5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ゴミ屋敷】母が家を腐らせました【ゴミ屋敷】

1 :1:04/04/06 09:25
私の実母が実家(一族の本家)をやりたい放題散らかし、挙句の果てに「ゴミ屋敷」にしてしまいました。
子供たちの忠告も虚しく、なんら対処をしようとしません。
どなたかお知恵をお貸しください。


2 :1:04/04/06 09:26
先ずは家族構成などの背景からご説明します。
この文は非常に長く、読みづらいかもしれません。
はじめにお詫びしておきますね。


私たちの住まいは人口15万人のとある商業都市。
ここで古くから農家を営む、資産家の話です。

【父】 (77)本家在住。 脳梗塞の手術後、現在自宅療養中

【母】 (65)本家在住。 この問題の重要人物。父にとっては後妻。

【私】 (32)本家横、アパート在住(当家の持ち物件)。次男。
       この話に出てくる【母】の、唯一の血のつながった息子。
       本家において、末子。       
       妻と2人の娘、末に生まれた息子との5人家族。

【姉】 (55)大阪在住。数年前に離婚し、現在単身。子供は息子が2人。
       息子たちはすでに彼女の手を離れ、各地で暮らしている。
       前妻の第一子。

【兄】 (52)分家在住。長男。住まいは本家周辺の一戸建。娘が2人。
       娘たちは就職と結婚で家を出、現在は夫婦2人暮らし。
       前妻の第二子。

【叔父】(75)分家在住。父の実弟。話の本筋では部外者だが、
       実兄の健康管理と、本家に親仏があるため、この問題を辛辣に受け止める。



3 :名無しさん@HOME:04/04/06 09:26
えっと〜2

4 :1:04/04/06 09:27
私の母は元来世間知らずと言うか、本来、世の主婦が成すべき事をなんらひとつ
としてこなす事の出来ない人間、世に言う「片付けられない女」なのです。
自分の家が片付けられないだけで問題なのかと思われる方も多いかと思いますが、
我が家ではそれが今、大問題となっているのです。

私の家は代々農家を営んでおり、農地としての土地を多く所有しておりました。
いわゆる農業資産家です。
数年前より、古い付き合いの不動産会社の勧めで、それらの土地を宅地に変更。
現在はそのほとんどをアパートとして運用しています。

そのためか父と母はたいしてお金に困ることなく、老後を裕福に過ごしています。

しかし先ほど述べましたように、母は元来の性格上非常に段取りが悪く、何をする
にも中途半端。ゴミも捨てられなければ、炊事、掃除、洗濯などは、正に言葉通り
「全く」することが出来ません。
下手にお金を多く所有しているものですから、やたら使い捨て・使いっぱなし、と
そのお金の無駄遣いぶりには目に余るものがあります。

食事・飲料は市販の物。塩分の高い惣菜ばかり。
衣類は使い捨て。
ゴミはどんどん溜まる一方。
掃除機・洗濯機は無用の長物。

"裕福"を間違って捉えているようにしか、見えないのです。

5 :1:04/04/06 09:28
「高血圧の父にもっといいものを食べさせてやれ」
「本家なんだから、もっときれいに片付けてくれ」

以前から会うたびに何度も何度も忠告していたのですが、そのたび彼女は
「近いうちするから。ちゃんとするから」
と言い訳をしてばかりでした。
そんなやり取りを10年近く続けていました。

しかし今となってはこの時、もっと親身になり、早くに手を打っていれば良かったと
後悔するばかりです。


私の忠告も虚しく5年前、ついに父(当時72歳)が脳梗塞の病に倒れてしまいました。
当然証拠などありませんが、誰が見ても明らかに母の出す食事が原因です。
塩分の高い偏った惣菜ばかりを食べさせているのですから、間違いありません。
しかしそれもその時となっては時すでに遅く、また経過はどうであれその時は
とにかく父の命が最優先です。あえて母を責めるような真似はせず、急ぎ父の手術
を最優先に行うことになりました。

高齢であることも手伝い、父の手術には危険が伴いました。
手術を避けて生きる道もありましたが、その選択の顛末に明るい未来はありません。
結果、丸一日にも及ぶ大手術を選択することになったのです。

難易度の高い手術でしたが、術中の事故も起こらず、彼の手術は無事成功したのです。
しかし、もちろん成功したとはいえ、彼の右半身には重度の障害が残りました。

順調な術後の回復を見せた父は頃合を見て退院。
その後の父の療養は自宅に移ります。

6 :1:04/04/06 09:28
ところが。
本来戻るべき家は昔からの家の造りです。当然段差も多く、寝室は和室の布団敷き。
半身麻痺の老人を介護する為の家としては、あまりにも適していなかったのです。

そこで寝室から風呂、トイレなどを介護用に一斉に改築する案が出たのですが、
なにせ母が本家に嫁いで以来この方、ろくに掃除すらしていなかったゴミ屋敷です。
業者を入れる事など、到底不可能でした。

とはいえ退院すれば半身麻痺の老人を抱えてどこかで暮らさなければいけません。
そこで母が思いついた、退院後の当面の仮住まい。
それは、本家よりも少し離れた山間にある、我が家の"別荘"でした。
数年前、親族にも内緒で建てていたようです。
彼女は早速、別荘に居住できるよう準備を整えると父をそこに運び、生活を始めました。

しかしその別荘も街から離れているため、生活にいろいろと不便が生じます。
父の身に何かあった時、即座に対応できるような病院すらありません。
出来る限り早く、本家を改装して、本家に住まわせてやりたいという願いから
私たち子供たちは、

「本家を改装するなら全面的に協力するから、片付けよう」

と申し出たのですが、母は「私の責任だ。私がしなければならないから
あなたたちはかまわないでくれ」といつもの通り一蹴。
誰が見ても到底一人で片付くはずのないゴミの山です。
あんた一人では無理だ、と忠告しても頑なに首を横に振るばかり。

かまうな、と言う以上私たちも手出しできず放置するしか出来ません。
母を信じ、事の成り行きをしぶしぶ見守るしかありませんでした。
ところが母の「私がする」と言う言葉は、すでに私たちにとって信頼に値する
言葉ではなかったのです。


7 :1:04/04/06 09:29
やはり私たちの思惑通り、いつまで経っても別荘住まいは続くばかりでした。
(ご察しとは思いますが、日が経つにつれて別荘もゴミ溜めと化していき、
現在もその状態のまま誰も住まず、放置されています。)

ついに堪忍袋の緒が切れた私と兄は、2年前の6月、強行手段に出ました。
業者を雇い、総勢20余名、2tコンテナ11台を駆使し、本家の一斉掃除を計画したのです。
費用は100万円近くかかったものと思われます。

