?」
「愛美のことですか?」
「そうです。」
「愛美は無事ですか?どこにいますか?」


917 :名無しさん@HOME:04/02/27 11:58
「警察には届けてないだろうな?」
「はい、愛美は・・・」
「・・・・・。」
「愛美は無事なんですか?」
「・・・・・。」
「もしもし、どうしたら良いですか?愛美は・・・あの声だけでも聞か・・・」
「2丁目の○○公園・・・ガチャガチャ、ツーツーツー・・・」


918 :名無しさん@HOME:04/02/27 12:16
中学生の書いてる文みたいでツマンナイ。
いつまで続くの?秋田。

919 :名無しさん@HOME:04/02/27 12:17
「わたしリカちゃん今あなたの家の前にいるの。」
キャー

                     おわり。

920 :名無しさん@HOME:04/02/27 12:17
公園に走った。
愛美はベンチでジュースを飲んでいた、赤い運動靴をゆらゆらさせながら。
全ては悪戯だった。
たちの悪い、あまりにも残酷な悪戯・・・。
六歳の愛美は友達の家へ行く途中、知らないおばさんに(子どもから見たら妻と同年齢らしい)
「おばさん、おしっこ行きたいから・・・」
と言われ、子犬の面倒を頼まれたらしい。

これは全て真実です。
不幸中の幸いですが、許せない行為です。
夫婦でやったのか、何が目的だったのかわかりませんが、今だ犯人は見つかっていません。
ただ、妻に掛かってきた電話で
「子どもを預かっている、後で電話するから警察に連絡する必要はない。」
という趣旨だった事が判明。
大きな事件としての扱いにはなりませんでした。     おわり



921 :名無しさん@HOME:04/02/27 12:17
ワースト3に入る駄作でしたな。

922 :名無しさん@HOME:04/02/27 12:19
SWANが読んでる途中ででしゃばってくるから、
読む気なくしてしまう。

923 :名無しさん@HOME:04/02/27 12:20
>>922
べつにSWANは気にならないけど、お前見たいのが一番気になる。

924 :名無しさん@HOME:04/02/27 12:24
プラ君が一番よかったけど
人形の館も個人的に好き。

925 :名無しさん@HOME:04/02/27 12:25
SWANが読んでる途中で誰がでしゃばってたんだろう。

926 :名無しさん@HOME:04/02/27 12:26
922みたいのが駄文を作り出す。

927 :  「悪魔が振り向いた。」:04/02/27 12:27
34歳 次男 都内在住一人暮らし 都内私立大学工学部卒
IT系開発技術 年収900万
身長178cm 体重63kg O型 健康状態良好
喫煙 酒少々 趣味読書釣りドライブ 
マンションあり(平成13年購入3LDK)
車あり(レガシー)
その他(猫飼っています)

928 :  「悪魔が振り向いた。」:04/02/27 12:27
新潟市に住んでいる私に突如
都内に住んでいる男性とのお見合い話しが持ち上がった。

「なかなかいい感じの人でしょ?どうかしら初婚の方よ。
 ご両親は栃木県の別荘に移住しているし煩い人もいないわよそれでね・・・・」

お見合い好きの母親の知人が持ってきた話だった。
母の知人は次から次へとよく喋った。

929 :  「悪魔が振り向いた。」:04/02/27 12:28
お見合いとは実に効率的なシステムだと関心していた。
数字とデータで人間を分析してしまう。
恋愛して付き合い結婚というような流れだと
なあなあになってしまい、いつしか相手を見極める事を忘れてしまう。
私は3年前に4年越しの愛に破れた。
原因は結婚まであと4ヶ月というところでの彼の突然の告白。

930 :  「悪魔が振り向いた。」:04/02/27 12:28
「今まで黙っていたんだけど」
 「今まで言えなかったんだけど」
言い訳から飛び出した言葉は実にバラエティ豊かだった。

931 :  「悪魔が振り向いた。」:04/02/27 12:30
・猫が大嫌いなんだ。(私は猫を飼っている)
・100万の借金があるんだ。(会社で客との売り掛けに失敗)
・年収700万あれ嘘。本当は500万くらいかな(後に税込み450万と確認)
・お弁当作って貰ってたけど食べたこと無いんだ。(ママのお弁当優先)
・結婚後はやっぱりうちの親と同居しよう。(離れる前からホームシック?)
・今乗ってる車は処分してきて欲しい。(去年やっと買ったばかりなのに?)