ゴミを回収する度に辺りに漂う腐敗臭。腐れた畳や壁。
変わり果てた懐かしの我が家に哀しみと情けなさを感じながらも計画は進行しました。

2日がかりでようやく、本家は本来の空間を取り戻していきました。
これでようやく改築の業者も入れることが出来る。
母も散々恥をかいたのだから、過去を反省してここから心機一転、
もう一度新たな気持ちでやり直すことが出来るだろう。
その時の私にはそう信じるしかなかったのです。
今思えば、この計画自体が間違っていたかも知れないのですが・・・。



8 :1:04/04/06 09:30
すっかりきれいになった本家には建築業者が招かれ、半年近くかかった改築も終わり、
彼らがその居住区を別荘から本家に移しました。
その時、折をみて私は彼らにこう相談したのです。

「お袋の料理では親父の体が良くなるはずはない。俺も介護を手伝うから一緒に住もう。」
と。

しかし母は断固として拒否しました。
「私はお父さんの妻。私がするのが道理。手出し無用」と。
父も母を援護するように
「ワシらは老後を2人で過ごしたい。お前らはお前らで暮らせ」

父本人がそう言う以上、私たちもそれ以上の申し出は出来ません。
私に出来ることといえば、母に過去の炊事の実情を反省させ、父に脳梗塞治療に良い食事
を作る事とリハビリの持続を彼女に約束させることだけでした。
今までの母の言動から、とても彼女を信用することは出来ませんでしたが、もうそれ以上
のことは出来なかったのです。

それと同時に、本家の改築に便乗し、隣接して建てられたアパートの一室に
私たち家族も移住する事になりました。
同居こそ出来ませんでしたが、隣地に住むという事もあり、「多少は監督できるだろう」
「ちょくちょく父の顔を見にいけるだろう」と思いました。
近くに私が住むことになれば、流石に母ももう散らかしたりは出来ないだろう、と思ったのです。

しかし、現実は違いました。
母は本家に私たちが足を踏み入れることを強く拒んだのです。

母は門や玄関、縁側にはすべて鍵を掛け、身内の自由な出入りさえ遮断しました。
まるで客のように尋ねて行こうにも、「お父さんは寝てるから」
そう言って追い帰されてしまうのです。

9 :名無しさん@HOME:04/04/06 09:32
家政婦雇えば?

10 :1:04/04/06 09:32
そうこうするうち、たまに母に会うことがあれば、父の安否を尋ねる程度になりました。

「親父は元気か?」
「元気だよ。リハビリも行ってるし。」

「食事はいいモン食わせてるか?」
「大丈夫。」

・・・母もそう言っているし、まぁ、大丈夫だろうと安心していました。

そしていよいよ先日の話。
7年前に他界した祖母の法事に一族が集まった時のことです。
集会は本家ではなく、近くの温泉宿で行われました。
親族の誰もが本家に容易に近づくことが出来ないため、誰も父に会うのは本当に久しぶりです。
皆が彼の元気な姿を信じて疑っていませんでした。

11 :1:04/04/06 09:34
しかし。

その時現れた父の姿は、皆を驚愕させました。
もはや昔の父の威厳などどこにも見当たらなかったのです。
頬はやせこけ、手足を自由に動かすことすらままならないほど衰弱した姿。
右手は常に小刻みに震え、目はうつろに一点を凝視するばかり。
喋る事も一苦労のその姿は、寝たきりの老人の、正にそれでした。
座ることも苦しいらしく、座布団を敷いて寝かせてやります。

一同、息を呑みました。

母の話では、父の療養は順調で元気に回復している・・・。
そんなニュアンスがあったのです。
しかしこの父の姿は、皆の期待を裏切り、まるで死人でした。
誰もが「元気か?」の言葉を飲み込みました。
姉があまりの父の変貌振りに涙を流しました。
その異常な空気の中、母が一人だけ普段と同じように振舞っていました。

12 :1:04/04/06 09:34
姉は父に尋ねてみました。
「ちゃんと栄養のある食べ物たべてるの?」
しかし父曰く、
「朝飯は午後の3時」
「惣菜ばかりで、今日はいなり寿司3個だけ」
「母さんはいつもどこかに出かけて帰ってこん。」

(この後、実は毎週のリハビリの時間にも間に合わず、リハビリすら受けさせて
いなかったことが判明)
堪り兼ねた姉が涙ながらに父に提案します。
「お父さん、私が大阪から帰ってきて、介護したげるわぁ。」

それを聞き、あれほど頑固だった父が
「N(姉)よぉ。帰って来いやぁ。・・・帰って来いやぁ。」
と弱音を吐きました。

13 :1:04/04/06 09:35
叔父、兄、私は途方もない情けなさを隠せず、そして父をここまで衰弱させた母に
憤慨しました。
私と兄、そして姉との直系の子供達だけで家族会議をすることに決まりました。

「あのままでは親父は長くない。お袋に殺されるようなもんだ」
「もうあの人には任せておけない」
「大阪から帰ってきて、あの人の変わりに私が介護する」

翌日、私達三人は事の解決策を申し出ようと、本家に乗り込みました。
二度目の強行手段になりますが、なんとしても父をあの母から引き離さなくては、
と三人の意見が固まったからです。

本家に上がったその時私達が目にした光景は、さらに私達を愕然とさせるものでした。

買ったままビニール袋に入れられ、台所の「床一面」に放置された食材の数々。
掃除すらされず、入り口に物が積み上げられている「介護用の浴室」。
便の付着したまま、手入れもされていない水洗便所。
いたるところシミの付いたカーペットが敷かれた寝室。
介護用オムツやらペットボトル、惣菜の入っていただろうと思われる発泡トレイが
乱雑に入れられたゴミ袋、ゴミ袋、ゴミ袋・・・。

ゴミ屋敷の再来です。

14 :1:04/04/06 09:37
なんということでしょうか。
一抹の不安はありながらも、それでも彼女のことを信じていたのに。なんら、
彼女に反省の色はありませんでした。

もう笑うしかありませんでした。
すでに姉の膝は文字通り、"笑って"いました。

この現状を打破するには、もう母にこの家と父の管理を任せるわけにはいきません。
私達は母に詰め寄りました。
あなたから父と家を取り上げてでも、私達が管理する!と。
しかし母は、「お父さんに聞かないとわからない。私の一存では決められない」
と言い出しました。
母は詰め寄られると返答することから逃げ、貝のように黙ってしまう癖があるのです。

そして母はおもむろに父の寝室に向かい、父と相談をすること数十分。
しばらくして戻ってきた母が、姉を父の元に招きました。
戻ってきた姉は愕然とした様子で涙を浮かべていました。
何があったのか聞いたところ、

「お前は帰ってくるな。この家は誰のものでもない、ワシのものだ。子供の世話には
ならん。ワシが死んだら、この家は母さんの物だ。手出しするな」

と、父に言われたそうです。

15 :1:04/04/06 09:37
「昨日と言っている事が違う!?」
その言葉に憤りを感じた私と兄は父の寝室に向かいました。

父はなぜ突然主張を変えたのか?
確か、以前にも似たようなことがありました。
父が主張を変える時。

父はその現場の状況を直接見たり話を聞いたりせず、そのすべてを母から聞いているという事。
しかも母は父に不正確な情報(たとえば自分に不利になることは伝えないなど)しか伝達して
いない事。

心底呆れました。まるで、子供です。
「子供達が私をいじめるよ、お父さん、助けて!」ってな感じです。
自分のしている愚行には一切目を向けず、あまつさえ寝たきりの親父に助けを求めるその姿勢
を目の当たりにし、「これが私の実の母なのか」と思うと吐き気がしました。


詰め寄る私達にも、やはり父は同じ事を言いました。
唯一違和感を感じたのは明らかに母に「言わされている」ようだった、と言うことです。

しかし父はこの家がまた再びゴミ屋敷に戻ろうとしている事実は知らなかったようです。
私が事実を話すと、母はギクリ、とした表情を浮かべました。
やはり母は不利な情報を伝えず、曲解・誇張して父に伝えていただけでした。

わざわざ大阪から父のために帰ってきた娘に対し「帰れ!」と罵る父も父ですが、
それを横で聞いていて「なにもそこまで言わなくても」の一言すらない母。
父の言葉が母の代弁以外の何物でもないことが確実に見て取れます。
私には前日の父の言葉こそが、本当の父の言葉だったと信じて疑いません。

ですが、そこからはもう、話が前には進みませんでした。

16 :1:04/04/06 09:38
父のために、と躍起になっていた私たち。
その本人から「かかわるな」と言われたのです。
それが本心かどうかは別として。
私達は張り詰めていた糸がぷつりと切れ、言葉を失い、本家を後にしました。
私たちの口からは、ただ、ただ、ため息しか出てきませんでした。

「強行手段にでるか?」

しかし、確かに本家の所有権は父にあります。
私たちが好き勝手なことは出来ません。
父が任せるといっている以上、彼の介護は母でなければ受け入れられないでしょう。
しかし、彼女に任せておけば、おそらく父はこの先長くはないでしょう。

私達は途方にくれてしまいました。


そして、父の介護とは別に、私達にはもうひとつ問題があります。
それは本家が本家としての役割を保てていないことです。

散らかり放題、不衛生極まりなく、子どころか孫達も近づくのを嫌がる始末。
母も流石に人目に付けるのは気が引けるようで(怒られるから)常に関係者はシャットアウト。
現状では親族と言え仏間にすらなかなか入れてもらえない状態なのです。
おかげで親族は集う場所もなく、盆、正月、冠婚葬祭に本家に集まることなどが
全く出来ない、一族離散状態です。

17 :1:04/04/06 09:39
そもそもに親族とのの関与を必要以上に毛嫌いする父と母。
老後を二人で過ごしたいと強く主張するのなら、せめて隠居してくれと言う申し出にも応じず、
「当主は本家に住むものだ」という主張を決して曲げません。
それならばそれで家をきれいに管理してくれるというわけでもなく、
尋ねてきた人間を快く迎え入れてくれるわけでもなく、lゴミ屋敷化は今日も着実に
進んでいます。もちろん家だけではなく我が家の墓も荒れ放題なのは言うまでもありません。

一族皆の集える「集会所」としての本家を取り戻したい。
あの家族のざわめきをもう一度取り戻したい。
いっそ仏壇を別に移動させてしまおうかという案も出ました。

母の人間性も、知人や親族から大きな反感を買っています。
身内の陰口をあちらこちらに話して回っている様子でもあります。
私の妻の悪口をところかまわず言っているのも確認しました。

もう、限界です。
私自身、母を母だと思えなくなっています。

何とかならないものなのでしょうか?
このまま彼らの死を黙って見送り、世代交代まで待つしかないのでしょうか?
いくら法律に触れないとはいえ、世間一般的には愚行とさえ思われる母の行動を
なんとか子供達が制する方法はないものでしょうか?

皆さん、どうかお知恵をお貸しください。

18 :1:04/04/06 09:40
※どうやら近いうち父は施設に入ることが決まったようです。
 それも、私たちが問題を提議したことに起因している様子です。
 
 私達が動いたことが分家の叔父の耳にも入り、叔父から母へ直接抗議があったため、
 施設を手配した様子です。
 私達が何もしなければ、劣悪環境下の介護が続いていたことでしょう。
 自分が苦手な人間に注意されて初めてしぶしぶ行動を起こす、そのうわべだけの行動が
 さらに私の母に対する嫌悪感を増大させました。 
 しかし、これで当面は父の食事については問題は、若干なりとも解消されたと言える
 かも知れません
 まだまだ問題は山積みですが・・・。

19 :名無しさん@HOME:04/04/06 09:42
  ┏┳┳┓     ハイ.     ┏┳┳┓
┏┫┃┃┃ アホレスは   ┃┃┃┣┓
┃┃┃┃┣┓ ここまで  ┏┫┃┃┃┃
┃      ┃┃┏━━━┓┃┃      ┃
┃  スレ   ┣┫ . ・∀・ ┣┫. STOP!┃
┗━━━━┛┗┳━┳┛┗━━━━┛
            ┏┻┓┃
        ┏━┛  ┣┻┓
        ┗━━━┫  ┗━┓
.             ┗━━━┛



20 :1:04/04/06 09:43
以上です。長くなってすみません。
ご意見を頂けたら、幸いです。

>>9
残念ながら「家政婦案」は我が家では超既出です。_| ̄|○

21 :名無しさん@HOME:04/04/06 09:47
>※どうやら近いうち父は施設に入ることが決まったようです。

これで解決じゃん。
本家に残った母親はほっとけばいいんだし。


22 :名無しさん@HOME:04/04/06 09:54
>>21
当面はそれでいいんですが、父の意向は
「本家で死にたい。本家で葬儀をあげてくれ」なのです。

7年前の祖母の葬儀もゴミ屋敷の為、結局はメモリアルホール
を間借りして執り行いました。
その時も母は親族中から責められたのですが、反省すらしていない。

今の状況では、祖母の時と同じく本家で葬儀をあげるのは不可能です。
施設で父の体力が回復して本家に戻ってきたとしても、
食事もろくに作れない母が母なだけに結局元の木阿弥です。

どうしたらいいものやら・・・



23 :名無しさん@HOME:04/04/06 09:58
1も文章をまとめられな人だね。お母さんとそっくり。

24 :1 ◆xgSW67.oNQ :04/04/06 10:09
名前入れ忘れました。
>>22は私です。

25 :名無しさん@HOME:04/04/06 10:10
>>1
親子で病院逝け

26 :1 ◆xgSW67.oNQ :04/04/06 10:11
>>23
文才無くてすみません。
より的確に現状を把握して貰いたかったものですから
長くなってしまいました。

27 :名無しさん@HOME:04/04/06 10:12
長ければいいというものじゃないでろん

28 :1 ◆xgSW67.oNQ :04/04/06 10:13
>>25
母を精神科に診てもらうことも考えています。マジで。
ADHDってやつですかね?