932 :  「悪魔が振り向いた。」:04/02/27 12:31
その後も彼の口からは

「今まで黙っていたんだけど」
 「今まで言えなかったんだけど」
                 が続いた。

933 :  「悪魔が振り向いた。」:04/02/27 12:31
今まで知らなかった事が次から次へと並べ立てられた後
彼が一息ついて私の目を見た。

「こんな僕だけど、いっかな?」
「いやだ」

結納は先週済んでいた。

934 :  「悪魔が振り向いた。」:04/02/27 12:32
私は両親と一緒に彼の家に行き土下座をして謝った。
結納金と婚約指輪を差し出した。
式場のキャンセル料も全額負担する事を告げた。

935 :  「悪魔が振り向いた。」:04/02/27 12:33
彼と彼の両親はそれとは別に600万の慰謝料の慰謝料の請求をしてきた。
「今度リフォームするんでしたよね、たしか600万でしたっけ?」
私の言葉にそれまで600万、600万と騒いでた3人が急に静かになった。

936 :名無しさん@HOME:04/02/27 12:33
それでそれで。

937 :  「悪魔が振り向いた。」:04/02/27 12:33
その後、何度か慰謝料、慰謝料ウルサイ電話が鳴っていたが
半年もするとなんの連絡もなくなった。

938 :  「悪魔が振り向いた。」:04/02/27 12:34
私は新しい職場を見つけた。
簡単な事務と留守番をしていればお金がもらえる
そんな腰掛の代名詞のような仕事。

939 :  「悪魔が振り向いた。」:04/02/27 12:35
結婚には興味がなくなっていた。
両親からは年齢を心配して毎日のように結婚、結婚と言われたが
馬の耳に念仏。
私は冷蔵庫からオレンジジュースを取り出し飲み干して聞き流していた。

940 :名無しさん@HOME:04/02/27 12:36
うんうん

941 :  「悪魔が振り向いた。」:04/02/27 12:37
そんな矢先のお見合い話に両親は乗り気満々といった感じだった。
私は押し切られる形で会うだけならと言うことでお見合いを承諾した。

942 :  「悪魔が振り向いた。」:04/02/27 12:37
週の日曜日、お見合い相手は東京から新幹線で新潟市にまで来た。
駅のちかくのホテルで会う約束をしていた。
気楽な気持ちの私と、何がなんでもと意気込む両親と、母の知人。
このお見合いがここにいる人間達の運命をもてあそぶ事になるとは
まだだれも知るよしがなかった。

続く。。。

943 :  「悪魔が振り向いた。」:04/02/27 12:40
「悪魔が振り向いた」訂正のお知らせ。

>>942一行目「週の日曜日」→「翌週の日曜日」


944 :名無しさん@HOME:04/02/27 12:43
SWAN消えてくんねーかなー

945 :名無しさん@HOME:04/02/27 12:44
なんで?

946 :名無しさん@HOME:04/02/27 12:44
>>944
同意。

947 :名無しさん@HOME:04/02/27 12:45
えっ!本当になんで???

948 :  「悪魔が振り向いた。」:04/02/27 12:47
著者意見

皆様、このたびは私の突然の連載にお付き合いくださいましてまことにありがとうございました。
さて、一つ書いてみて気づいた事があるのでお知らせさせていただきます。
連続投稿といいまして、続けて投稿すると引っかかり投稿できなくなります。
あいづちでも何でもいいので、間にレスをしていただけると大変助かります。
それでは次回「悪魔が振り向いた」お楽しみに。

949 :02 ◆countLQaVc :04/02/27 12:47
私も消えるべきでしょうか?

950 :名無しさん@HOME:04/02/27 12:49
誰も消える必要はないよ、02もSWANも。

951 :名無しさん@HOME:04/02/27 12:50
>>948
楽しみしてるよがんばってね。

952 :名無しさん@HOME:04/02/27 12:51
プラくん帰って来ないかな〜。
このスレもうすぐ終わっちゃうね。

953 :名無しさん@HOME:04/02/27 12:51
連載が完結するまえにスレが無くなると思うけど

954 :名無しさん@HOME:04/02/27 12:53
悪振りブラボー。
次はいつの連載かも教えて欲しかった。

955 :名無しさん@HOME:04/02/27 12:55
ここだけの話しだけどね SWAN叩きは名無しのまーくんだって。

956 :名無しさん@HOME:04/02/27 12:56
工エエェェ(;´д`)人(´д`;)ェェエエ工 !!!

957 :名無しさん@HOME:04/02/27 13:13
次スレキボンヌ。

958 :名無しさん@HOME:04/02/27 13:14
次スレは「プラくん物語」?