29 :1 ◆xgSW67.oNQ :04/04/06 10:15
>>27
読むのが非常にめんどくさいと思います。ごめんなさい。
結論は>>1です。


30 :名無しさん@HOME:04/04/06 10:16
介護中に老夫を虐待してる老妻によくよく話を聞いたら
「亭主関白でさんざん浮気され、家事も子育ても親戚づきあいも厄介事も自分まかせ。
家のためだと強引に次々と妊娠させられ(時に堕胎も強いられ)離婚すらできなかった。
いまこそ夫は自分に対して今までの行為の返済をすべき」
と思ってることも多いらしい。この場合、老夫も罪悪感で強く出られないそうな。

お父さんがいいって言ってんだから子供世代が口出すこっちゃないって気がする。
だいたい今どき本家だ分家だって考え方がうさんくさい。
本家の役割がどうのって執着し過ぎてると、1が将来妻から同じ事をされるかもよ。

31 :名無しさん@HOME:04/04/06 10:19
で、1は結局どうしたいの?
父親の希望通り本家で死なせてあげて、本家でお葬式をあげたいの?
それとも母親に改心して欲しいの?
どっちにしろ両方とも無理なんだから、ほっとけばいいじゃん。
2人共あぼ―んしたら兄弟の誰かが本家を継いで、昔の通りやっていけばいいんじゃないのかな。
今のご時世、メモリアルホールで葬式するのは珍しくないんだし、
どこで葬式しようと死んだ本人にはわかんないって。

32 :1 ◆xgSW67.oNQ :04/04/06 10:23
>>30
介護虐待ですか。今、それも問題になってます。
しかし、確固たる証拠が無いんですよね。

うさんくさいですか、そうですか。
そういわれても仕方がないですよね。

残念ながら本家・分家の役割と言うのはうちの地域では
結構当たり前の概念なんですよ。
おそらく地域ごとの文化でしょうから、なかなか理解して
いただけないものと思います。

33 :1 ◆xgSW67.oNQ :04/04/06 10:30
>>31
できれば母に改心してもらいたいものです。
しかし、あれはもう無理でしょう。

ですので、父の希望通りにしてやりたいのと、
本家に本家としての役割を復活させてやりたいのです。
次の本家の当主は、恐らく兄か私でしょうね。

父が施設から帰ってきても、理想的な介護ができるようにすること。
そして親族が病床の父や親仏に自由に会いに来れる環境を整えること。

これが私を含め、兄、姉、分家一同の願いです。

34 :8782 ◆KQ12En8782 :04/04/06 10:30
芥川賞を目指すスレはここですか?

でも、芥川賞は容姿が問われるってことが今の常識。


35 :1 ◆xgSW67.oNQ :04/04/06 10:37
>>31
メモリアルホールでやったって構わないのは分かります。
しかし、やっぱり気分的なものがあるじゃないですか。
戦後から本家を盛り上げた功労者でもあるわけですしね。

祖母の葬儀が本家で出来なかったことが今でも心残りなのです。
父はそうさせてやりたくない。
ただそれだけです。

はい死んだ、死人にはわかんねーから別に何処でもいいだろ。
みたいなのじゃなく、ね。

36 :名無しさん@HOME:04/04/06 10:39
>本家に本家としての役割を復活

すまんが分かりやすく説明してくれ。

本家はゴミ屋敷である実家でなければいけないの?
母親だけ残して隣のアパートに引越しして、姉なり1なりが介護してあげれば?
母親が死んだら元の実家にもどす、と。
緊急避難っちゅうことで親族に理解してもらう。
どうよ?
この際父親には諦めてもらえ。

37 :名無しさん@HOME:04/04/06 10:43
まず母親にあぼーんしてもらう。これで解決10000000ゾロリ!

38 :1 ◆xgSW67.oNQ :04/04/06 10:49
>>36
>本家はゴミ屋敷である実家でなければいけないの?
事実上本家は別所でも構わないと思いますよ。
仏壇を移動してしまおうという案も出ているんですから。
しかし、これも気分的なものですね。

なんせ本家(実家)は祖母から直系の父、叔父、兄、姉、そして私
が生まれた場所なのですから・・・。
そこが1人の人間によって汚されていくのが辛いのです。

>母親だけ残して隣のアパートに引越しして、姉なり1なりが介護してあげれば?
まず父と母を引き離す力が、私たちにない、という問題です。
そして父は母の言いなり。
一応その案も提出しましたが、ダメでした。

父も父で偏屈な所があり、党首は本家に住まなければならないとか言いながら
施設に入ることは承諾するという理不尽さです。

39 :1 ◆xgSW67.oNQ :04/04/06 10:50
>>37
唯一の実の息子である私でさえ、そう思うときがあります。
それが悲しい。

40 :名無しさん@HOME:04/04/06 10:50
一通り読みました。
1さん、家庭裁判所に相談してみては?


41 :8782 ◆KQ12En8782 :04/04/06 10:53
テレビに出れるチャンスじゃん。

42 :40:04/04/06 10:55
えーとね、最高裁判所のHPで家庭裁判所について勉強すると
よろし。
家事事件の一般調停として使えるんじゃないかって気がしたよ。
まあ詳しくは最寄の家庭裁判所で聞いてね。

43 :1 ◆xgSW67.oNQ :04/04/06 10:59
兄弟全員このまま彼らの意向どおりに放っておいてやろうかとも思いました。

しかし、多分それでは親父自体を放っておくことと同意です。
放って母に任せておけば、恐らく父の寿命は長くありません。
彼自身がそれで言いといって、果たして子供達はそれに従うべきなのでしょうか。

・・・色々考えた結果、
糖尿患者が酒を飲みたいと言うのを家族が抑止する事と同じ事だと思い、
要らぬ世話と言われようが、兄弟の意思は貫くことに決まりました。

44 :1 ◆xgSW67.oNQ :04/04/06 11:01
>>40
>>42
サンクスです。
家裁ですか。なるほど。
こういう問題も扱ってもらえるんですね。
早速当たってみます。

仕事の時間なので、夜まで落ちます。
有難うございます。では。


45 :名無しさん@HOME:04/04/06 11:51

1さんはほんとに大変なのでしょうが、なんか
思わず笑ってしまいかける微妙な話ですね。ごめ。

衰弱した資産家、その後妻と実子、前妻の子ら、それを取り巻く親戚達・・
さあ欲にまみれた骨肉愛憎ドラマの登場人物が勢揃いしたぞーっ、
てところで出てくる舞台がゴミ屋敷・・・
お片づけや料理ができない、
子供のような言い訳ばかりするお母さん・・・

相続、跡取り問題なんか二の次で
逆に義兄弟たちは一致団結。
心をひとつにしてみんなで問題(ゴミ+お父さんのまともなご飯)
に対処しよう、って感じで。

・・・なんにしてもお父さんの施設入所が決まって良かったですね。

お母さんのほうは、すぐには性分は変わらないでしょうけど
花を生けたり、骨董をかざったりしてキレイに暮らしている
おうち(お金持ちだし、知り合いにいませんか)を訪ねたりして
少しずつ目覚めさせてはどうでしょう。

46 :名無しさん@HOME:04/04/06 11:59
血族一同、異分子である嫁、それも後家を
排除したいがしがたし、というはなしですね。
しかし頭首である父親が選んだ「女」。
指をくわえて引き下がるしかないのでしょうか?
そうだよ。
はやく親離れしろ。

47 :名無しさん@HOME:04/04/06 12:17
両親を高級老人マンソンみたいなところに入れるのはどうよ?
家事一切世話してくれるでしょ? お父様あぼ後もお母様は引き続き
そこに居られれば問題なかろうし。
で、本家は掃除してwお兄様なりが入居、本来の本家の役割を果たす。

ま、「当主は本家にいるべき!」って信念を持つお父様をどう説得するか
ってとこが大問題かも知れんけど、その辺はそれこそ家庭裁判所で
何とかならんモンですかな?

48 :名無しさん@HOME:04/04/06 12:18
先ずこのごみスレをどうするかだな

49 :名無しさん@HOME:04/04/06 12:35
面白いのでマジレスしてみる。
昔ながらの本家、分家、当主という考えを一族が持ち続けたいと
願っているなら、当主であるお父さんの言うことは絶対じゃないの?
とりあえず施設に入って快適な介護を受ければ
お父さんの妻に対する考えも変わるかもしれないから
静観すれば?

50 :名無しさん@HOME:04/04/06 12:47
いや、興味深いね
お金があっても解決しないもんだな

51 :名無しさん@HOME:04/04/06 12:47
昔は年取ったらとっとと隠居したもんだ

52 :名無しさん@HOME:04/04/06 12:59
昔ながらのやり方の一つに「隠居」というのもあるんじゃないの?
心身ともに一族を束ねるのには無理となれば当然のこと。

この際、お父様には隠居してもらって長男に諸々のことを任せる
妻である後妻も当主である長男に従う、と一筆書かせる。

それとね、昔ながらの本家だの、当主だの言ってる割に
時期当主は長兄か>>1ってのはどういう訳?
昔ながらのやり方なら長男しかないじゃん。

>>1は後妻腹なんだし、その後妻が本家の権威を壊しちゃったのなら
その子どもの>>1が他の兄弟と同等にでかい顔してるのがわからん。

後妻=>>1実母と他の兄弟は養子縁組してるの?
それをしていないのなら、後妻の子は>>1だけで
すべての責任があるんだよ。

>祖母の葬儀が本家で出来なかったことが今でも心残りなのです。
>父はそうさせてやりたくない。
>ただそれだけです。

本当に本家としての家と父親が大事なら実母を拉致してでも
本家から連れ出し、自分が遠くへ去るのが本来だと思うよ。
>>1母子が一族から消えればすべて丸く収まる。

53 :52:04/04/06 13:00
お、のんびり書いてたらすでに51が。


54 :1 ◆xgSW67.oNQ :04/04/06 13:22
昼休憩なので戻ってきました。
皆さん、ご意見有難うございます。
今、早速家裁について問い合わせをしているところです。

>>52
>昔ながらのやり方なら長男しかないじゃん。
>後妻=>>1実母と他の兄弟は養子縁組してるの?

養子縁組はしております。ですので、血縁関係はありませんが、
兄、姉にとって母は戸籍上の母ですし、私にとって2人は紛れも無い
兄弟、そして家族ですよ。

「長男か私」と申し上げたのは、兄の意思次第だからです。
恐らく兄が継ぐ事になるでしょうが、兄自身は「お前が住め」と
言っているからです。
兄は既に自分の家を"分家"として持っていますので。

しかし、まぁ。
誰が継ぐ事になるのかは、そのときにならないとわかりません。
本家を継ぐということは、その責任も継ぐ事になるわけです。
アパートの相続の問題もややこしいものですからね。
どちらかというと兄弟で奪い合うと言うより、譲りあっています。

どれだけ莫大な相続税が請求されるのか、わかったもんじゃないので。

55 :名無しさん@HOME:04/04/06 13:30
で、隠居の件はどうなの?

56 :1 ◆xgSW67.oNQ :04/04/06 13:31
>>51
>>52
「隠居してくれ」は真っ先にチョイスした案でしたね。
敷地内に祖母が息を引き取った離れがありますので、そこで暮らしたらどうか、と。
・・・真っ先にダメ出しを喰らいましたが。

52さんのおっしゃるとおり、結局自分が動くことすらままならないのに
当主としての勤めが出来るはずもないじゃないですか。ねぇ?
管理さえ子に任せてくれれば、別に私や兄が当主にならなくてもいいのに・・・。

おばあちゃんの暮らしていた離れを改装して、私が住んでやろうかと思案中です。
(これは奇跡的に許可をもらえた)
そうすれば、少なくとも敷地内には入れるんで。
そこに私の家族と姉が住めば、少しは違うのではないかと。

57 :名無しさん@HOME:04/04/06 13:36
>56=1
奥さんは承知なの?
その思案については

58 :1 ◆xgSW67.oNQ :04/04/06 13:38
>>47
高級老人マンソンで思い出しました。
これから入る施設はそれに近いものらしいのですが、詳細がわかりません。
どの程度看護して貰えるものなのか、調べてみます。
それによっては対策も変わってきますね。
ちなみに介護人も一泊1000円で泊まれるらしいです。

ゴミ屋敷の有様、近いうちデジカメで取れたらうpしてみましょうか?
もちろん、屋敷内に入れるかどうかが解りませんが。
どれだけ酷いか皆さんにも目の当たりにしていただけると解りやすいと
思うので。

59 :名無しさん@HOME:04/04/06 13:38
私が奥さんなら禿しく嫌だが。

60 :名無しさん@HOME:04/04/06 13:39
じゃ、法律上の親子関係はともかく、母とは唯一血縁関係がある>>1という立場の件はどうよ?
他の親族や兄弟からしたら、とんでもない後妻をもらっちまったもんだと思ってるはず。
やっぱり、>>1が母とともに身を引くのが一番じゃないの?