959 :名無しさん@HOME:04/02/27 13:18
このタイトルのままでは・・・・ダメだよねw




960 :名無しさん@HOME:04/02/27 13:21
プラくんが判り易いタイトルがいいナ。


961 :名無しさん@HOME:04/02/27 13:34
誰か作ってるの?

962 :名無しさん@HOME:04/02/27 13:46
私はこのスレお気に入り登録するのに
タイトルを「プラ君」にしてるよ〜
次スレタイトルにも「プラ君」か、
「プライド」をいれてほしいな。

963 :名無しさん@HOME:04/02/27 14:03
ちょっと聞くんですけど、プラくんの両親は
「事故で死んだ」のですか?
「生き別れになった」のですか?
どっちが本当なの・・・

964 :名無しさん@HOME:04/02/27 14:20
「事故で死んだ」のです

965 :名無しさん@HOME:04/02/27 14:40
昨日からSWANと02を叩いてたのオレだけどさーーーー。
なんつーーか・・・
ごめんね。ちょっと悪さが過ぎました。

966 :名無しさん@HOME:04/02/27 14:41
おまえナイフだろ

967 :名無しさん@HOME:04/02/27 14:41
ナイフて?

968 :名無しさん@HOME:04/02/27 14:42
ホスト規制で次スレ立てられず。

【私小説】 あなたの人生をドラマチックに語るスレ
にしようと思ってたのにー!

969 :名無しさん@HOME:04/02/27 15:04
プラが入ってない・・・

970 :名無しさん@HOME:04/02/27 15:07
ごめんね SWAN

971 :名無しさん@HOME:04/02/27 15:10
プラ入れて・・・是非!!

972 :名無しさん@HOME:04/02/27 15:11
マジでごめん。SWAN

973 :名無しさん@HOME:04/02/27 15:15
どうしてみんなSWANに謝っているんだ?

974 :名無しさん@HOME:04/02/27 15:20
謝ってるのは俺だけ

975 :スレタイ候補:04/02/27 15:23
【私小説】人生をドラマチックに語る【プラ君】

976 :名無しさん@HOME:04/02/27 15:23
>>974
14:40から、謝り続けてるのか?
その気持ちがあれば、SWANも許してくれるだろう。




SWANが来るまでこのスレがあればだけどな。

977 :名無しさん@HOME:04/02/27 15:42
新スレ作ってきます。(作ってる人・・・いないよね?


978 :名無しさん@HOME:04/02/27 15:45
作ってみましたが。
このスレタイでよかったかしら?

979 :名無しさん@HOME:04/02/27 15:46
ああ。貼ってなかった。
http://life3.2ch.net/test/read.cgi/live/1077864287/
これ。

980 :名無しさん@HOME:04/02/27 15:49
>>978タン、乙かれ&ありがとう!

981 :名無しさん@HOME:04/02/27 15:52
SWAN まだ怒ってる?

982 :名無しさん@HOME:04/02/27 15:53
もう、とっても(・▼・#

983 :名無しさん@HOME:04/02/27 16:13
ガブリエルに頼んでお前らのIPと生活抜いてやる(・▼・#

984 :名無しさん@HOME:04/02/27 16:24
プラとかいれたら削除対象になんないの?
大丈夫かなあ。

985 :名無しさん@HOME:04/02/27 16:32
プラってやばい単語だっけ?


986 :名無しさん@HOME:04/02/27 16:32
エッヘヘ。
SWANごめん。
許せよな

987 :02 ◆countLQaVc :04/02/27 16:32
ちょっと、私にはないの?

988 :名無しさん@HOME:04/02/27 16:33
プラってコテハンじゃないよね?
名無しで書き込みしてるもんなー。
削除対象になるかな・・・?

989 :02 ◆countLQaVc :04/02/27 16:34
うん、名無しだったから大丈夫といえば大丈夫のような・・・。

990 :名無しさん@HOME:04/02/27 16:40
コケうざい

991 :名無しさん@HOME:04/02/27 16:41
このスレはたもんくんに通報しまーす。

992 :02 ◆countLQaVc :04/02/27 16:44
今のうちにギコで保存しとくかな。

993 :名無しさん@HOME:04/02/27 16:44
そろそろ埋めたて。
993

994 :名無しさん@HOME:04/02/27 16:46
944

995 :名無しさん@HOME:04/02/27 16:46
955

996 :名無しさん@HOME:04/02/27 16:47
996

997 :名無しさん@HOME:04/02/27 16:47
もういっちょう!

998 :キヨ ◆KIYOpCoixo :04/02/27 16:48
100000


999 :名無しさん@HOME:04/02/27 16:49
1000!!

1000 :キヨ ◆KIYOpCoixo :04/02/27 16:49
sen

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

193 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)