61 :名無しさん@HOME:04/04/06 13:39
老人は年を取ると自分の考えに固執して頑固になるもの
話し合いをしようとしてももう無駄だと思う
公的な機関に相談して強硬手段をとるしかなかろ

62 :1 ◆xgSW67.oNQ :04/04/06 13:40
>>57
はい。
承知どころか、妻の案です。

父は11日に施設入所だとさっき聞きました。
もっと早くならんもんかな。

63 :1 ◆xgSW67.oNQ :04/04/06 13:47
>>60
とんでもない後妻を貰ったと思っているのは事実です。
私自身そう思いますし、親族は皆、そう言っています。もちろん、私の前でですよ。

しかしだからといって周りに私を責める人間はいません。
お前1人に押し付けたりせず協力する、とも言ってくれています。
姉もそのために大阪から帰って来てくれました。

その代わり、前回の強行手段の際も、今回の話し合いの際も、
次男であり末子でありながら、責任を持って陣頭指揮をとりましたよ。

なにせ母親に一番キレているのは自他ともに認める、私自身なのですから。

64 :名無しさん@HOME:04/04/06 13:49
なんだよ。どんなに面白いネタスレかと思ったら。
いいじゃねーか、門の外から南京錠をかけて、
食事は介護食の出来る給食業者に任せる。
食事だけには困らない二人きりの楽園ですごさせてやれよ。
父さん死んで困ったら母さんいうだろうよ。
そしたら母さんを施設に入れて屋敷は取り壊して新しいの建てればいいじゃん。

65 :1 ◆xgSW67.oNQ :04/04/06 13:50
>>61
話し合いが無駄・・・

すごく、すごくよくわかります〜〜(涙)
しかも向こうの主張が矛盾だらけなんですよ・・・。
やはり公的機関の協力は必要ですね。

そろそろ休憩が終わりますので、再び落ちます。
みなさん、本当に有難うございます。

66 :名無しさん@HOME:04/04/06 18:05
父親が隠居しない(当主でありつづける)という意志が固いのは分かった。
周囲の親族は、それについてどう思っているんだろう?

当主って、自分でそう言うだけではやってられないですよね。
父親本人が引退しないって言い続けたって、
叔父さんをはじめとする親族全員が、あなたなりお兄さんなりを当主扱いすれば、
勝手に家を片づけるなどなどしても、誰も非難しないと思います。
逆に、いつまでも隠居しない、往生際の悪い人という判断がお父さんに下されるのではなかろうか。

などと、つらつらと考えたりしてみた。

67 :40:04/04/06 20:43
家裁について書いた者ですが、ちょっと別のことも書きたい。

1さん達はたぶん、とても正論を仰っているんだろうと思う。
ただ、それでお母さんを追い詰めてばかりいると、ますます解決しない
のではないか。ほんとうは、実子である1さんが、お母さんとつながり
を持って、責めないで話ができるようにした方がいい。
1さんは実母だからこそ情けない、と先頭切って責めていそうだけど、
それで楽になるのは自分の気持ちだけ。そんな状況ではお母さんも本音
は言えない、頑なに閉じこもり問題を見つけられまいと隠すだろう。
1さんが勇気を持って、お母さんを責めずに一緒に考えるよという姿勢
を示し、兄弟や親戚に対してもお母さんと一緒に頭を下げるくらいの事
をしてほしい。

68 :40:04/04/06 20:52
そして、「片付けられない」というのがADHDの一種にありがちな、
本人にはなかなか改善しがたい問題で、本人も苦しんでいること
が多い、ということについて1さんも勉強してほしい。
本では、「片付けられない女たち」「「わかっているのにでき
ない」脳」あたりがお勧め。

公的機関を入れての現実的な解決はもちろん、実母について
もう少し深く考えてあげてほしい。
病気だと思えば、責めるに責められない部分もあるでしょう。
「家」や世間体的なことだけでなく、その人も苦しいという
ことを思い返して欲しい。

69 :名無しさん@HOME:04/04/07 00:16
とりあえず食事は介護給食の派遣でどうだ?
出前取るようなものだから、家政婦よりは受け入れられると思う。

70 :1 ◆xgSW67.oNQ :04/04/07 09:29
昨夜はまたしても家族会議でした。
疲れて寝てしまったので書き込むことが出来ませんでした。
>>66->>69
ありがとうございます。

昨日、兄が家裁に行って相談してきた模様です。
いろいろ事情を説明し、対策を伺ったようでしたが・・・
結論は、「父の決断次第」なのだそうですわ。

要するには、構うな、と言われれば子供はどうにも出来ない
ということです。ま、当然ですね。
とりあえずこの時点で強制執行の案は消えました。



71 :1 ◆xgSW67.oNQ :04/04/07 09:38
>>66
世代交代は親族一同の願いですね。
既に誰もが父が当主を勤めることは無理だ、ということを認めています。

名目上の当主は父として、子のうち誰かが裏(?)当主を務め、父の代行をする。
これが理想なのですが、父がそれ自体を認めない限り無理なようです。

72 :名無しさん@HOME:04/04/07 09:51
実家が汚屋敷になってから、法事があったんだよね。
実家ではできなくてよそでやったんでしょ?
そういう手配は誰がやったの?

その時の施主は名目上はお父さん、母が名代といういう図があっても
その後で長男なり、>1なりが最後の〆の挨拶=実質上の施主=当主(代行)
という形をとり、既成事実をだんだんと作っていくようにするしかないのでは?

その他の冠婚葬祭も当主の病気、妻はその介護の名目のもとに
父母宅への案内も家宛にと長男か>1が、他の親戚に根回しして
外堀から埋めて既成事実を積み重ねる。

73 :名無しさん@HOME:04/04/07 09:55
青年後見制度というのがあるんだけど、それには該当しないの?

該当しないような気もするけど・・・・
検討するだけしてみても、無駄ではないような気がする。

74 :1 ◆xgSW67.oNQ :04/04/07 10:00
>>67>>68
私たち子供は久しぶりに見た父の変貌振りに驚き、少し頭に血が昇っていたかも知れません
子供達のヒートアップに父と母も、心を閉ざしてしまったものと思われます。
このままではいい結果は生まれませんね。

昨日、兄は家裁へ。私はネットで色々調べてみました。
注目したのが67さんのおっしゃるADHD。
ADHDチェックリストを調べると、まさしく母に該当するんですよね。
母のようなケースの人間はADDというらしいです。
「後でする」という問題先送りの性格や、「自分がする」という
異常なまでの責任感は、ADDの特徴のようです。

67さんが>>68に書いているように、双方ぶつかり合うだけでなく、
ADDと正面から向かい合うべきなのではないかと思い始めました。

ADDを治す方法は無いそうです。
しかし、だからと言って散らかし続けていいものではない。
ADDの主婦に任せっきりでは、今後の展望は結局今となんら変わらないのです。
そこで考え付いた案なのですが。

必要なのはADDの人に「自分はADD」なのだ」と気付いてもらう事。
そして周囲の人間が「彼女はADDだ」と認識してもらう事。
ADDの人が「自分でする」という考えをもつ特性をもっていること自体を
母に認識してもらって、今までのように排他的になるのではなく、
親族に協力して貰うよう説得する。
そして親族には、ADDの人は段取りが悪くて普通なのだから、それを責めない
事を強く認識してもらい、協力するよう申し出る。

どちらも私の役目ですね。
何とか双方の折り合いがつくようやってみようかと思いますが・・・。

75 :1 ◆xgSW67.oNQ :04/04/07 10:16
昨日母と直接会い、ADHDについて説明してきました。
「こういう症例があるのだから、あなたはADHDかもしれない
異常ではないかもしれない」と。
そして、「何もかも自分でする、という性格はADHD特有の
ものだから、そこに気付いて欲しい。そして人に頼る事が
ADHDに一番良い改善策なのだから、協力させて欲しい」
とも言ってきました。

しかし母の言葉は「そうか、異常じゃなかったんだね
ありがとう、でも、これは私のしなければいけないことだから・・・」と。

あぁ、だから、そこに気付いてくれ。_| ̄|○

76 :名無しさん@HOME:04/04/07 10:18
この展開の早さが(ry

77 :名無しさん@HOME:04/04/07 10:21
ここから先はここで相談する必要ないんじゃ…。
メンヘルか、カウンセリングで相談される事をお勧めします。

78 :1 ◆xgSW67.oNQ :04/04/07 10:28
>>72
会場手配は母がやりました。金で解決することが普通になってしまっているのですね。
既成事実の積み上げで実質当主のすり替えは出来ると思いますが・・・
当面の問題である

・本家を誰が訪れてもいいように常にきれいに保つ
・施設から帰ってくる父の世話

の二つを解消するには、当主は誰とかは関係なく、"誰かが同居"しなければ
解決しないのではないかと思うのです。
母は恐らく、自分がどんなに意識しても大して改善しないと思われますので。

誰が当主と言うのには法律的な定めが無いので、結局は"家の所有者"="決定権"なのです。
仮に当主が私になったとしても、本家を所有している父が「構うな」と一言言えば
私は手出し出来ないのです・・・。

79 :名無しさん@HOME:04/04/07 10:29
メモ帳カキコですか?

80 :1 ◆xgSW67.oNQ :04/04/07 10:30
>>73
青年後見制度ですか。ありがとうございます。
調べてみます。

>>77
メンヘル・カウンセリングは・・病院の精神科に行けばいいんですかね?

81 :名無しさん@HOME:04/04/07 10:32
ぐぐって調べれば?
随分とかまってちゃんみたいだから、あなた自身も受けた方がいいよ、カウンセリング。

82 :1 ◆xgSW67.oNQ :04/04/07 10:33
>>79
すみません。
なんとなく解決策も出ているんですが(ADHDとしての方向性)
その説得がうまくいかなくて。
病院に連れて行くべきですかね?

83 :1 ◆xgSW67.oNQ :04/04/07 10:34
>>81
ええ。そうします。ありがとうございます。

84 :名無しさん@HOME:04/04/07 10:34
連れて行くのでなく一緒に行くの。
電源切って今すぐゴー!

85 :名無しさん@HOME:04/04/07 10:45
>80
「成年」後見人制度でしょ?
昔の禁治産者のことだよ。

実父さんは体はともかく頭はしっかりしてるみたいだし
AD(H)Dが後見人必要と判断されるかも無理がありそうな気がするけどね。

86 :名無しさん@HOME:04/04/07 11:21
私は興味深く(失礼)読ませていただいてます

sage進行ででも1さんがカキコ続けてくれるのを期待してます
真面目で誠実なご兄弟なんでしょうね

87 :名無しさん@HOME:04/04/07 11:22
年取ったお母ちゃんにADDだADHDだ言っても理解できるわけ無いだろ

88 :1 ◆xgSW67.oNQ :04/04/07 18:42
ご意見有難うございます。
私、もともとは他板の住人なもので、この板のローカルルールを存じません。
今までのageはまずかったでしょうか?
もし失礼でしたら、ご迷惑をお掛けしました。
しばらくsageますね。

89 :1 ◆xgSW67.oNQ :04/04/07 19:10
>>87
しかし・・理解してもらわんと話が進みませんしねぇ。
無理かどうかより、やるだけやらないと結果はわかりませんし。

今日、近所のカウンセリングと心理療院に問い合わせをしました。
(父の入る施設の近く)
一応、そう言った類の症例はあるそうです。

ただ、本人が「治療しよう」という理解の元で挑まなければ意味が
ありませんのでまずそこからの説得になるでしょうね。
これが出来るのは兄でも姉でもなく、私しかいませんので、
何とか頑張ってみようかと思います。

11日以降、父が施設に入れば母も手が空くと思われますから
治療はその後からになるでしょう。
母と2人でカウンセリングに赴いてみます。

90 :1 ◆xgSW67.oNQ :04/04/07 19:20
皆さんのご意見、非常に参考になります。
解決策は今のところADD治療なのですが、これもどうなるか
今の段階では解りません。

今後新たに勃発するかもしれない問題への相談の為と、
アドバイスしていただいた方への事後報告も含めて、
また、同じ悩みをお持ちの方の何らかの参考になる事も考え、
一応しばらくの間スレは存続させて頂きます。
単なるオナニースレになるかもしれませんが・・・。

91 :名無しさん@HOME:04/04/07 19:30
期待age

92 :名無しさん@HOME:04/04/07 19:31
駄スレsage

93 :名無しさん@HOME:04/04/07 19:31
しつこい。

94 :名無しさん@HOME:04/04/07 23:43
本家だの分家だのアホか。

95 :名無しさん@HOME:04/04/08 09:45
その施設、母親も引き取ってもらえないのか?
父の介護要員でも何でも、名目はなんでもいいから。
そうすりゃモーマンタイなのだが。
年寄りの治療って、精神科でも嫌がるよ。
つーか、治療無理だと思う。その年じゃ。鬱や統合失調ならともかく。

96 :1 ◆xgSW67.oNQ :04/04/08 10:03
>>95
施設は一泊1000円で介護要員も宿泊できるようです。
多分母の性格上、泊り込んでなかなか帰ってこないでしょうね。
散らかす癖にきれい好きなので・・・。(これもADDの特徴らしいです)

しかし、以前の別荘住まいの時もそうでしたが、このままだと
2度と帰って来なくなる可能性があります。
父は家で死なせてやりたいと思うので、やはり家を片付ける&
維持する、そして介護の環境を整えることは必須ですね。

ですので、駄目でもともと。一応カウンセラーには相談してみます。
予約する前に、母を説得しなきゃ。

97 :1 ◆xgSW67.oNQ :04/04/08 10:04
sage忘れた・・・。

スマソ。

98 :1 ◆xgSW67.oNQ :04/04/08 10:16
後見人制度調べました。情報提供者の方、ありがとうございます。

「痴呆や判断力の衰えのために財産の管理を他の人間に委託する」
ということらしいです。勉強になりました。

この場合父は、まぁ判断力はあるのでしょうからまだまだ必要ない
とは思いますが、父が「母に任せる」と言っていることから、将来的には
母が後見人、と言う図式になるのでしょうね。

財産はやるから、頼むから家をきれいにしてくれ・・・。

99 :名無しさん@HOME:04/04/08 10:34
いや、「自分の健康を犠牲にしている」という時点で
判断力なくなっていると思うよ。
資産家らしいけど、お抱え弁護士はいるの?
もしいなかったり、父親べったりの弁護士だったら
まず30分5000円の所とかで聞いてみても損はないんじゃない?

あと、なかなか帰ってこないんだったらなお宜しい。
ずーっとそちらにいてもらうとかどうでしょう。
その間にもう一回業者を雇って綺麗にし、お父様がいよいよ(不謹慎スマソ)
になったら実家にもどす&看護婦・家政婦を雇うにしたら?
それと、1はスレ立てた人なんだから、ageてもいいと思う。

100 :名無しさん@HOME:04/04/08 11:05
そうだね。
お母様は、多分もう完治はないと思う…
お父様の側にいてもらえばいいと思うよ。双方で必要としてるみたいだから。
設備の整った、なんでもしてくれる所であれば、お父様の健康にも影響無いでしょ。
自分で環境を律せないんだから、環境を作ってくれる所に入所するのはいい方法。
1泊1,000円で、ずっと泊まりこんでもらうのはどうだろう。
財産はやる、ただ本家を綺麗にして欲しい、という気概なら、遺産相続ではねられるかも、
なんて気にせず、そのスキに業者入れて掃除しちゃえばいいしね。

しかし、どうなるか興味あります(スマソ
私の家族も、片付けられない親戚のおかげで大変な経験をしたので。


101 :名無しさん@HOME:04/04/08 11:34
99さんの言うとおり、外部の弁護士さんに相談するのがいいと思う。
現状を説明して、とにかく両親に健康的な生活をさせたいと希望を言う。
弁護士は法律の専門家なんだから、ふさわしい制度を教えてくれると思う。
成年後見制度にしても、該当するかしないか判断してくれるだろうし、
該当しなくても、屁理屈並べてどうにかしてくれるかも(これはこれでやばいか?)

一番よくないのは、家族・親族内で内々に処理することだと思う。
外部の人間の目には、家族には見えなものを発見できたりするし、
外部の人間の意見は、情がからまない分、冷静だったりする。


102 :1 ◆xgSW67.oNQ :04/04/08 23:17
いろいろご意見、ありがとうございます。
進行はとりあえず、一日に一回ageる程度にしておきますね。
板の住人の方にウザがられるかもしれませんので。
ご意見、まとめさせていただきます。

・弁護士など、法律に詳しい外部の人間の意見を取り入れる。
・父が施設に入っている間に片付けてしまう。

おっしゃるとおり、何もかも「勝手に」やってしまうのは
両親の意向もありますし、無理みたいですね。
強行手段は、兄弟の間でもやめようということになりました。
何とかそうできるように母を懇親的に説得するしかなさそうです。

>>100
>私の家族も、片付けられない親戚のおかげで大変な経験をしたので。
もしよろしければ、ぜひ経験談を話してください。
私の参考になりますし、このスレが私一人の日記スレにならなくて済むので・・・。

他にも家族、親族に似たような人物がいたとか、正に自分が片付け
られない人間だと言う方がいらっしゃれば、どんどん書き込んで
やって下さい。

103 :名無しさん@HOME:04/04/08 23:19
もうすでにウザイんですが・・・。


104 :◆0/p8PH.wuo :04/04/08 23:22
∧弱∧          
(,,*゚o゚*)<おりはよるしょっきをあらえないしょうこうぐんだぎゃ
       

105 :名無しさん@HOME:04/04/08 23:34
洗濯物畳みたくない症候群です。

106 :名無しさん@HOME:04/04/10 00:00
うちの母はきれいずき過ぎて家族がノイローゼになりかかっている。
新聞置く場所までテーブルの決まった角にきっちりと決まっていた。
家が腐るくらいでちょうどいいよ。

107 :名無しさん@HOME:04/04/13 15:13
施設入ったの?


108 :SWAN ◆KokeTXak1k :04/04/13 15:16
うちの親も近いうちに家腐らすなー

109 :名無しさん@HOME:04/04/13 23:54
マジレスです。
まさるくんの熱意が本当に必要かも!
1さん、TVのゴミ屋敷(ココリコミラクルだっけ?)番組
みたことありますか?
TVだからやらせもあるかもしれないけど
参考になりそうですよ

110 :名無しさん@HOME:04/04/14 14:04
1の語りが面白かった。詳細で文章もしっかりしてるし。
話として大変読み応えのある内容だった。
それがためにレスが付けづらかったのが惜しまれる。
その後どうなったかは気になるけど、スレとしては完結しちゃったのかなー。。

111 :1 ◆xgSW67.oNQ :04/04/15 00:44
事後報告。
父は11日に施設に入りました。
母は予想通りというか、それから連日宿泊しているようです。

現在は兄弟も両親も気分が落ち着き、話は前に進んでおりません。
しばらくは双方頭を冷やすほうがいいでしょうね。
様子を見て、母と一緒にカウンセラーを訪ねてみます。

>>106
極端なのはどっちにしても困りモノですねー。
ウチの場合は比喩や誇張ではなく、物理的に家が腐っちゃってますよ。

112 :名無しさん@HOME:04/04/15 11:33
ていうか逆にお母さんを施設に入れて、子供家族とお父さん(回復するなら)で暮らす
ということは考えられないのでしょうか。
私にはお母さんの方が「病気」に思えます。
そのような人は、単なる「だらしない」とかではないので、
「今度は真面目にやる」とか「心を入れ替えて」とかは無理でしょう。

113 :名無しさん@HOME:04/05/01 22:24
1よ、どうなった?

50 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)